メンズコスメZIGENとバルクオムを徹底比較!

人気のメンズコスメZIGENとバルクオムを比較しました。

両者ともテレビではほとんど見かけることはありませんが、その品質が評価され「口コミ」で広まったという共通点があります。従って、男性化粧品にありがちなアルコールの清涼感だけでごまかすものとは異なり、しっかりと乾燥・オイリー・肌荒れなどの肌トラブルに働きかけます。

どちらにすべきか悩んでいる方はじっくり読んで参考にしてみて下さい。
「メンズコスメZIGENとバルクオムを徹底比較!」の続きを読む…

メンズコスメZIGENとオキシーの効果・実感力を比較!

通販で圧倒的な人気を誇る「オールインワンフェイスジェルZIGEN」と、誰しも一度は手に取ったことがある男性化粧品の王道「オキシー」について比較してみました。

まず結論から申し上げると、「効果・実感」を求めるのであればZIGENであることに間違いはありません。なぜならオキシーは、それを求めている方を対象とした化粧品ではないためです。多くの男性は、「化粧品なんてどれも同じ。使わないよりは使ったほうがいいんでしょ?」という解釈の元、手にとっている方が多いと思います。しかしそれは大きな間違いです。

逆に、目的もなくZIGENを使えば非常に割高。ZIGENとオキシー、どちらが良い・優れている、というわけではなく、化粧品という「薬」の選び方を正しく理解することを心がけて下さい。

「メンズコスメZIGENとオキシーの効果・実感力を比較!」の続きを読む…

ビタミンCを摂ってもニキビや肌荒れが治らない理由

「抗酸化作用のあるビタミンCを摂ればニキビに効く!」

そんなことを聞いたことがある方は非常に多いと思います。しかし、ビタミンCを摂ればニキビが治るということではなく、総合的に私たちの体内でビタミンが欠乏しているためニキビや肌荒れが起きていると考えた方がいいでしょう。

洋食文化が急速に広まり、野菜を皮付きで食べたり、玄米や果物、顎を使う機会が減少しました。その代替として、脂っこい洋食やお菓子、肉、軟らかいものばかりを摂るようになりました。

単純にビタミンが欠乏していることもそうですが、食物繊維や発酵食品から得られる乳酸菌類なども欠乏しているというデータがあります。便秘に伴うニキビも最近ではよく聞かれます。一つの影響によってニキビが起こるということはなく、その対処法としても総合的な対策を取る必要があるのです。

「ビタミンCを摂ってもニキビや肌荒れが治らない理由」の続きを読む…

香料入り化粧品は肌に悪くシミを作るって本当?無香料とどっちがいい?

ドラッグストアに足を運ぶと様々な化粧品が並んでおり、洗顔料でも「ローズ」「シトラス」「クールミント」「フルーツ」などなど…もちろん「無香料」もあります。

この香料の安全性については、当然、無い方が良いとされています。しかし、今はあってもさほど問題になりません。

昔は香料が原因で肌にシミを作ってしまうようなアレルギー反応を起こす報告もありましたが、昨今の目覚しい化粧品技術の進化によってかなりの低アレルギー化が進んでいます。むしろ「香料の持つスキンケアとしての効果」に注目が集まり、「無香料化粧品こそ正義」とは言えなくなってきています。

しかし、それを悪用している会社もまた増えてきており、香料に対する理解は化粧品を使う全ての人に深めて欲しいと思っています。

「香料入り化粧品は肌に悪くシミを作るって本当?無香料とどっちがいい?」の続きを読む…

男性用美白化粧品ランキング~シミ・くすみ対策に選ぶならこれ

男性用の美白化粧品のランキングを発表する前に、「美白化粧品についての前提」をお話します。

美白化粧品を使ってシミ・くすみが消えることはありません。

これは、ここで紹介するものに限らず、今後発売される化粧品において「全て」と言っても過言ではありません。

シミやくすみに関わらず、たるみ、ほうれい線、シワといったアンチエイジング化粧品の基本的な考えは「予防」です。できあがってしまった症状に対する薬品のような効果を持つものではなく、その発生を遅らせる、できないように予防する、というのが化粧品本来の目的です。

従って、今すぐシミやくすみを消したい場合は、レーザー治療などの美容治療・整形外科手術を受けて下さい。発生初期のシミであれば確かに効果が出るケースもありますが、ここで紹介する化粧品を仮に1000本使い続けても、シミは消えません。消えたとしたらそれは、肌の新陳代謝による色味の減少、あるいは出来上がって間もないもの。少なくとも化粧品による効果ではないので、お急ぎの方は時間・お金の節約になりますので美容外科手術を受けて下さい。

「男性用美白化粧品ランキング~シミ・くすみ対策に選ぶならこれ」の続きを読む…

日焼けサロンは肌に悪いの?シミ・シワへの影響は?

日焼けサロンとは、サンベッドと言われる紫外線ランプによって人工的に肌を焼くための専門店。この日焼けサロンに、「日光浴ではないから」「自然の紫外線は肌に悪いから」という間違った解釈で通っている方が意外と多いのだとか。

結論から言うと、日焼けサロンは通常の紫外線と何も変わりません。

男性でも日焼け止めが当たり前になり、日傘を差すメンズまで登場、UVケアに性別の枠はなくなってきていますが、こうした基本的なところで誤解が生まれて利用しているのは非常にもったいないことです。

「日焼けサロンは肌に悪いの?シミ・シワへの影響は?」の続きを読む…

ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」を使用した口コミ・評価

人気メンズコスメZIGENから日焼け止め「UVクリームジェル」が登場。

いきなり結論になりますが、これまで女性用・男性用問わず様々な化粧品類を試してきてここまで安全性と効果を両立した日焼け止めがあっただろうかと驚きました。

正直のところ、日焼け止めというとSPFやPAの数値だけを見て判断すれば、さほど効果の違いなど無いだろうと思っていたのですが、このZIGEN UVクリームジェルと出会い、その考えが一変しました。

「ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」を使用した口コミ・評価」の続きを読む…

髭脱毛の効果は最短何日・何回目で現れる?

髭脱毛の効果は「毛周期」によって左右され、人によって効果のタイミングが異なります。しかし、言い換えれば照射のタイミングさえ合ってしまえば、たった1回の照射、体験によるパッチテストの照射でも脱毛効果が得られます。

脱毛は、「成長期」と呼ばれる、毛乳頭と繋がった状態の毛に対してしか効果がありません。

「髭脱毛の効果は最短何日・何回目で現れる?」の続きを読む…

【髭脱毛の回数】永久脱毛「完了」まで平均何回通院・照射するの?

髭脱毛はどれくらい回数をこなせば効果あるのか?
「永久脱毛」のためには何回通っても生えてきてしまうのか?
光・レーザー・ニードルと方法によって回数が異なるのか?

こうした疑問を抱いている方は多いと思います。結論から言うと、どの脱毛方法を選んだとしても、回数の変化、効果の程度、永久脱毛の有無、それぞれに違いはありません。違うのはその施術方法とかかるお金。平均的に、脱毛方法の如何に関わらず15~20回の施術・来院で脱毛が完了します。

「【髭脱毛の回数】永久脱毛「完了」まで平均何回通院・照射するの?」の続きを読む…

髭脱毛にかかる値段・料金相場は?

髭脱毛にかかる値段の相場は、その「脱毛方法」によって大きく左右します。髭脱毛には、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛と、3つの脱毛方法があり今の主流です。どの脱毛方法を選ぶかによってかかる金額は大きく変わりますが、その詳細については省略し、本題に入ります。

「髭脱毛にかかる値段・料金相場は?」の続きを読む…