喫煙とビタミンCの関係~タバコとスキンケアの付き合い方

『タバコを吸うとビタミンCが欠乏する』

ということは、喫煙者であれば誰しもが知っていること。これは、タバコに含まれるタールやニコチンを体内で分解するのにビタミンCが使用されるためです。喫煙者と非喫煙者では、その消費量に大きく差が出てしまうため、ビタミンCの不足に伴う肌トラブルやその他の影響が出やすくなるのです。

肌荒れやニキビはもちろん、肌のハリ・弾力を出すコラーゲンもビタミンCが必要なので、たるみやシワのリスクに晒されてしまいます。しかしその対策として「タバコを止めましょう」というのは簡単なので、ここではどうしたらタバコを吸いながら肌を綺麗に保ちビタミンを補給できるか考察していこうと思います。

「喫煙とビタミンCの関係~タバコとスキンケアの付き合い方」の続きを読む…

ふかしタバコなら肌荒れしないって本当?ふかすだけなら害はない?

ふかしタバコは肺に煙を入れず、口の中で煙をたしなむものですが、これでも肌荒れやニキビなど肌への影響は伴うのでしょうか。

結論から言うと、肌への害は伴いますが肌荒れやニキビの決定打になるものではありません。

「タバコが肌に悪い」と言われている理由は、肺に含んだニコチンやタールなど不純物の分解にビタミンCが利用されているためです。ただ、肺に含まない「ふかし(肺喫煙)」であれば、ビタミンCも過剰に消費されることなく、純粋にタバコの香りを楽しむことができます。

なおここでは、ふかしタバコによる体(主に肌)への影響を解説しますが、スキンケアにおいてタバコを正当化することを目的としたものではありません。

「ふかしタバコなら肌荒れしないって本当?ふかすだけなら害はない?」の続きを読む…

夏でも男性の肌がカサカサに乾燥してしまう7つの原因

乾燥肌が秋から冬にかけた季節的なものだと思っている方は多いのではないでしょうか。

季節的な影響ももちろん受けますが、乾燥肌の原因の7割以上は「化粧品」による外的なものとされています。これはつまり、正しいスキンケアができていない・自分にあった化粧品を選べていない、ということです。女性に関するデータですが、スキンケアに関して男性の中でも注目が集まっており、また基本的なケアは男性も女性も同じなので一から正していく必要があります。

もちろん夏特有の原因によって乾燥してしまうケースもありますのでその点も踏まえて解説します。

「夏でも男性の肌がカサカサに乾燥してしまう7つの原因」の続きを読む…

もうカサカサに悩まない!男性の乾燥肌の原因は「角質層のセラミド不足」

ここでは男性の乾燥肌に対する対策改善マニュアルをまとめています。「このページさえ見れば」という対策の知恵を集約しています。

特に、乾燥・粉吹き・カサカサで悩む全ての男性にこの記事を見ていただき、一人でも多くの方が悩みを解決できたらと思います。

「もうカサカサに悩まない!男性の乾燥肌の原因は「角質層のセラミド不足」」の続きを読む…

【男性用】セルフで行う顔剃りの方法や頻度

床屋さんで顔の産毛を剃ってもらった後は顔がスッキリしますよね。そのため日常でも一枚刃のカミソリを購入し顔剃りをしている方も多いのではないでしょうか。

しかし顔剃りは正しい方法・頻度でやらないとかえって肌荒れや断面の青髭に繋がる可能性もあります。気持ちが良い・スッキリする、そういった理由で毎日セルフで顔剃りすると、雑菌が皮膚に混入しやすく、乾燥肌になりやすくなります。

「【男性用】セルフで行う顔剃りの方法や頻度」の続きを読む…

男性化粧品マンリー美容液を試してみた口コミ・評価

医師開発のメンズコスメ「MANLYマンリー)」を購入しました。天然のモズク、酒粕(日本酒)を配合した、オーガニックテイストのオールインワン美容液です。モズク成分フコイダンは、シャンプーやサプリメント、女性向けの化粧品に幅広く配合されています。しかし男性向けの化粧品に配合されたものはあまり数がありません。

まず使ってみた印象や、成分の解析を行った結果から評価の結論を言うと「軽度の乾燥肌・脂性肌の方は使う価値あり」。医師が化粧品を作るということに少し疑問を感じたりもしますが・・・よく考えられて作られている印象は受けました。

「男性化粧品マンリー美容液を試してみた口コミ・評価」の続きを読む…

間違ったスキンケア~安い化粧品をたくさんつける

林先生が驚く初耳学」2017年4月2日の放送で、ミス・ユニバースの方のスキンケア方法が紹介されていました。まず結論から言うと、そのスキンケアは間違いです。どういったスキンケア方法かというと、安い化粧品を1回あたり20ml近く使用し、顔面をひたひたにする方法

そのミス・ユニバースの方曰く「日本の化粧品は品質が高いので、安い化粧品でも十分な保湿成分が含まれている」従って、高い化粧品をチマチマ使うのではなく、安い化粧品を一度に大量に使うのだとお話していました。

これには医師や専門家、化粧品開発の方も黙っておりません。もちろん私も…^^;

だってそもそも化粧品というのは肌に悪いものなんですから。化粧品は薬機法の制限を受ける「薬」です。この原理から言うと、「安い薬でも十分に効果があるので、それを”量”でカバーしましょう」ということになります。また化粧品は安ければ安いほど、その調合に際して毒性成分・合成成分を多く含まなければいけない都合があります。

化粧品というのは出来る限り「使わない」というのが肌にとって良いスキンケア。薬漬けの方と、薬に頼らず生きている方、どちらの方が健康的に見えるかというと、それは明らかに後者ですよね。正直、スキンケアについてこんな基本的なことについて、林先生がうんうんと頷きながらご覧になっていたのを見て悲しくなりました。

「間違ったスキンケア~安い化粧品をたくさんつける」の続きを読む…

クリニークフォーメン化粧水・乳液の口コミ・評価

クリニークから発売されている男性化粧品を購入しました。「クリニーク」はアメリカ・エスティーローダー傘下の化粧品ブランドなので日本製ではありません。なので、アラミスラボや外国製特有の香りを感じます。日本製の化粧品にはあまり含まれない成分や、色素類なども含まれています。

口コミでは評価が高いみたいですが、その実態を実際に使用して確かめてみようと思います。

「クリニークフォーメン化粧水・乳液の口コミ・評価」の続きを読む…

ルシード薬用フェイスケアスキンクリームの評価・口コミを検証

ルシードから発売されている薬用クリーム。結論から言うと、男性にとってこのクリームを使用するのは「過剰なスキンケア」になります。

女性用のそれとは違い、サラッとして使いやすいクリームではあるものの「スキンケアとしてどうなのか?」を考えると疑問が残ります。確かにAmazonの口コミを見ていると、乾燥が気になる方にとっては強い味方になっているようですが、それが「肌に悪い」としたら、スキンケアではなく「お化粧」になってしまいます。

ここではルシード薬用クリームの実態と、口コミの検証などを行っていきます。
「ルシード薬用フェイスケアスキンクリームの評価・口コミを検証」の続きを読む…