「男性のスキンケア事情」について200人にアンケートを実施しました

「男性のスキンケア」をテーマにした内容で、当サイトは男性200人に対しインーネット上でアンケートを実施しました(2017年11月11日~11月14日)。質問の内容とアンケートモニターの属性は以下になります。

【質問事項】

  1. あなたは普段スキンケアをしていますか?
  2. 質問1で答えた理由を教えてください。
    ※スキンケアをしている理由又はスキンケアをしない理由
  3. 肌の悩みで最も気になる・悩まされていることは何ですか?
  4. 「男性化粧品」に関するイメージを教えてください。

【アンケートモニターの属性】

サンプル:男性200人

10代 20代 30代 40代 50代 60代以上
5 52 65 50 20 8

質問①あなたは普段スキンケアをしていますか?

一つ目の質問「あなたは普段スキンケアをしていますか?」という質問に対し、94名の男性が「スキンケアをしている」、106名の男性が「スキンケアをしていない」と答えました。具体的なスキンケア方法はこの段階で問わず、各人が思う「スキンケア」の認識について質問をしました。

つまり「化粧品の使用=スキンケア」ということではないことをご理解ください。また「スキンケアをしないことがスキンケア」だと思っている方もおられましたので、比較的自由な解答となっています。

なお年代別で見ると次のようになりました。

20代ではスキンケアをしている方が多数、30代は拮抗、40代はスキンケアをしてない人が多数、かと思えば50代・60代ではまた拮抗。つまり、あまり偏りがなく「スキンケア=女性がするもの」という認識を持っている方はかなり少なくなったのではないかと思います。

どちらかというと30代・40代以上の年齢層に向けた男性化粧品も多く市販され、男性のスキンケアに関する意識はかなり高まったと見てよいと思います。

質問②スキンケアをしている理由又はスキンケアをしない理由

最初に「スキンケアをしている」と答えた94名の男性の声、その次に「スキンケアをしていない」と答えた106名の男性の声を見てみます。

各年代から気になったものをピックアップしてみました。年代によって全くスキンケアをする理由・しない理由が異なるため非常に面白いです。

スキンケアをしていると答えた理由

「スキンケアをしている」と答えた方には、具体的に使用している化粧品の名前を挙げて頂きました。

【10代:4名】

  • ビオレの化粧水。子供の頃から乾燥肌のため毎日欠かさず化粧水と保湿クリームを使うようにしている。スキンケアをすることが普通だと思っているし、家族がみんな使っているから。
  • ギャッビー。汗をかいたときや部活終わりによく使っていた。周囲の目が気になったので何か使ってみようと思い、有名なこの化粧品を購入した。

【20代:32名】

  • ギャツビーの化粧水、乳液を使用しています。高校のころからスキンケアをしていました。肌が弱いのでお風呂上りはすぐにやるようにしています。
  • 小林製薬のオードムーゲ。中学生のときからニキビにずっと悩んでいたのでスキンケアは続けています。
  • 豆乳イソフラボンの化粧水と乳液。第一印象がとても大事だと感じているので肌を常に綺麗な状態に保っていたいから。
  • ビオレ。彼女に「洗顔後にスキンケアしてないから肌が汚いんだ」と教えてもらい化粧水を使うようになった。
  • uno。高校生の頃からunoの洗顔料とワックスを使っていたのでその流れで化粧水もuno。値段も安く、新商品が出たらすぐ購入して試している。
  • ハトムギ化粧水とキュレル。乾燥肌とアトピー持ちで、敏感肌用の保湿用品が欠かせない。風呂上がりすぐに保湿をすることを心がけている。
  • ZIGENオールインワンジェル。洗顔後肌が突っ張るような感覚が苦手で、保湿成分がなるべく多いもので有名なものを選んだ。
  • ギャツビー。学生時代からずっと使っていて、脂性肌の私には欠かせないスキンケア商品です。使った後の爽快感も良いのでずっと愛用しています。
  • ハトムギ化粧水。結婚式前に肌の手入れをしはじめたのがきっかけ。
  • 肌ラボの化粧水。就職活動を機にスキンケアをスタートしました。

【30代:30名】

  • 肌ラボの極潤。何をすれば良いかわからなかったが、「オールインワン化粧品」というのが目に入り使い始めた。
  • NIVEA。ヒゲ脱毛をしているため、乾燥に注意しています。もともと乾燥肌であり、洗顔をしたあとは必ず保湿をするようにしている。
  • ルシード。加齢とともに、みずみずしさがなくなってきていて、なんのケアもしないでいるとたちまちオッサンになってしまうという危機感からはじめました。
  • ルシード。髭が濃いのでそのアフターケアとして利用できるものを探していました。何もしないとカサカサになってしまうため。
  • ニベア。肌荒れが気になりシミも増えてきたので、何か手入れをしなければと思いはじめました。ドラッグストアに行って、何となくこれいいな、大人な感じだなと思い選びました。
  • キュレル泡洗顔料とキュレル化粧液1を使用しています。10代の頃から乾燥肌でニキビができやすい肌質なので、刺激が強い男性用のものは使っていません。20年間女性用化粧品を使っています。
  • キュレル化粧水。乾燥肌なので化粧水だけつけている。商品にこだわりはなく、妻が使用しているものを自分も一緒に使わせてもらっている。

【40代:15名】

  • 去年ぐらいからunoクリームパーフェクションを使用してます。基本化粧品は香りが強いのが苦手なのですがunoは微香性なのでとても気に入っています。
  • UNOの保湿クリームを使っています。加齢に伴って肌の潤いが無くなって来たため、乾燥を予防するためにお風呂上りにクリームを塗る事にしています。
  • 特にブランドは決まっていないが、奥さんの化粧水を使うことが多い。スキンケアは保湿を特に考えている。
  • アクアモイス、目尻のシワや目の下の弛みが気になってきたので通販人気ナンバーワンと言う触れ込みで購入した。
  • 母の滴。40歳を過ぎてからシミが気になり始め、ネットで色々調べてこの商品を選択した。
  • ルシード 、ウル・オス。30代になってから特に肌荒れが酷くなり、鏡を見ると顔が汚く見た目が悪いと思い妻に相談したところ、こちらの2品を買ってきてくれました。

【50代:8名】

  • 50になって肌の乾燥が顕著になってきました。化粧水はマンダムギャッツビーQ10化粧水を使っています。使用感は良いですが、肌の荒れがひどい時や剃刀負けがある時は、ベビーワセリンや馬油を部分的に併用しています。
  • 若い頃からずっと資生堂ブラバスを使っています。ブラバスを愛用している理由は手軽に保湿ケアができて、芳香が気に入っているからです。

【60代以上:4名】

  • へちま化粧水。若いころは気にしなかったのですが、乾燥しやすくなりかゆみが出たりするようになりなるべく自然素材のものでケアをしようと思い利用しています。
  • オードムーゲ。髭剃り後手に、適量をつけて顔に塗るだけです。気持ちが良くなります。
  • アウスレーゼ。生来「香り」に敏感な為、化粧品を使うことに、抵抗がありました。しかし最近、顔の肌荒れやシワを意識するようになり、スキンケアをしたくなりました。

スキンケアをしていないと答えた理由

【10代:1名】

  • お金がない。化粧品を使いスキンケアする時間がもったいない。面倒くさい。

【20代:20名】

  • 試しに20歳を過ぎてからスキンケアを始めましたが、かえって肌荒れが酷くなったため止めてしまいました。
  • スキンケアをしようとは思っているが、朝はどうしても時間が取れないから。
  • 化粧品を使うという行為事態が面倒であるから。
  • スキンケアをした方が肌に良いとは思いながらも、スキンケアをするのが「めんどくさい」「お金がもったいない」という気持ちが強いから。

【30代:35名】

  • 妻が使ってるものを乾燥したときに使うくらいで、夏場や汗ばむ季節は使ったことがない。
  • 男性でも30代を過ぎると肌の劣化が著しいと聞くので「そろそろ何かしたほうがいいよな…」とは思っていますが習慣付けてこなかったせいか、何だか億劫だという気持ちと「今更感」で美容商品に手が出ません。
  • ドラックストアでたまに見てみるが購入することに抵抗がある(恥ずかしい)ため購入できない。
  • 肌をいじりすぎると逆に肌に良くないと聞くので何もしていません。
  • 仕事をしていれば、スキンケアに割く時間と費用が無駄に思えてしまいます。
  • 男性は素のまま、何もつけたりしない方がいいという考えなので、スキンケアを考えたことはありません。
  • 会社の同僚と話していてもスキンケアやお互いの肌のことが話題にあがったことなど一度もないので気にもならない。
  • 化粧品にお金かけるよりいい食べ物に金かけたいと思う。

【40代:35名】

  • 20代から30代くらいまでは、家族で遊びに出掛けたり買い物に行ったり外に行く機会もあって少しは気にしていたのですが40代になりそういう機会も減り気にしなくなりました。
  • そもそも男性向けの化粧品がどこに売っているのかも分からないし買うのが恥ずかしいので使っていません。
  • 若い頃はスキンケアはしていました。しかし、結婚して、子どももでき、さらに仕事も忙しくなってくると、スキンケアに時間をかける時間というか、意識がなくなってしまいました。
  • 経済的にスキンケアにお金を回せる余裕が無いから。妻に化粧品を買ったことがバレると必ず怒られると思うから。

【50代:11名】

  • 年齢とともにスキンケアに対して無頓着になってしまっため。
  • スキンケアの必要性は感じているが、どのように対処すればよいかわからない。
  • ドラックストアでいろいろな商品を見かけるが、店員に相談するのが恥ずかしい。

【60代:4名】

  • 今までは男性のスキンケアについての情報がなく仕事も多忙を極めていたのでスキンケアする機会もなく今に至った。ただ時間ができたのでこれからスキンケアをしたいと考えるようになった。
  • 今更スキンケアをする年代ではない。誰も私の顔を見ていない。

質問③肌の悩みで最も気になる・悩まされていることは何ですか?

募集時期が2017年11月11日~11月14日ということも影響していると思いますが、「乾燥肌」について悩んでいる・気になっている方がずば抜けて多い結果になりました。ある調査では、「女性の3/4は乾燥肌である」ということも言われています。これは男性についても当てはまるのかもしれません。

また、「肌が乾燥すること」自体は肌トラブルではなく、あくまで普通肌としての症状です。従って、季節の変化に過敏になっている方や、自分が乾燥肌だと過誤しているケースも考えられます。女性の中には「乾燥肌である」「敏感肌である」ということを、か弱さをアピールするためにブランド化して使っている方もいます。

「乾燥肌」という明確な概念は確かにありませんし、肌が乾燥すればそれなりのケアは必要です。しかしこの明らかなデータの差を見ると、乾燥肌としての枠をかなり広めて理解してしまっている男性も多いのではと推測します。

参考:男性の乾燥肌マニュアル~化粧品選びとスキンケアの基本

質問④「男性化粧品」に関するイメージを教えてください。

こちらも年代ごとに気になったものを紹介していきます。年代が上がるにつれて男性化粧品に対して理解が変化していく様子が分かります。

【10代】

  • 男性が化粧品を使うのは男性からしたら「気持ちが悪い」と思われるかもしれないが、女性からは好印象であるため使っている。今の時代むしろ男性こそがスキンケアなどをするべきだと思っている。

【20代】

  • 男性は毎日やるのが面倒だったりで、使っている人は少ないのかなと思います。またほとんどの男性は女性用の化粧品を買っているイメージです。
  • 男性化粧品は女性化粧品に比べて香りやアルコールの効果が強いイメージです。そのため、肌が弱い男性は男性用を使用しない印象を持っています。
  • 男性向けの化粧品は肌が弱い人には適さないイメージがある。しかし女性用は肌が弱い人に適しているイメージがある。
  • 女性みたいに「きれいになりたい」「美しくなりたい」のと同じで、男性も「かっこよくなりたい」「モテたい」という感情をもっと表に出せるような世の中になり、男性化粧品を使うことが普通になってほしい。
  • 男性用の化粧品は個人のメンテナンス、それと同時に一つのエチケットだと思います。
  • 女性化粧品と違って、スースーするミントの香りがする様なイメージ。なぜスースーさせたがるのかいつも疑問。
  • 女性用化粧品と比べて種類が少ないイメージがあります。また香料も強いイメージがあり、無香料の男性化粧品が欲しいです。
  • 美意識の高い人、身だしなみに気を配るタイプの人が使っているイメージがある。キレイな自分を手に入れる努力はすごいけど自分には真似出来ない。
  • 正直男性化粧品は何を買えばいいかわかりません。薬局に陳列されているものはメジャーどころばかり。オキシーやギャツビーなどを30代以上のおじさんが使用していればかなり恥ずかしいですし、結局買えません。
  • 以前は化粧品というワードがどうしても受け付けず、女性のものだという印象が強かったのですが、自分が使い始めてからは自分磨きに必要なものとして前向きに捉えています。
  • とにかく化粧品メーカーが売り上げを拡大するために今まで化粧品を使っていなかった男性にターゲットを絞って裾野を広げるためにやっている商業的政策のイメージ。

【30代】

  • 昔は所謂「オカマ」「オネエ」の方々が使うものだと思っていましたが、今になっては男性が化粧品を使っていても何も抵抗はありません。しかし、意識が高い人が使うのだろうなとは思います。
  • スキンケアのテレビCMや、ジェンダー関係の話題を頻繁に見かけるようになりました。女装男子の存在も市民権とまではいきませんが確実に理解されるものとなっています。私が使うか否かは別として男性化粧品に対する抵抗は今や全くありません。
  • 最近は男性化粧品が増えてきて自分も関心を持つようになりました。昔と違って現代では男性も美に関する意識が高いので商品が並んでいるとつい見てしまいます。いつまでも若々しくいたいので男性化粧品のイメージが向上したくさん商品が出て欲しいです。
  • 昔に比べて抵抗感はなくなってきました。昔なら、今で言うイケメンが格好付けて使うイメージでしたが、最近はやっていて当たり前のような雰囲気です。
  • 昔は化粧品=女性が使うものというイメージでしたが、さすがにそういうイメージはなくなり、自分も化粧水くらいは使おうと思うようになりました。
  • 男性化粧品というと、なぜだか分かりませんが「サッパリ」「クール」というイメージもあります。これを化粧品・スキンケアとしての道具と言えるのか疑問に感じています。
  • 男性が使う化粧品というとアフターシェービングローションくらいかと思っていましたが、ドラッグストアには色々な種類があり、気を使わなければいけないなと思います。

【40代】

  • ナヨナヨしたゆとり世代が使うもの。地位が低い。安モノが多い。女性用でいいんじゃないのか。化粧品という呼称が抵抗感を生んでる。おじさんにはやや抵抗あり。
  • 現在は男性用スキンケア商品も出回っており、昔よりは世間に浸透しているイメージがあります。メディアや雑誌でも取り上げられておりこれから利用する男性は増えてくると思います。
  • 営業の仕事の人など、人と会う機会が多い職業の男性はスキンケアを中心とした化粧品を使い、見た目も重視したほうが清潔感があり好感が持てると思うので男性化粧品が必要だと思います。
  • 女性は意外と男性の肌をよく見ているので(自分も常に嫁にチェックされてます)若い頃からのケアは大事なことだと思います。昔は男性が肌を気にすることなどありませんでしたが、今は様々なメーカーからいい化粧品がたくさん出ており単純に羨ましい。
  • 男性も年齢を重ねる毎に肌の乾燥や衰えが進みますので、若い内からのスキンケアはしておくべきだと感じます。また夏場の日焼け対策などもとても大切だと感じています。
  • さっぱり感や、クール感を打ち出しすぎで刺激があるものが多い。本当に考えられている商品が少ない。男性=脂性みたいな単純なイメージでさっぱり感をだしたりしている。
  • チャラい人が使うイメージで今まで無頓着できましたが、40を越えシワやシミによる顔の老化が気になってきたのでもっと早くからスキンケアをしておけば良かったと思いました。

【50代】

  • パッケージがおしゃれになってきたのでおじさんでも手に取りやすくなった。
  • 整髪料や香水は使ってきましたが、肌の手入れとしての化粧品となると抵抗があります。
  • どのお店でも数量が少ない。商品情報が少ない。種類が少ない。年齢別対応の情報が少ない。シェービング後のケア商品の情報が少ない。
  • 若い人が使うようなイメージが強いです。私が使っている男性化粧品といえば、ヘアワックスと脂取り紙、ヘアトニックくらいでしょうか。
  • 男性化粧品は香りがいいイメージがあります。男性は年を取ると加齢臭などの体臭が気になりますので、エチケットとして男性化粧品は必需品だと思います。
  • 女性用に比べて、べたつかないものが多いように感じる。むかしに比べて、買いやすいようになってきているし種類もかなり豊富になってきた。

【60代】

  • 男性化粧品というと、ヘアワックスとか髭剃り後の化粧水などの実用的な物を思い浮かべます。パックなどもこれから利用する人が増えるように思います。
  • TVのCMを見て勉強しているが男性化粧品の放映もどんどん増やして欲しいと思う。良いものは年を取っても使いたいと考えている。
  • 最近は男性用化粧品も各社いろいろな化粧品を販売する方向になっていますので、今後新たなものが発売されれば使用の検討してみたい
  • 昔は化粧品を使うのは女子だと思っていましたしその思いは今も変わりません。しかしそのイメージうんぬんは置いておいて、自分の肌が乾燥やシワが強くなり、手入れの重要性、そして後悔を感じています。

「男性のスキンケア事情」に関するアンケートまとめ

今回のアンケートを通じ、男性のスキンケアが浸透している実態と、男性がスキンケアをすることに対して「スキンケアをしていない人」も受け入れている印象を強く受けました。

また「スキンケアをしていない」「スキンケアをしてこなかった」という方も、潜在的には「スキンケアをしてみたい」「スキンケアをしておけばよかった」と後悔や羨望を抱く声が多かったように思います。

私の印象では特に40代以上、特に50代~60代の方々が男性のスキンケアに対して前向きな意見、「自分も今から始めたい」「スキンケアをするべき」と書かれていることに驚きました。

同時に、「化粧品を使う」ということだけを「スキンケア」だと過誤している方や、その知識が少なすぎる印象も受けました。今後間違いなく男性のスキンケアや、男性化粧品は広まっていく、自然になっていくとは思いますが、それが故に肌トラブルが増えてしまったり、間違った認識で悪い広まり方がしてしまうと非常に残念です。そうなってしまうと、それこそ「スキンケアをしない」方が肌には良いですから、使うのであれば正しい知識・リテラシーを高めてスキンケアに取り組むようにして下さい。

【男性向け】スキンケア知識が増大する記事

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。