男性に日焼け止めは必要?紫外線が肌に与える「良い」影響

日傘男子」というワードが話題になったり、男性も美白やスキンケアに気を使う時代になってきました。しかし、過剰な紫外線対策は健康を害する恐れがあるということをご存知でしょうか。健康を損なうということは肌にも影響を及ぼします。

確かに紫外線を浴びると日焼けによってメラニンが生成され、シミやシワ、肌内部へのダメージの蓄積となりますが、肌の働きを助け免疫力をあげる効果もあるのです。

日焼け止めを男性も使うべきか否かという議論は毎シーズン繰り返されますが、結論としては「使うべき」です。しかし、利用するのであればなぜ利用すべきなのか、利用することによって起こる弊害や、紫外線の持つ効果についても学ぶべきでしょう。

今回はそうした紫外線が肌に与える「良い影響」に注目してまとめていこうと思います。

「男性に日焼け止めは必要?紫外線が肌に与える「良い」影響」の続きを読む…

日焼けサロンは肌に悪いの?シミ・シワへの影響は?

日焼けサロンとは、サンベッドと言われる紫外線ランプによって人工的に肌を焼くための専門店。この日焼けサロンに、「日光浴ではないから」「自然の紫外線は肌に悪いから」という間違った解釈で通っている方が意外と多いのだとか。

結論から言うと、日焼けサロンは通常の紫外線と何も変わりません。

男性でも日焼け止めが当たり前になり、日傘を差すメンズまで登場、UVケアに性別の枠はなくなってきていますが、こうした基本的なところで誤解が生まれて利用しているのは非常にもったいないことです。

「日焼けサロンは肌に悪いの?シミ・シワへの影響は?」の続きを読む…

ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」を使用した口コミ・評価

人気メンズコスメZIGENから日焼け止め「UVクリームジェル」が登場。

いきなり結論になりますが、これまで女性用・男性用問わず様々な化粧品類を試してきてここまで安全性と効果を両立した日焼け止めがあっただろうかと驚きました。

正直のところ、日焼け止めというとSPFやPAの数値だけを見て判断すれば、さほど効果の違いなど無いだろうと思っていたのですが、このZIGEN UVクリームジェルと出会い、その考えが一変しました。

「ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」を使用した口コミ・評価」の続きを読む…

男性もクレンジングは必要?日焼け止め使用時には?

「クレンジング」とは簡単に言うと「洗顔」です。

あまり男性には馴染みのない言葉ですが、普段の洗顔もクレンジングの一種です。その中でも水性汚れ(皮脂・汗など)を落とすことに特化しているのが普段の「洗顔料」。

お化粧など、油性のメイクアップ料を落とすことに特化しているのが「クレンジング」です。ですからクレンジングは洗顔料の一種で、何か特別なものではないということを押さえておきましょう。

一般的に、男性はお化粧をしない(化粧水や乳液とは違います)ためクレンジングは必要ありません。

しかし紫外線の気になる夏場には、日焼け止めの種類によっては男性もクレンジングが必要になることがあります。具体的には、夏場ゴルフやリゾート地へ行く方は、薬品濃度が強い日焼け止めを使うでしょうから、ここにまとめているクレンジングの方法・基本を覚えておきましょう。 「男性もクレンジングは必要?日焼け止め使用時には?」の続きを読む…

男性用の日焼け止め/UVケア化粧品の選び方・紫外線対策の基本

いきなりですが、

太陽を浴びている人と、浴びていない人、どちらが健康だと思いますか?

答えは明らかですが、前者です。太陽に当たることは健康上必要なことです。スキンケアに熱心な方ほどこの理解がいつの間にか薄れていってしまうため、絶対に忘れないようにしてください。

日焼け止めにも男性用が存在します。女性用との違いとしては、皮脂分泌コントロール成分が含まれていたり、白浮きを防止する色付きのものがあったり、香りを男性用に調整したものがあります。

男性と女性とでは乾燥の程度、皮脂の分泌量、日常メイクの有無など、肌質や生活スタイルがそもそも異なるので、わざわざ女性用を選んで使う必要はありませんが、使用感が合う場合はそちらでも何ら問題ありません。特徴は挙げさせていただいたものの、品質自体は大きく異なるわけではありません。

ここでお話したいことは、どんな日焼け止めが良いか、ということよりも、日焼けに対する正しい理解を付けることが最も「紫外線対策」になるということです。

「男性用の日焼け止め/UVケア化粧品の選び方・紫外線対策の基本」の続きを読む…

時間が経った日焼け止めは塗り直した方がいい?洗顔は必要?

汗や皮脂汚れで日焼け止めが流れてしまう場合、時間が経過し効果が薄れてしまった場合など、また皮膚科医の推奨としても、外出時は3時間に1回は塗り直すようにと言われております。

ではその塗り直しの際は、そのままべた塗りで上から塗布しても問題無いのでしょうか?
肌にダメージとなることはないのでしょうか?

外出時でも軽く水で流してからの方がいいのか?その方法をまとめました。

「時間が経った日焼け止めは塗り直した方がいい?洗顔は必要?」の続きを読む…

夏の紫外線によるニキビの色素沈着に注意!消えないシミになるかも

厳しい夏の暑さから肌にかかる負担は非常に大きいものがあります。汗・皮脂・紫外線によって、特に肌トラブルが増加するシーズンです。その中で特に注意したいのがニキビ

ニキビは毛穴の硬化によって詰まり、その中で常在菌のアクネ菌が繁殖して膨らむことで発症します。その炎症部に紫外線が照射されると細胞が破壊され、その部分が色素沈着を起こしてしまいます。

紫外線は「科学線」とも呼ばれ、強烈な酸化作用を引き起こし炎症自体も悪化させる強烈な外的刺激です。紫外線対策はもとより、予防として保湿酸化防止抗炎症作用のある化粧品でスキンケアに徹することが大切です。

「夏の紫外線によるニキビの色素沈着に注意!消えないシミになるかも」の続きを読む…

海水浴に行ったら自分だけうまく焼けず肌が真っ赤になりました

綺麗に肌を焼きたい!

そう思っている人の多くは色白の方。私コスメボーイもその一人です。しかし、色が白い人は、メラニンを上手に作ることができないため、いわゆる「小麦色」にうまく焼くことができません。これは科学的にもしょうがないことのようです。

海水浴に行って、周りの友達と同じサンオイルを塗っても自分だけ肌が真っ赤にヤケドのように焼けてしまったりするのも、決まって色白の方です。

またストレスを人よりも多く抱えている方は免疫力が落ちているため、紫外線による影響を強く受けてしまうという報告もあります。色白ではないという方は生活環境について疑ってみるといいでしょう。

「海水浴に行ったら自分だけうまく焼けず肌が真っ赤になりました」の続きを読む…

日焼け止め・UVカット機能付きリップクリーム

乾燥肌ではない人も、唇だけは年中乾燥してしまいリップクリームが離せないという方も多いのではないでしょうか。ある調査によると、男性のリップクリームの保持率は50%以上だと言います。スキンケアに疎い男性であっても唇事情については話が別のようです。

その中でも、特に夏になると紫外線の影響を受けリップクリームを熱心に塗っているのに唇の乾燥が収まらないという場合がでてきます。

唇は皮膚組織上、皮膚と粘膜の中間のような構造をしています。紫外線は皮膚組織を破壊する力を持っているため、いくらリップクリーム(油)を塗っても唇の乾燥を守ることができないのです。

「日焼け止め・UVカット機能付きリップクリーム」の続きを読む…