【ニベアメン】エクストラモイスチャーバームの評価・口コミ

男性用化粧品ブランド「ニベアメン/NIVEA MEN」から発売されているエクストラモイスチャーバーム(高保湿乳液)についてレビューしていきます。

ニベアが推奨している肌質は、乾燥・肌荒れが「とても」気になる方だと言います。カミレツ花エキス・甘草エキスといったうるおい成分を多く配合しています。

エクストラモイスチャーバーム

エクストラモイスチャーバームの効果

エクストラモイスチャーバームによって期待できる効果として記載されているのは

乾燥予防
肌荒れ予防

以上の二つとなっていて、他のニベアメンシリーズよりも成分が凝縮され、乾燥・肌荒れを「とても」気にしている方を対象としています。その真偽を検証していきましょう。

乾燥対策への効果

肌の乾燥とは、肌表面の保湿膜の損傷によって、皮膚がめくれ上がってしまっている状態を言います。従って、乾燥対策として一般的に推奨されている成分はセラミドアミノ酸といった保湿膜を形成している保湿成分です。

しかし、エクストラモイスチャーバームにはそういった保湿成分の配合はありません。唯一配合されている保湿成分はグリセリンという、非常に効果が小さい成分。

保湿効果・うるおい補給となる成分にカミツレ花エキス・甘草エキスなどを配合していますが、乾燥対策として大きく期待できるものではありません。

ただ、実際に手に取って肌に塗布した感覚から言うと、そこまで悪い印象はありません。

エクストラモイスチャーバーム

ただ、この緑色はあまり・・・(笑)

保湿成分がそんなに配合されていないのに、実感力が強いのは、合成ポリマーなど皮膚形成剤が多く配合されているからでしょう。毒性も高く、肌に与える影響も強いため、基礎化粧品として毎日使っていくものとしては推奨できませんが、どうしても肌を乾燥させたくない、粉吹きを見られたくない、という場合は良いかもしれません。

ただ何度も言うようですが、普段使いとして推奨できる化粧品という感じはありません。

不必要な着色料

エクストラモイスチャーバーム最大の特徴とも言えるローションの色ですが、それを実現するために「着色料 青1」が配合されています。甘草エキスのイメージを出したいために配合されているのでしょうか。色素自体に美容効果はありませんので不必要な成分といえます。また単純に毒性を伴う成分で、最近の化粧品にはほとんど配合されることはありません。

見た目を意識するのであれば、もっと安全性を意識した配合にしてほしいと感じます。

肌荒れへの効果

「肌荒れを予防する」「肌荒れが気になる方に」

という記載がありますが、正確には「肌荒れを隠したい方に」という印象です。エクストラモイスチャーバームを塗布して肌荒れが改善されたり、治ったり、そうした医薬品のような効果はありません。

そもそも、乳液の目的自体が「油分補給」ですので、オイリーが原因で肌荒れを起こしている方にとって乳液は危険な基礎化粧品となります。どういった理由で「肌荒れ予防」と言っているのか分かりませんが、誤解してしまう方が多くいらっしゃると感じたのでその点は注意してください。

持ち運びに意外と便利

他のニベアと違って、容器がプラスチックで軽い(他のはビン詰なので持ち運びは危険)。持ち運ぶときにもしフタが外れていてもバッグの中でこぼれる可能性は低いようい思いました。色素の配合・毒性成分の配合など、肌へのリスクは大きいが、実感力が高く、いざと言うときに役立つ。肌荒れには効かないので注意。

男性化粧品・メンズコスメおすすめ一覧