デブ・肥満体型の人がかく汗は肌荒れやニキビを起こす

汗は大きく分けると、「良い汗」「悪い汗」と大きく2種類に大別されます。

良い汗は、99%が水分で微量の塩分を含んでいるため、かけばかくほど肌が弱酸性に保たれ清潔になり、常在菌を正常に機能させることができます。良い汗には人間が好む天然の香料成分も含まれているため体臭を予防するためにも働きます。

対して悪い汗は血液中のミネラルや他の栄養素も含んだ非常に粘性を持った汗なので、常在菌にとっての餌・繁殖源になりやすく、肌荒れやニキビを引き起こしやすくなります。また肌の上でもベタつき、乾燥しにくいため、非常に不潔な印象を持たれます。

そして肥満体型の方がかく汗こそこの「悪い汗」だと相場は決まっているのです。汗の改善を図らない限り肌はどんどん悪化していき、また痩せることもできません。食事制限やデオドラント剤などでは太刀打ちできない内側のケアになりますので、是非覚えておきたいポイントになります。

 肌荒れ改善に効果的なメンズコスメランキングを発表

悪い汗をいくらかいてもかいても痩せられない

肥満体型の方はそもそも汗をかきやすいと言われています。厚い脂肪の鎧をまとっており、これが体内で断熱材のような働きをしているためです。上昇した体温を外に逃がすことができないため、ちょっとした運動でも体の内部が熱くなってしまい、これを冷やそうと大量の汗が出てきてしまうのです。

さらに、運動時における酸素摂取能力が低く、人より多くの酸素を必要とします。体内でも乳酸が溜まりやすく、これが汗に乗ってミネラルと一緒に分泌されます。人間は脂肪を燃やす時にミネラルを必要とし、このように汗にミネラルが含まれて外に排出されてしまうと、汗の「かき損」になってしまい、かいてもかいても痩せられず、自分が脂肪燃焼に使うはずだったミネラルなどの栄養素は肌の常在菌の餌になってしまうので、まさに悪循環なのです。

この現状を打破するためには

方法としては3つあります。

①有酸素運動に徹したダイエットを実践すること

ダイエットの基本は有酸素運動です。「ダイエットサプリを飲むだけ」「食事制限を行う」「18時以降は食べない」など、楽をする痩せ方や、運動を主にしないダイエット法は基本的にリバウンドしやすいと言われています。この方法では汗の性質や血液の状態が変化しないためです。

②食事制限ではなく、十分な栄養素を満遍なく摂取すること

日本人が肥満傾向にあるのは、栄養素が十分に足りていないことも原因の一つと言われています。人間の脳は「食べる量」ではなく必要な栄養素が蓄えられることによって「満腹」と判断されるように作られています。食の欧米化によって、油分や糖分などの栄養の偏りが顕著になり、食物繊維やビタミン類が欠乏しいつまでたってもお腹がいっぱいにならないため肥満になっているのです。

③肌を清潔に保つこと

悪性の汗も皮脂も、分泌されること自体が肌にとって悪いことではありません。これらは水溶性であるため、こまめに濡れタオルで拭き取ったり、毎日肌を清潔に維持すれば基本的に問題はありません。しかし菌は秒単位で繁殖し、肌荒れやニキビを生成するため、風呂に入らない日があったり、スキンケアをおろそかにしてしまったり、一瞬の隙や出来事で肌が荒れたりニキビが作られてしまうのです。

多汗による肌荒れ・ニキビ予防には夏野菜の摂取が効果的

汗っかきの方の特徴は「体に熱がこもりやすい」こと。肥満もその一つとしてあげられますが、体の内側に熱を持ってしまうと、焦げついた体臭を放ったり、血流が悪くなり肌荒れやニキビを起こしやすくなります。

そうした場合には、生の葉物野菜やキノコ類、海草、生野菜、果物を摂取すると根本から対策できます。汗をかくのは上昇した体の温度を下げるために行われるため、内側から心地よく冷却してあげることで肌を健康的に保つことができるのです。

ポリフェノールを含んだ夏野菜は効果抜群

特に体を冷やしてくれる効果があるのは、ナスやウリなどの夏野菜です。きゅうり・ナス・オクラ・トマト・ゴーヤなどは体の熱を外に逃がし、腸内環境を整えてくれます。

これに塩をまぶして摂取することで多汗症を防止する効果もあるといいます。ミネラルやマグネシウムが脂質を代謝し、血流を良くする効果があるのです。腸内の腐敗を防止し、汗ばむ季節には体臭予防ともなるため非常におすすめです。

水分補給は体を冷やす効果はない

野菜ではなく、水分補給ではダメなのか?

こうした疑問が起きても不思議ではありません。もちろんOKです。ただ、夏野菜のように胃腸に残って熱を発散してくれたり、腸内をきれいにしてくれる効果がないため持続性が弱いというデメリットが付きまとうのです。

また暑いからといって一気に水分をドカ飲みしてしまうと、内臓器官に負担がかかり、他の栄養素も一緒に流れてしまいます。冷たすぎるものや、飲む量が多いと尿が黄色いはずです。これは他の栄養素が流れてしまっている証拠。(逆に夏バテによって水分ばかりの食生活になってしまうと、尿が透明な場合もあります)

水分補給と夏野菜による体内の冷却効果は論点が違うため、飲み方には十分注意してください。また水道水ばかり飲んでいると電解質などの栄養が不足し足がつってしまったりすることもあります。ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むように心がけてください。

また夏野菜の効果が得られるのは夏のみです。肌寒くなってきたら普段の食生活に戻してください。これは体をほどよく冷やすことを目的にした方法であり、特別に栄養を摂ることを目的にした方法ではありません。

秋以降は鍋などで野菜を摂るようにして、逆に体を冷やさないよう工夫した食事の摂取がポイントになります。

 肌荒れ予防の人気メンズコスメZIGENをレビュー