鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳ローションの全成分と効果を検証

鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳ローションの全成分と毒性、口コミの信憑性を評価します。

【鈴木ハーブ研究所】パイナップル豆乳ローション 100ml

全成分の毒性解析・効果

成分の表記は、配合量の多いものから順に記載されます。ただし1%以下のものについては順不同。毒性の表記は「毒性判定辞典」を参考に、赤>橙>黄の順番で毒性が強くなります。

【全成分】
水:溶剤
エタノール:溶剤、可溶化剤、収れん剤
ダイズ種子エキス:保湿性、乳化安定剤
マンダリンオレンジ果皮エキス:香料、精油
豆乳発酵液:保湿剤
イリス根エキス:芳香性エキス、収れん性
テトラヒドロピペリン:整肌作用
パイナップル果実エキス:保湿性
パパイン:酵素剤、タンパク溶解性
カルボマー:合成ポリマー、乳化安定剤
アルギン酸Na:親水性増粘剤、結合剤
BG:保湿剤、溶剤、粘度低下剤
メチルパラベン:防腐剤

評価・口コミの信憑性

青髭改善・抑毛・除毛効果はありません
「ムダ毛にアプローチ」「女性らしいツルスベ美肌」など、具体的な明言を避け、薬事法の網をうまくかいくぐっている印象があります。成分を見ても分かる通り、特に毛のトラブルに有効な成分というのは含まれていません。単なる「化粧水」「ボディローション」と思って使うのが良いと思います。

参考:抑毛ローションを使って青ひげ改善などあり得ない

ダイズや酵素が毛にアプローチ?
女性ホルモンとの関係性が強い大豆酵素の働きをうまく利用して、「毛が薄くなる」「抑毛効果がある」といったところを連想させているのでしょうが、こうしたものを肌に塗布したところで毛が薄くなったりすることはありません。

どんな肌質・シーンに有効?
普通肌、オイリー肌の基礎化粧品として、お風呂上りのボディミルクとして活用するのが良いと思います。ムダ毛の後の処理として使うローションはこの商品ではなく、ワセリンなど純正の油分か、もっと毒性の少ないシンプルなものを使った方が良いと思います。

2015年11月24日 鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳ローションの全成分と効果を検証 はコメントを受け付けていません。 青ひげ対策

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。