30代男性・乾燥肌のスキンケア方法&化粧品の選び方

30代男性の乾燥肌の対策・スキンケア方法についてまとめました。

30代になると、肌のレベルは著しく低下し、極端に乾燥肌か脂性肌かに分かれます。この年代でのスキンケアをおろそかにすると、40代以降(あるいは30代半ばから)たるみ・シワ・シミなどの老化現象が目に見えて起こるようになります。そうならないためのスキンケア方法を解説します。

30代以降の乾燥対策に必要なスキンケア

skincare-o

理論上、肌は20代を境に老化していくと言われていますが、目に見えてレベルの低下を感じるのが30代以降ではないでしょうか。

ハリがなくなったような気がする
モチモチ感がなく、カサついている
目元や口元の小じわが目立つようになってきた
顔全体に細いシワが見て取れるようになった

など。その原因が肌の乾燥によるもので、何もしなければどんどん症状が進行していきます。言い換えれば、肌の乾燥予防こそが「アンチエイジング」であり、それ専用のエイジング化粧品を購入する必要はないということを覚えておきましょう。

つまり「本当のアンチエイジング」化粧品とは、肌の乾燥を防ぐ「保湿化粧品」ということです。

保湿化粧品は「セラミド」の配合を確認する

p013

乾燥対策に使用する化粧品は、セラミド配合の化粧品を使用してください。肌の乾燥は、皮膚表面にある保湿膜(薄皮)によって防がれています。この保湿膜が適正に機能していれば肌内部の水分蒸発を防ぐことができるのですが、保湿膜を構成する主成分(セラミド)が加齢によって失われていく成分と言われており、30代はちょうどその減少時期にあたるのです。

hyouhi

従って、この時期にセラミド化粧品を使っていかなければ、肌内部の水分はどんどん蒸発してしまい、40代以降、シワやたるみなどの症状につながってしまうのです。

「しっとり」「もっちり」という広告表示ではなくパッケージの全成分を見て購入すること

mensbiore-l01

男性がスキンケアをするようになったのはつい最近の話で、成分の効果・効能についてはほとんど理解されていません。従って、商品の広告や色使い、雰囲気だけで化粧品を選んでいる人がほとんどではないかと思います。

しかし今後は、パッケージの裏の全成分から「保湿成分」を探し出し、本当に「しっとり」「もっちり」させることができるのか確認するようにしてください。

具体的には、セラミド1セラミド2セラミド3、アセチルヒアルロン酸、スフィンゴリピッド、各種アミノ酸類などなど。

一番いいのはセラミド1~3です。ただ、ドラッグストアや市販の化粧品類ではまず含まれていません(希少性が高いので)。なので、見つけられなければアセチルヒアルロン酸、スフィンゴリピッド、各種アミノ酸類の配合を確認するようにしましょう。

普通のヒアルロン酸やコラーゲンなどは、粒子が非常に大きいので肌に全く浸透しません。化粧品そのもののとろみをつける片栗粉のような成分にとどまっているので、肌に対する効果は一切ないということも覚えておきましょう。

>>セラミド配合の男性化粧品を見てみる

2016年6月1日 30代男性・乾燥肌のスキンケア方法&化粧品の選び方 はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。