インナードライ肌の改善にオススメな男性化粧品は?

water

最近よく耳にする「インナードライ肌」とは、簡単に言うと「乾燥肌」のことを指しています。
肌が乾燥しカサカサになるとPh値が高くなり、雑菌が繁殖しやすくなり様々な肌トラブルを引き起こします。その他紫外線などの外的影響や雑菌の侵入を守るため、人間の防御反応が働き、一生懸命皮脂を分泌しているのです。

乾燥状態にある肌は最も危険な状態であると言われており、それを少しでも軽減するために皮脂が分泌され、その代償として肌のテカリが起こるのです。「乾燥肌なのに、肌がテカる」理由はこういったことが原因です。

男性、特にサラリーマンの方はこの症状が非常に多く見られます。肌がギトギトの時と、カサカサの時が混在しているイメージです。

 インナードライ肌に最適なメンズ化粧品のまとめ

改善策

インナードライ肌という肌質が存在するわけではありません。要は乾燥肌であることに変わりはなく、肌に潤いがないのです。

インナードライ肌の方がやりがちな間違ったスキンケア処方を次に挙げました。「ビクッ」とした方はこのままお読みいただくといいでしょう。

 洗顔料には「しっとり」「◯◯油配合」といったものを使用している
 スキンケアに用いるのは化粧水だけ
 保湿対策として乳液やクリームを使用している

いかがでしょうか?それでは各項目を一つずつ確認していきましょう。

洗顔料には「しっとり」「◯◯油配合」といったものを使用している⇒NG

洗顔の目的は洗浄です。

「何を今更…」
と感じられた方もいるでしょうが、意外にも、洗顔料に美容効果・保湿効果を求めている人が多いのです。それを証拠に、お手持ちの洗顔料には「しっとり」「◯◯油配合」などと記載されてはいないでしょうか?

洗顔は主に酸化した皮脂(過酸化脂質)を洗い落とすことが目的です。そして、その過酸化脂質は水溶性の物質で、水で洗い落とせるものなのです。しかし様々な汚れと混ざり合っており、水だけで全てを綺麗にすることができないため洗顔料を用いています。

洗浄力は強力である必要もなく、しっとり効果を受けられなくても、洗顔料としての目的はしっかり果たすことができるのです。

スキンケアに用いるのは化粧水だけ⇒NG

化粧水は美容効果を目的としていなければ本来であれば必要な化粧品ではありません。化粧品の目的は、水溶性の美容成分を肌に浸透させることです。

しかし、保湿成分は油溶性の化粧品を好むため、化粧水に保湿成分が含まれることはあまりありません。つまり化粧水では保湿効果を実感することはできないのです。どんなに高価な化粧品を使用しても、保湿効果が得られない化粧品はほとんど意味をなしません。

特に化粧水はただ塗布するだけではかえって肌が乾燥してしまうため、保湿化粧品とセットで実施しなければなりません。

保湿対策として乳液やクリームを使用している⇒NG

乳液やクリームは保湿化粧品ではありません。多くの方が誤解していますが、乳液やクリームは「油」です。油を肌に塗ったところで保湿にはなりません。

保湿とは肌内部の水分が蒸発しないようにセラミドを始めとする保湿成分が吸着することを言うのであって、上からフタをすることを保湿とは言いません。誤解して使い続けることで肌がベトつきテカリをあたえる原因となってしまうのです。

乾燥肌・インナードライ肌の方には保湿が最重要課題

インナードライ肌の原因は、乾燥肌です。従って、オイリー肌用の清涼感が強い化粧品を使用したり、皮脂吸収パウダーなどが配合されたものを用いるのは乾燥肌自体を悪化させてしまうため根本の解決にはなりません。

乾燥状態は、肌にとって最も弱い状態です。できるだけ低刺激で、保湿に重点を置いた化粧品を使用しながら体質を改善していくことが最も近道です。

化粧品を選ぶ上で確認したいのは、
 保湿成分は含まれているか?(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなど)
 低刺激、安全性は高いか?(合成成分、防腐剤やポリマー等の有無)
 油分は控えめか?(乳液やクリームでは悪化してしまいます。)

 男性用の保湿・乾燥対策化粧品を見る

2015年6月2日 インナードライ肌の改善にオススメな男性化粧品は? はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。