男性の乾燥ニキビ・肌荒れの原因と対策〜どんな化粧品がおすすめ?

ニキビや肌荒れは乾燥肌であっても起こります。肌荒れはイメージが湧きますが、ニキビが乾燥によって起こると思っていない方も多いでしょう。ニキビは肌質によって左右されるケースもありますが、大元を辿るとその肌質も体の内部で起きている変化の結果であるため、内側のケアがニキビや肌荒れには重要な要素となります。

乾燥肌・脂性肌・混合肌とある肌質の中で、最も危険な状態が乾燥肌だとされています。乾燥肌というのは、皮膚が細くめくれて真皮が剥き出しの状態を言い、刺激という刺激を全て受けてしまうためニキビや肌荒れに限らず肌トラブルが起こりやすいのです。

皮脂量が少ない乾燥肌なのにニキビができる原因は?

自分はオイリー肌じゃないのにどうしてニキビができるんだろう?そう考えたことは多いと思います。実はニキビはオイリー肌ではなく乾燥肌の方が発症しやすいと言われています。ニキビの原因は「皮脂の詰まり」ですが、それ以前の「なぜ詰まるのか」を考えるべきです。皮脂が分泌されやすいオイリー肌の人は、むしろ顔が脂にまみれて軟化されているため、皮脂は詰まりにくいんです。

それが乾燥肌の人だと、皮膚が硬化しやすく皮脂量が少なくてもニキビが作られやすくなります。

乾燥ニキビはこうして作られる

乾燥ニキビの原因は、皮膚周りの硬化(角質肥厚)が主たる原因です。毛穴回りが硬くなってしまい、皮脂の分泌出口が失われてしまう症状です。その中で皮脂が酸化したり、常在菌のアクネ菌が繁殖し膿を作り、ニキビを形成します。

皮脂量というのは実はニキビの形成とほとんど関係はありません。ニキビを形成する皮脂の量なんてほんの少量ですし、皮脂というのは誰でも分泌されているものなので、肌質による区別は考えないほうが対策としては賢明です。

乾燥ニキビを防ぐ方法

「乾燥ニキビを防ぐ=角質肥厚を防ぐ」方法は非常にシンプルです。それは、毛穴回りを柔らかくしてあげること。

特別な化粧品や洗顔は不要です。ニキビを防ぐための殺菌・除菌といった刺激の強い成分も必要ありません。皮脂が分泌されることは代謝活動の一つなので何一つ悪いことはありません。悪いのはそれを放置してしまうことや、詰まらせてしまうことです。従って、皮脂の分泌口となる出口を整えてやり、綺麗に洗い流したい、あぶらとり紙などで、定期的にOFFする地道なケアが重要となります。

蒸しタオルで毛穴を開放してあげる

温かい蒸しタオルを顔・ニキビが出来やすいところに当てて、毛穴を開かせましょう。毛穴が詰まっている原因は、その回りの皮膚が硬くなっていることもそうですが、毛穴自身が寒さや環境に伴って「キュッ」と閉じてしまっていることもあります。冬にニキビができやすいという人は、寝る前などに蒸しタオルで顔を温めるようにすると、毛穴詰まり・角質の硬化を予防できます。

保湿化粧品の活用

肌の硬化は、内部の水分量が少ないということも原因の一つです。潤いを閉じ込めるための角質層が機能していなかったり、保湿を担うためのセラミドが不足していることが考えられます。

乳液やクリームなどの油分化粧品だと、今度は肌の酸化・テカリを悪化させてしまうため注意して下さい。

男性におすすめする保湿化粧品一覧・ランキング

乾燥ニキビができてしまったときの対処法

これだけ対策していてもニキビができてしまった!というときは、「放置」あるいは「皮膚科へ行く」ようにしてください。自力でニキビを治す方法はこれしかありません。ネット上にはたくさんの「ニキビケア化粧品」というものがありますが、あくまで化粧品です。医薬品ではないため、肌への効果・効能はありません。

また、ニキビは油分等で覆われると、菌が更に増殖する「嫌気性」という性質を持ちます。皮膚科で処方される薬以外を使うと、消えないニキビ跡等に繋がることとなりますので注意してください。

乾燥ニキビを潰すのはOK?

ニキビを潰すのはOKです。

しかし、病院で潰してもらう場合に限り、自分で処理するのはいけません。というのも、潰した方がいいニキビと、潰してはいけないニキビがあり、それが私達の目では判断できないからです。ニキビを潰すためのピンセットが市販されたりしていますが、それも使ってはいけません。

もし潰す場合は、あくまで自己責任。その上で行う場合でも、必ず手やピンセットは清潔な状態で、潰したニキビの患部は消毒して雑菌・ばい菌が混入しないようにしましょう。絆創膏を貼ったり工夫をしてください。

乾燥ニキビを守るためには

ニキビは必ず毛穴にできるため、その毛穴を化粧品や洗顔で清潔に保つこと、食生活を整えることによる内側のケアも忘れてはいけません。

ニキビができてしまうのは、乾燥や紫外線など外的刺激によって毛穴周りが硬化し皮膚が重なり合って皮脂の噴き出し口がなくなってしまうことが原因であるため、オイリーであるとか皮脂の量がそこまで大きな原因とはなりません。

肌荒れ・ニキビを病院に行かずに治す方法でも解説していますが、乾燥肌であろうが脂性肌であろうが、肌の炎症の原因が肌質に影響することはほとんどありません。ここでは原因について深く追求しているため、根本の対策を図りたい方は是非ご覧になってください。

乾燥ニキビを治す化粧品とは

乾燥ニキビとは名ばかりで、要は「乾燥対策」となる化粧品が解決の糸口となります。間違っても「ニキビ用・アクネ用」と呼ばれる化粧品を使うことは避けてください。

ニキビ用・アクネ用の化粧品は「ニキビを治す」という意味ではなく、「ニキビを予防する」という意味合いであり、またその場限りの殺菌・抗菌成分を含んだものばかりです。また、そのニキビが乾燥によって起こっていることなど無視して作られているため、乾燥ニキビを予防する目的では、それをより悪化させてしまうことも考えられます。

汚い肌は、汚い現場にいるから起こるのではなく、汚い体内から湧き出て起こるのです。汚いものの出口をいくら掃除してもそれは根本の解決にならないことは覚えておいてください。