NULLオールインワンは肌に悪い?全成分の効果を解説

男性化粧品・NULL(ヌル)オールインワンに含まれている全成分について解説します。
詳細の使用レビューや感想・評価については次の記事にまとめました。

全成分表示

null02

成分表示の見方
・成分の配分量は多い順に記載されている
・配合量1%以下の成分は順不同に整列している
・香料は調合されたものであっても「香料」と記載
・植物エキスは組み合わせたものであっても「○○エキス」と記載

肌に潤いを与える源。原料の溶媒として幅広く利用される。

エタノール

無色透明の溶剤。防腐剤。殺菌・洗浄・清涼効果・肌の引き締め効果がある。他の成分の溶解を助ける効果もある。

BG

水性保湿材。多価アルコール。安全性が高い保湿成分。ベタつきが少なく製品の保存性を高める効果もある。

PEG-60 水添ヒマシ油

界面活性剤。乳液・クリームの乳化剤、香料やオイルの溶解のために用いる。

コポリマー

合成ポリマー。増粘剤。保湿材。安価で汎用性の高い成分。

サリチル酸

皮膚柔軟剤。硬くなった角層をなめらかにし、雑菌の繁殖を防ぐ効果がある。水には溶けず、アルコールや熱湯で溶ける。

フランスカイガンショウ樹皮エキス

植物エキス。抗酸化作用・抗炎症作用効果があるフラボノイドが40種類以上配合されている。

ヒアルロン酸Na

優れた水分保持力を持つ水性保湿材。乾燥・キメ・ハリ等の肌トラブルに万能。製品にトロミ・使用感を出す為に用いられることもある。

水溶性コラーゲン

水性保湿材。優れた保湿効果が期待できる。

プラセンタエキス

血行促進・肌荒れ改善・肌代謝促進等、20以上の薬理作用があり副作用が極めて少ない三大美容成分の一つ。ブタ・ウマ等の胎盤から抽出したエキスを精製。

リン酸アスコルビルMg

アスコルビン酸にリン酸とマグネシウムを結合させたビタミンC誘導体。抗酸化作用があり、メラニンの生成も抑制するためシミ予防に効果的。過剰な皮脂分泌を抑えるためニキビや肌荒れの予防にも効果あり。

アルゲエキス

海藻成分とあって非常に豊富なミネラルを含んでいる。保湿・収れん効果、細胞の活性化・代謝促進に効果がある。

ローマカミツレ花エキス

植物エキス。肌荒れ・ニキビの消炎効果、殺菌・抗菌作用がある。

トウキンセンカ花エキス

植物エキス。肌荒れ・ニキビの消炎効果、殺菌・抗菌作用がある。効力は控えめなため敏感肌用として用いられることが多い。

ヤグルマギク花エキス

植物エキス。肌荒れ・ニキビの消炎効果、殺菌・抗菌作用、肌の引き締め・活性化の効果がある。

カミツレ花エキス

植物エキス。メラニン生成を抑える美白効果があり医薬部外品の主材として承認されている。肌荒れ予防としての消炎効果もある。

セイヨウオトギリソウ花・葉・茎エキス

植物エキス。古くから止血剤として用いられてきたため、肌荒れや傷ついた肌に対する消炎・止血作用、収れん効果が期待できる。

フユボダイジュ花エキス

植物エキス。肌荒れ・ニキビの消炎・鎮静効果、肌のキメを整える効果がある。

オレンジ油

ミカン科植物オレンジ。香料として用いられる精油・オイル。

メチルパラベン

防腐剤。微生物の繁殖を抑える効果がある。配合規制あり。

2015年4月23日 NULLオールインワンは肌に悪い?全成分の効果を解説 はコメントを受け付けていません。 ヌル/NULL

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。