乾燥肌からくるかゆみ対策〜乳液や保湿クリームは使わないで

乾燥の季節が近づくと、肌が粉をふいて白くなり、痒みやヒリヒリ感を感じる機会が増えてきます。これは、皮膚が細かくめくれて、その隙間から雑菌・ばい菌が入り込んでしまっていることが原因です。

従って、対策としては肌の表面を保護するような化粧品の使用、あるいは肌代謝を整えて内側からキレイにしていくことが大切になります。

肌が乾燥するとかゆくなる理由

「肌の乾燥」とは、肌表面にある保湿膜が破壊され、皮膚がこまかくめくれ上がり、内側の水分が抜けていっている状態をいいます。

そのめくれ上がっている皮膚の隙間から雑菌が入り込み、皮膚炎・湿疹を発症し、肌がかゆく感じるのです。ここでボリボリと掻いてしまうと、皮膚の修復がいつまでも行われず、治りにくくなってしまうのです。

つまり、肌表面にある保湿膜は、肌の乾燥を守るとともに、皮膚への雑菌侵入を防いでいることになるのです。

乳液やクリームがかゆみの原因?

ではなぜ保湿膜が壊れてしまうのかというと、あなたが普段使用している乳液やクリームが原因かもしれません。

乳液やクリームというのは、肌への「油分補給」を目的とした基礎化粧品です。ただ先ほども解説したように、肌の乾燥を守っているのは油分ではなく、「保湿膜」です。

保湿膜は、セラミドアミノ酸といった貴重な保湿成分で構成されており、乳液やクリームといった油分補給を目的とした化粧品で補えるものではないのです。

また乳液やクリームの油分は酸化しやすく、過酸化脂質という保湿膜を溶かす成分に変わります。それを塗布するわけですから、かえって肌を傷つけることになります。現状、乳液やクリームが必要な肌の持ち主というのはほとんどいないといいます。また、乳液やクリームは界面活性剤や防腐剤が必ず配合されており、基礎化粧品といいながらも「肌に良いもの」とはお世辞にもいうことはできません。

シンプルなケアが対策になる

では一体何を肌に塗れば良いのか、疑問に思われるかもしれません。一番良いのは、保湿膜を構成するセラミド・アミノ酸を豊富に含んだ美容液。

油分が少ないもの、またシンプルにオールインワンのものでも構いません。

「オールインワンって肌に悪いんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、オールインワンには上記のような保湿に特化したものと、ポリマー類(見た目に艶やかさを演出するもの)を大量に含んだその場しのぎに使うものと、2種類あります。

後者がいわゆる、皆さんがイメージしているオールインワン。安くて便利な一方、毒性が多く、基礎化粧品として毎日使うものではありません。

前者が、ここでいう乾燥肌対策として推奨されているシンプルなオールインワン。成分に詳しくないとその違いがわかりませんが、簡単に調べることができるので是非時間を使って慎重に選ぶようにしましょう。

→セラミド・アミノ酸配合のオールインワンを見る

2015年10月24日 乾燥肌からくるかゆみ対策〜乳液や保湿クリームは使わないで はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。