オールインワンは肌に悪い?実は基本の4ステップこそ肌荒れの原因だった

「スキンケアの4ステップ」は男性でもご存知だと思いますが、洗顔後の化粧水・美容液・乳液・クリームという基礎化粧品によるスキンケアを言います。

これが肌のためには良い、基本である、ということが昔から言われていました。逆にそれを一つにしたオールインワン化粧品は、「手間を省いて肌がきれいになるはずがない!」と肌に悪いものとして言われ続けてきましたが、今では全く逆のことが言われるようになっています。

基礎化粧品の考え方

基礎化粧品は「塗れば塗るほどきれいになる」ものではありません。

そして、基礎化粧品の基本的な考え方は肌にとっての「不足成分を補給する」ことです。

各化粧品にはそれぞれ目的があって、その目的に合致しているものだけを使うべきなのです。化粧水であれば、ニキビ予防・角質肥厚予防・角質柔軟のため、美容液は保湿・美白・アンチエイジング対策のため、乳液やクリームであれば油分補給のためです。

目的については一例ですが、これら全て必要であるという人はそうそういないと思いませんか?

特に男性であれば、乳液やクリームは一生使わなくても問題ないほどの油分が分泌されています。誤解して欲しくないのは、油分が肌の乾燥を防いでいるわけではないということです。油分を補給したところで肌の上で酸化するだけなので、肌荒れやニキビを引き起こす原因になります。

また、化粧水・美容液・乳液・クリームにはそれぞれ防腐剤・界面活性剤・その他毒性成分が配合されており、使う種類が多ければ多いほど倍々ゲームで菌が増殖していきます。

こういったことを総合的に判断した上で、本当に必要な基礎化粧品だけを使うようにしましょう。

オールインワンが今評価されている理由

そこで今化粧品業界で再注目されているのがオールインワン化粧品です。

先ほどの基礎化粧品の考え方に通じるものがありますが、私たちの肌に不足している成分は一体何なのか??と立ち返ると、ある一つの成分だけが著しく不足していることがわかっています。

それが保湿成分です。

肌荒れ・ニキビ・シワ・シミなどの肌トラブルは突き詰めると保湿成分の不足によって起こっているのです。最近「保湿だけ」「シンプルケア」などを謳った化粧品が多くなったと思いませんか?あれも一種のオールインワンです。

化粧水からクリームまで、全て配合された化粧品がオールインワンだと思われていますが、最近のオールインワンは保湿成分重視の化粧品のことを名前を変えて発売しているケースがほとんどです。一番身近でわかりやすいのがワセリンでしょうか。

冷静になって考えれば、いくつもべたべたと肌に上から塗ることが肌に良いとは考えづらいですもんね。

一度スキンケアを見直し、何が自分の肌に不足しているのか?そのスキンケアで一体何を守って、何がしたかったのか考えてみるといいかもしれません。

するとスキンケアの幅が広がり、オールインワンについて毛嫌いされていた方も選択肢が広がるのではないかと思います。

→最新のメンズオールインワン化粧品のランキングを見る

2015年10月8日 オールインワンは肌に悪い?実は基本の4ステップこそ肌荒れの原因だった はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。