思春期ニキビとストレスの関係~中学生・高校生のニキビ・肌荒れ事情

中学生・高校生に多く見られる、いわゆる「思春期ニキビ」は男女問わず男性ホルモンが影響していると言われています。

男性ホルモンは皮脂を分泌する皮脂腺に命令を送る作用があるため、どうしても皮脂の分泌量が多くなってしまいます。自然とオイリー肌傾向になるため、どうしてもニキビや肌荒れといったリスクに晒されやすくなるのです。誰しもが通る道のため親などはあまり心配しないでしょうが、自分(あなた)にとっては死活問題ですよね。

確かに男性ホルモンの異常分泌はこの時期だけの特異なものなので放っておけば治ります。しかし、それが原因ではない、つまり単なる成長の過程で起こる男性ホルモンが原因ではないもので、ニキビや肌荒れができている場合の対策は結構厄介なものとなります。

思春期ニキビだと思っていたものがストレス性のニキビだった場合

sishunkinikibi

今の若い子達は、男女問わず本当にキレイ好きな子が多いように感じます。寝癖のまま電車に乗っている高校生はほとんど見ませんし、女性用シャンプーのいい香りがする男子もいます。

でも、不思議なことに肌がきれいな男子というのは中々いません。

10代・20代向けに作られた化粧品(オ◯シーやギ◯ツビーとか)も、ただ刺激が強いだけで何も美容効果がない「清涼剤」という印象です。あれではかえって肌が荒れる原因になります。また、化粧水だけをつけて肌を「保湿した気」になっている人が多いのも気になります。

思春期の子たちに多い「大人ニキビ」

「大人ニキビ」はご存知でしょうか??

ニキビというのは男性ホルモンなどのホルモンバランスの崩れで起こることが多いため、特に思春期の頃にできやすく、大人になるとほとんどニキビができることはありません。逆に言うと、大人になってもニキビができてしまう場合は、思春期ニキビとは異なる「大人ニキビ」と呼ばれ、中々根が深く治りにくいと言われています。

この思春期ニキビ・大人ニキビという括りは、単なる俗称であって、病名や見た目で判断がつくものではありません。発生原因が異なるものを美容的にそう呼んでいるものになります。

そしてその大人ニキビが「ストレス」や「過剰なスキンケア」が原因で思春期の子たちの間で大量に発症しているのです。

思春期ニキビ 大人ニキビ
発生原因 成長過程における男性ホルモンの過剰分泌 ・ストレス
・過剰なスキンケア、油分補給
対策 ・時の流れに身を任せる
・病院で治療
・身の回りの環境の見直し
・スキンケアの見直し
治りやすさ 治りやすい 治りにくい

何かと高度に発展したこの世代の子達は、色々と大変なのではないかと同情してしまうこともあります。勉強・進路・恋愛などなど…大人になって分かりましたが、未熟だったあの頃もそれなりに悩みは多かったし、逆に今は本当にマンネリな日々を送っているように感じます。

いくつになっても、ストレスはつきもの。「若いからストレスは関係ない」というのも間違いですし、「大人になったらニキビはできない」というのも間違いであると気付かされまいた。

思春期の子が気をつける「大人ニキビ」の対策

自分のニキビや肌荒れがストレス性のものである(大人ニキビかもしれない)と思う方は次のことに注意した生活を送ってみて下さい。これは思春期ニキビやニキビそのものに悩んでいない人にとっても有効な方法ですので是非読んでみて下さい。

 ニキビができたら化粧品を使わない
基本中の基本、当たり前ですがニキビや肌荒れができたら化粧品を使ってはいけません。今だから「ダメ」ということは分かりますが、私も中学・高校生の頃はニキビができると焦って何かを塗って対策しようとしていたので同じように考えている方がいると思い、あえて言いました。

この世に「ニキビが治る化粧品」はありませんからね。治せるのはお医者さんが処方してくれるお薬だけです。化粧品は「医薬品」ではなくあくまで「化粧品」です。

yakuji

「化粧品でニキビを治す!」というのは、患部に制汗剤や入浴剤を塗るというのと同じ。例え医薬部外品であっても、頭に「薬用」と付くか付かないかの違いで、販売促進的な言葉に過ぎず、化粧品と医薬部外品に効果の差はないとされています。

 「ニキビ用」の化粧品はあくまで「予防」を目的としたもの
「ニキビ用」「アクネ用」「ニキビケア」などとドラッグストアに陳列されている化粧品には色々とそれを「臭わす」言葉が書かれていますが、全て「予防」を目的としたものです。

ニキビ肌、肌荒れ傾向の肌にならないためのスキンケアを目的とした化粧品であって、既にニキビや肌荒れができてしまった上に塗っても意味はありません。

昔は、中学生・高校生の子たちが「基礎化粧品を使う」なんてことは無かったのですが、今では当たり前のように使っています。これが逆に肌に負担となり、ニキビや肌荒れの原因になっていることもあります。

そもそも基礎化粧品の目的は「不足している成分を補給」するために使うもので、思春期の頃の肌というのは男女問わず何もかも「過剰」な状態です。その上に「補給」を目的とした化粧品を使うことは、栄養過多に伴うニキビ・肌荒れを誘発するようなものなのです。

これは思春期の子たちだけでなく、多くの大人が勘違いしているポイントでもあります。だから「大人ニキビ」と呼ばれています。塗らない・付けない・買わない、というのも立派なスキンケアです。

 ストレス発散!
大人ニキビの主原因は化粧品の他「ストレス」もその内の一つです。ストレスを体が認知すると、体の中で男性ホルモンが分泌されます。そうです、また男性ホルモンです。

ストレスを溜め込むと、男性ホルモンが分泌され、それが皮脂腺に信号を送り、皮脂の分泌が始まります。仕事や家庭のストレスが溜まり込むとどうしても肌に悪影響を及ぼします。思春期ニキビも大人ニキビも「男性ホルモン」が原因であることは間違いないのですが、その発生原因が違うのです。

だからと言って大人の方が・子供の方が、ストレスを溜め込みやすいという差があるわけではありません。しかし社会的なストレスを溜め込みやすいのは大人の方で、大人が思春期ニキビのような発生原因でニキビができることはありません。

つまり、中学生・高校生のような思春期にある子たちは、よりニキビの発生リスクにさらされているということになります。ただ、「ストレスを溜めないようにしましょう」と言うのは簡単ですが、できれば苦労はありません。自分なりの方法を見つけながら、かつスキンケアもやり過ぎに注意しましょう。

2016年11月3日 思春期ニキビとストレスの関係~中学生・高校生のニキビ・肌荒れ事情 はコメントを受け付けていません。 ニキビ・肌荒れの方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。