冬の肌荒れやニキビは本当に乾燥が原因なのか?

肌寒くなると肌が白く粉をふき、かゆみを感じたり、ひび割れたり、炎症を引き起こす機会が多くなると思います。

やっと夏の汗ばむ季節、紫外線が厳しい季節が終わったと思っても、肌にとってはこれからが山場となります。肌は乾燥状態のときより、皮脂で覆われてベタベタしている時の方が防御レベルとしては高く肌トラブルのリスクも低いのです。

逆に乾燥肌は、皮膚表面の保湿膜が傷つけられ、皮がめくれている状態であるため雑菌が入り込みやすく、肌トラブルのリスクが高く危険なのです。

冬の肌荒れやニキビは乾燥だけが全てではない

夏の多汗・肌荒れ・ニキビ予防には夏野菜の摂取が効果的という記事でも解説しましたが、季節によって食事を変えていくこともスキンケアにとっては非常に重要になります。

夏野菜は夏だから効果があるのであって、秋冬にかけても体を冷やす効果のある食べ物を食べていると代謝活動や血液循環に不調を与えることとなります。しかし、だからと言って脂っこいものや激辛食品ばかり食べると違う意味で異常を起こすため節度ある食生活を行いましょう。

秋冬は特に食事に気を付けよ

秋冬はできるだけ腸に負担をかけない食事、温野菜など体の中で嵩張る食材は保温効果があり体の調子を整えてくれます。肉料理でも鍋などにくぐらせると余分な油分を落とし消化も助け、同時に野菜も取ることができ効果的です。

腸は造血を担う大事な内臓器官です。血液をサラサラにして肌の血行をよくしたいと考えている方は特に、腸に対する気遣いが重要となってきます。

ポイントは栄養に偏りが出ないようにすることです。

秋冬は特に食事に関するリミッターが外れがちになります。異動の時期などでは飲み会も多く、忘年会なども近づくと、連チャンで胃腸に負担がかかることもあると思います。その予防策として、過食・飲みすぎを防ぐ、早めに「おなかいっぱい」と体に感じさせるコツがあります。それが栄養に偏りを与えないよう色んなものを食べることなのです。

人間の体は、脂質・タンパク質・炭水化物・ビタミン・糖分など、様々な成分を一定量取ると、脳の満腹中枢が働きそれ以上食べられなくなるようになっているのです。

だいたい肥満傾向にある家庭の食卓は、唐揚げ「だけ」、天ぷら「だけ」、粉もの「だけ」
のように、一つのおかずを山盛りに作るという光景が見られます。これは個人的なダイエットのテクニックとしても覚えておくと便利かもしれませんが、食事に大きな偏りがあると腸にかかる負担も大きく、また太り易くもなってしまいます。

飲み会のときもついつい自分の好きなものばかりを注文してしまうことがあると思いますが、そうした注文方法は避け、野菜・魚を中心に色々な食材を口にするようにすると、思いのほか食べることができず腸に負担がかからず、また肥満予防にもなるのです。

もちろんスキンケアも欠かさず

秋冬は食事に気を付けよとは言ったものの、最も危険性が高く気を付けなければいけないものはスキンケアによる乾燥肌対策であることは言うまでもありません。

▶︎乾燥肌の方が洗顔時に気を付ける重要ポイント

▶︎乾燥肌用化粧品ランキング~選び方と見るべき保湿成分

上記の2記事を参考に乾燥対策を行っていくようにしてください。記事中でも触れていますが、乾燥対策のスキンケアに必要なことは「保湿成分」です。「油分」ではありませんのでその点だけは注意するようにしてください。

2015年8月27日 冬の肌荒れやニキビは本当に乾燥が原因なのか? はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。