意外と知らない間違った保湿ケア「乳液でフタをする~」は効果ナシ??

「洗顔後は化粧水で肌に水分を与え、蒸発しないように乳液(油分)でフタをして~」

という流れは、ごく自然のように思えますが、実は間違い。

手順に間違いがあるのではなく、理解に誤りがあります。手順が間違ってないならどっちでも良いんじゃないの??と思われるかもしれませんが、優れた商品も扱いを誤れば効果は半減します。

また先に結論言うと、「フタをする=油分をスキンケアに用いる」ということ自体が男性にとって必要のないことですので、いくら手順に誤りがなくても、過剰なスキンケアが原因で肌を傷付けているかもしれないのです。

「保湿」に対する誤解~乳液の油分が肌を傷付けている原因

hadarabon

「保湿」とは、読んで字のごとく、「潤い(水分)を保つこと」を言います。

人間の肌には20~30%程度の水分を保つような構造で作られており、20%を下回るといわゆる「乾燥肌」となり、10%を下回るとカサカサしたり乾いた実感を自覚症状として得るようになります。

加齢とともに、肌の水分を維持できる機能が低下してくるため、それを補うたために乳液やクリームなどの「油分」を用いるのですが、その油分は果たして水分を保持するために役立つ(=保湿力がある)ものなのでしょうか?

hoshitsuyoso

結論を申し上げると、答えは「NO」です。こちらの表を見て分かる通り、「保湿」を実現させるためには、乳液やクリーム等に含まれる油分は、その構成要素のたった1%にも満たない働きしかしてくれないのです。

全く効果が無いとは言いませんが、あまりに遠回りで、かつ「油」という必ず酸化・腐敗をもたらす成分なので、リスクしか伴わないのです。

逆に「角質細胞間脂質(セラミド)」を補給する方が近道であることは一目瞭然です。「天然保湿因子」とはアミノ酸のことで、角質細胞間脂質であるセラミドの働きをサポートする成分です。

乳液とは「油分補給」を目的としたスキンケアアイテムです

乳液はスキンケアにおいて「油分補給」を目的とした基礎化粧品です。それ以上もそれ以下もありません。つまり、あなた自身の肌に油分が不足していない限り、補給する必要が無い化粧品なのです。

特に男性は女性より皮脂の分泌が過剰なため、一生涯乳液やクリーム、オイルなどの油分化粧品を使わなくても問題ありません。また先程の図表の通り、油分が肌に備わっていなくても「保湿」というのは実現できます。

極論を言うと、スキンケアにおいて男女問わず油分(乳液・クリーム)は不要なのです。

「乳液でフタをする」ってどういう意味なの?

「乳液でフタをする」というのは、洗顔後のつっぱった肌に化粧水で水分を与え、それが蒸発しないように乳液で塞ぐという素人発想です。

というのも、これにはいくつかの問題があります。

問題①:肌がツッパるほどの洗顔がまず危険すぎ

洗顔後やお風呂上がりに肌がつっぱるという方は、皮脂や保湿を担う保湿膜を削ぎ落としてしまっているからです。使っている洗顔料や、お湯の温度が高温だと、皮膚が溶けてしまい極度の乾燥やつっぱりを感じます。洗顔料を使った洗顔は、普段メイクをしない男性にとって必須ではありません。週に1~2回で十分、普段の洗顔は35~38度程度のぬるま湯による水洗顔でほとんどの汚れは落とせます。

→【男性用】洗顔に関する基礎知識と洗顔料の選び方

問題②:化粧水だけでも保湿成分を含んでいれば問題ない

一般的な「化粧水」の配合割合は90%以上が水分で構成されているため、確かに「化粧水だけ」のスキンケアでは、ただ水を肌に染み込ませているだけなのでかえって乾燥してしまいます。しかし最近の化粧水は、型にはまらないものが多く、正直「これ乳液だろ」と思うものも「化粧水」として発売されています。つまり、化粧水・乳液という分類で基礎化粧品を揃えるのではなく、全成分とそれを使った実感を確認しながら基礎化粧品を選ぶようにして下さい。

→【男性用】基礎化粧品の選び方とランキング

問題③:乳液では「フタ」をすることができない

乳液のことを先程から「油分」だと解説していますが、割合で見ると油分は30~40%ほど。その他は「水分」ですので、フタと言っても穴だらけのフタなのです。化粧水の蒸発を防ぐために用いると言っても、乳液も水分の割合がかなり占めているので乳液も同様に蒸発してしまうのです。

保湿には「セラミド」配合の化粧品を選ぶべし

乳液の役目は「油分の補給」です。油分の分泌が豊富な男性にとって乳液は不要。必要なのはセラミドなどの「保湿成分」です。特にセラミドは非常に優秀な成分で、湿度0%でも蒸発することなく、また氷点下20度という極寒でも凍ることがありません。

つまり、肌の水分が蒸発しないよう吸着し、離さないようにする力が優れています。化粧品の成分表示に「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」と表記のあるものでしたら効果が期待できますが、成分が多い順に記載されているので、あまりに後ろの方に記載されている場合、申し訳程度にしか含まれていないことが考えられます。それでも、セラミド配合の男性用化粧品は本当にマレです。

また非常に高価な成分ですので、女性用ですと10,000円を超えるような化粧品もあります。男性用ではほとんど見る機会はありません。

セラミドを含んだ男性化粧品

オールインワンフェイスジェルZIGEN

ZIGENリニューアル

このZIGENという化粧品にはセラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、と3種のセラミドを含んでいます。さらに先程解説したセラミドの働きをサポートするアミノ酸も15種含まれ、まさに「保湿」に優れた男性化粧品なのです。

かつ「オールインワン」なので、化粧水・乳液・美容液と何種類も肌に塗る必要がありません。これ1本でOK。セラミドとは何なのか?保湿とは何なのか?何を選べばいいのか?という方におすすめです。

→オールインワンフェイスジェルZIGENのレビューを見る

2016年11月2日 意外と知らない間違った保湿ケア「乳液でフタをする~」は効果ナシ?? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。