死にたくなるほどニキビがひどくて彼女ができない、何をしても治らない

・クレーターのように肌が陥没し凹凸になっている
・何を塗っても改善が見られることがない
・病院に行っても治らない、再発する
・話をしていても相手の目が肌に向かっている
・大人になれば治ると思っていた思春期ニキビが治らない
・季節を問わずマスクが離せない

「体質改善」

と綺麗事を言われても、いつになったらその効果が出るのか?全く治らないということはままあります。食事が肌質の改善に必要なことは当サイトでも再三解説してきましたが、それでも自分の肌に合った化粧品があって、それを身近に置いておける安心感はやはり強いです。

肌荒れやニキビはアレルギー性があるものでもあるため、確かに人によって症状・肌に合う化粧品は異なります。万人に効果があるわけではありませんが一人でも多くの方が悩みを解決できるような対策をまとめました。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態

何を今更・・・

という考えは捨ててもらって。意外にもニキビで悩まれている人は、どうしてニキビができているのか理解していないケースが多いです(だからニキビが繰り返しているとも言えます)。

ニキビは必ず毛穴にできます。

そして毛穴が硬くなって、皮脂が詰まり、ニキビになります。

つまり、毛穴が詰まらなければニキビはできない

毛穴が詰まる、毛穴が硬くなる、角質肥厚、皮膚硬化、これらの原因を探ることがニキビ対策で必要なことです。

殺菌・抗菌・除菌、オイルコントロール、これらの成分は確かに重要です。しかし、毛穴周りが硬くなって皮脂が詰まっているのは肌の内部の話ですから、いくらその上の菌を洗い落としても意味がないのです。

「保湿が重要」の意味

最近のニキビケア化粧品は、しきりに「保湿」の重要性を説いています。これは正しいです。角質が硬くなるのも、毛穴周りが硬化してしまうのも、肌表面の保湿膜が壊れ、雑菌や外気にさらされ乾燥してしまっているからです。

乾燥状態になった肌はアルカリ性であるため、菌が通常以上に繁殖しやすくなります。それを防ぐために皮脂が過剰に分泌されるようになりますが、毛穴が硬化した部分については、その皮脂が詰まってしまい、ニキビになってしまうのです。詰まっていない部分は皮脂が分泌されているため、自分がオイリーなのか乾燥肌なのかわかりません。

どちらにしても、保湿成分が含まれた化粧品を使って、肌に潤いを取り戻すことは、皮脂の抑制・乾燥防止にとても重要であり、それがニキビ予防になるのです。逆に乾燥肌とオイリー肌を全くの別物と思って、清涼感の強い化粧品を使用したり、殺菌効果の高い化粧品を使うと、乾燥をさらに強め、菌の繁殖に拍車をかけることになるのです。

ニキビ予防において選ぶべき本当の化粧品

ニキビ予防として必要な化粧品は保湿膜を形成する化粧品です。

肌表面は保湿膜によって覆われていて、これが乾燥・雑菌侵入を防いでいます。「保湿」といっても、それを肌の上で行ってくれるのはこの保湿膜だけで、どんな保湿成分でもいいわけではありません。

保湿膜はセラミドアミノ酸によって構成されています。化粧品においては特にニキビケア用の化粧品でなくとも、それが含まれた基礎化粧品がニキビ予防として非常によく働きます。

逆に、保湿成分ならなんでもいいと、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているものを使用しても、保湿膜の成分にはなり得ないのです。

最後になりますが、化粧品は商品名や広告、イメージなどで選ぶのではなく、皮膚の構造やニキビの原因など、自分の肌にとって本当に必要な成分を把握した上で使用するようにしましょう。

→セラミド&アミノ酸を配合した男性用基礎化粧品を見る

2015年9月6日 死にたくなるほどニキビがひどくて彼女ができない、何をしても治らない はコメントを受け付けていません。 ニキビ・肌荒れの方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。