海外製と日本製、メンズコスメはどっちがおすすめ?

「日本とそれ以外」

という感じになってしまいましたが、結論から言うと、日本人にとっては日本製の方がいいです。

化粧品というのは硬水ばかりでサラサラした水が行き届かないヨーロッパで生まれたものです。日本のように蛇口をひねれば飲める水が流れる国はそうありません。

硬水で顔を洗ったり、髪を洗ったりすればゴワゴワ・キシキシになってしまうため、化粧品や香水などが生まれました。従って、歴史は外国の方が古く、オーガニックコスメに限定するのであれば日本製よりヨーロッパ製のものを選んだ方が確実にいいです。

ただ、日本人は外国人とは全く異なる内臓器官を持っていて、そこから作られる肌や皮脂の量も全く異なります。日本人は特に外国製のブランドが好きなのですが、それはバッグや財布に留め、化粧品という肌に直接塗布するものについては自国のものを使った方が安全性は高くなります。

外国製のメンズコスメの特徴

ヨーロッパやアメリカは、日本に比べて国民一人一人の化粧品に対するリテラシーが高いので、それに呼応して化粧品の品質も高くなっています。

規制となっている成分も多く、安全性も高い特徴があります。しかし今、国単位のとても大きな括りで話をしているので、全てがそれに当てはまるわけではありません。

成分なども調べにくく表記も異なるため、「あえて」海外製の化粧品を選ぶ意味がありません。

日本製のメンズコスメの特徴

日本の話になるとよくわかりますが、この膨大な数の化粧品を一括りにしようとするのは無謀です。メーカーごと、商品ごとにその特徴があるため、残念ながらわかりません。

ただ、今のメンズコスメの特徴だと、清涼感が強くてシーブリーズみたいなものが多いという感じだと思います。

従って、「そうではない」化粧品を求めて海外製の化粧品や、日本製でも低刺激でベタつかない化粧品が続々現れてきました。

実際に今Amazonでメンズコスメを検索して1位に出てくるのはアメリカ製のアラミスラボです。アラミスラボは刺激や清涼感が少ないしっとりした化粧品です。

世間的にはそうした化粧品が求められており、ランキングはそうした傾向にあります。段々と男性の間でもスキンケアに対する認識やリテラシーが高まってきている印象を受けますが、外国製・日本製という括りで商品を選ぶことがそのリテラシーの高さを証明するものではないということは忘れないでください。