ワセリンは本当に肌にいいのか?謎に神格化されている理由とは

gel

「肌にいい」というと、何か効用があって肌のレベルを高めるようなことを連想してしまいます。
ワセリンもしばしばそのような表現がされますが、決してそのような力はありません。ワセリンの魅力は、ホコリや雑菌などの外的刺激から肌への侵入を防ぐ守備力です。

ワセリンの驚異的な肌を守る力

病院に行くとよく処方されるワセリンは、それだけでも安全性が保証されているようなものですが、あえて解説します。

ワセリンのすごさは、肌を守るその守備力。
ホコリや雑菌、アレルギーの元となる化学物質との接触も防ぎ、酸化しにくく低刺激。

肌内部の水分が乾燥しないようにバリア機能としての役割も果たし、自家保湿因子の生成もサポートします。

ワセリンに含まれている成分は「ワセリン」のみ。不純物が一切入っていないので紫外線が反応して油焼けする心配もありません。
特に「白ワセリン」は純度が高く安全性が非常に優れていることで知られています。

化粧品ではない?

一応「化粧用油」として発売されていますが、いわゆる美容・美白効果があるわけではなく、病院等では「保湿材」として使われています。
ですから健康的な方がワセリンを使う必要というのはありません。

保湿目的であれば保湿美容液を使用すればいいし、紫外線から身を守りたいなら日焼け止めを使います。

アレルギー反応の心配がなく、肌に負担をかけたくない場合に用いるのがワセリンです。

「肌にいい」という理解よりは、副作用の心配がなく安全性が高い化粧用油という理解が正しいでしょう。

当然ですが、ワセリンは「ワセリン」しか配合されていません。ワセリンとは石油を原料とした「油」です。油を塗っているだけですので肌が劇的に綺麗になったり、潤いが増したりということはありません。もちろん量を誤れば顔面はテカテカに輝いてしまいます。だからこんなに安いんです。

極度の乾燥で肌が荒れたり、何を塗っても化粧品が肌に染みるという方はワセリンの使用をオススメします。
もちろん自己判断せずに皮膚科に通われることが一番です。