メンズアクネバリア薬用コンシーラーの全成分・毒性を検証

メンズアクネバリア薬用コンシーラーに配合されている全成分についてその効果と毒性を検証します。

メンズアクネバリア薬用コンシーラーは「ニキビあと」を隠すものです。「ニキビ本体」に塗ると症状悪化につながるので注意して下さいね。

販売名 メンズアクネバリア
薬用コンシーラー ナチュラル(医薬部外品)
価格 1,404円~
原産国 日本
内容量 5g
効果・効能 ニキビ予防、ニキビあとを隠す
発売元 株式会社石澤研究所

全成分表示

成分の表記は、配合量の多いものから順に記載されます。ただし1%以下のものについては順不同、有効成分は独立して記載されます。毒性の表記は「毒性判定辞典」を参考に、赤>橙>黄の順番で毒性が強くなります。

メンズアクネバリア薬用コンシーラー全成分

【有効成分】
イソプロピルメチルフェノール:防腐剤、防カビ剤
・グリチルレチン酸ステアリル:香味料、消炎作用

【その他の成分】
BG:保湿剤、溶剤、粘度低下剤
・d-δ-トコフェロール:酸化防止剤、V.E
・カルナウバロウ:油剤、閉塞剤、増粘剤
・キャンデリラロウ:油剤、皮膜剤、閉塞剤
・ミツロウ:油剤、乳化安定剤、結合剤
l-メントール:香味料、香料
・ティーツリーオイル:精油、防腐剤
・カモミラエキス(1):芳香性エキス、閉塞剤
ユーカリ油:香料、精油
ラベンダー油:香料、精油
ローズマリー油:香料、精油
・ハマメリスエキス:保湿性、収れん剤、防腐性
・ホップエキス:香味料、保湿性、収れん性
・メドウフォーム油:油剤、保護剤
ポリアクリル酸アルキル:合成ポリマー、皮膜剤
・マイカ:顔料、滑剤
・アラントイン:消炎性、保湿剤
・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル):油剤、閉塞剤
・黄酸化鉄:顔料、紫外線散乱剤
・黒酸化鉄:顔料、紫外線散乱剤
・酸化チタン:顔料、紫外線散乱剤
・ベンガラ:顔料
・水酸化Al:不透明化剤、親水性増粘剤
・銅クロロフィリンNa:着色剤、消臭剤
フェノキシエタノール:防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

評価

メンズアクネバリア薬用コンシーラー

毒性としては少なく、商品の安全性は高いと思います。医薬部外品の指定を受け、使用されている成分も安心できるものです。

ただ、これは成分上の話…。実際の使用感は、個人的にはあまり肌に合いませんでした。詳しくはレビュー記事の方にまとめていますのでご覧ください。

また、最初にも書きましたが、こちらは「ニキビ跡」を隠すものであって、「ニキビ」を隠すものではありませんので注意して下さい。

ニキビは嫌気性菌です。このコンシーラーや乳液などで上から覆ってしまうと菌が元気になってしまう性質を持っています。酸素から遮断したり、触ったり潰したりすることは絶対にやめましょう。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。