化粧水→美容液→乳液の順番は必ず守らなければいけないのか?

基礎化粧品の順番は守る必要があります。水溶性の化粧水は油溶性の美容液や乳液より先に塗布しなければ肌への浸透力が損なわれます。

美容液は浸透性に特化した化粧品であるため、乳液やクリームのようなベタっと肌に覆うようにして塗るものより前に塗布します。

しかし、化粧水を必ず塗布しなければいけない、乳液を必ず塗布しなければいけない、というものではありません。
例えば、美容液と乳液だけ、とか、クリームだけ、というスキンケアでも何も問題ありません。

 最新メンズコスメランキングBEST5はこちら

基礎化粧品の順番と目的

基礎化粧品の順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームという流れで行っていきます。

化粧品の目的は「不足成分の補給」。つまり、必要としていない成分についてまでわざわざ化粧品で補う必要はありません。おせっかいではありますが、ここで各化粧品が持つおおまかな目的を解説します。

 化粧水…水溶性の美容成分の補給。角質を柔軟にする、ニキビ予防、肌の抗菌・殺菌・洗浄など。肌に水分を与えることは目的ではなく、乾燥・保湿対策にはならないので注意。化粧水は90%以上が水分であるため、化粧水だけでスキンケアを終了するとかえって肌が乾燥してしまいます。

 美容液…保湿・美白・アンチエイジングなど目的別に用意されているが、保湿美容液がメイン。肌の乾燥・保湿対策はこの保湿美容液で行います。乳液は乾燥対策にはならないため注意。

 乳液…肌に油分を補給することが目的。従って、油分が豊富なうちは乳液を使用すると油分過多になり肌荒れやニキビ、テカリの原因に。油分には保湿力は備わっていないため、乾燥・保湿対策には使えません。一生乳液を使わなくても問題ないとも言われています。「乳液=保湿」という間違った解釈が広まりすぎているため、乳液にも保湿成分をもたせている化粧品が多く存在しますが、本来の目的を理解しておけば間違った化粧品を買うリスクは減少するでしょう。

 クリーム…肌に油分を補給することが目的。乳液で補った油分でも更に足りない場合に用いるため、ほとんどの方はクリーム不要。

目的をあえて説明したのは、「順番をただ守ればいい」というだけではないからです。化粧品は使い方によっては毒にもなり肌を傷付ける凶器に変わります。自分の肌にとってこの化粧品が必要であるのかしっかり把握したうえで選ぶようにしましょう。

結局何が必要なの??

現状、多くの方は、順番はしっかり守っているものの、必要ないものまで使用して肌に負担をかけてしまっている方がたくさんいらっしゃいます。

化粧品そのものの目的は「不足成分を補給すること」であり、使用すればするほど綺麗になるというものではありません。

特に乳液クリームは、極端な話をすると「一生使用しなくてもいい」化粧品と言えます。皮脂量が減少していくため乳液やクリームなどの油分系の化粧品は必要だと言われているものの、乳液等で補える油分には皮脂の役目はほとんど果たせていないと言います。

肌に必要なのは「保湿成分」のみ。化粧品そのものの解釈がメーカーでも専門家でも異なってしまっていますが、自分の身は自分で守るという意味でも、成分表示は確認できるようになるといいと思います。

肌質を問わず、必要な基礎化粧品は「化粧水と保湿美容液」のみ。その中でも保湿成分の有無は必ず確認するようにしましょう。

 油分に頼らない、保湿力重視の基礎化粧品ランキング

2015年6月13日 化粧水→美容液→乳液の順番は必ず守らなければいけないのか? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。