ZIGENを3年間使い続けて分かった本当の口コミ・評判

ZIGENは私がこれまで使用してきたメンズコスメの中でNo.1の実力を持っていると評価しています。特に「何を選べばいいかわからない」というスキンケア初心者の方におすすめしたいのがZIGENです。

この記事には、私がこれまでZIGENを3年余り使用して分かった良い点・悪い点・肌の変化を赤裸々にまとたレビュー記事となっています。

最初に重要なことをまとめておくと、男女問わずスキンケアにおいて最も必要なものは「保湿成分の配合」です。そしてこのZIGENには保湿の王様と称される「セラミド」が豊富に含まれ、かつオイルフリーなのでベタつかず、使用感が非常に高いメンズコスメとなっています。乾燥肌・脂性肌・ニキビなど、肌トラブルの根元は全て「保湿不足」に伴って起こるため、どの方もその実感を得ることができます。

管理人コスメボーイ

この記事は、何を塗っても肌の乾燥が気になる、大人になっても肌荒れやニキビがおさまらないという方や、スキンケア初心者の方に非常に使いやすいZIGENという男性化粧品のレビューです。

ZIGENリニューアル

このレビューではZIGENの良い点、悪い点、全ての口コミを実際に使用した上で科学的視点から評価していきます。公式ページには書かれていないことや、購入前の参考になれば幸いです。

ZIGENを使うと、何が・どうなる?

  1. 油分ではなく保湿成分中心の配合であるため乳液のようなベタつきがない
  2. 保湿の王様セラミドを配合し1日中乾燥知らずなため、総合的にコスパが高い
  3. セラミドの働きを引き上げる15種類のアミノ酸を配合し乾燥肌に最適
  4. 皮膚の代謝を阻害しない透明なジェル加工であるため肌が弱い方でも使用しやすい
  5. 無香料・無着色・パラベンフリー、オールインワンでありながら安全性が高い

ZIGENの特徴をまとめるとこのようになります。しつこいようですが、ZIGENの大きな特徴は保湿力。肌の乾燥や保湿不足は、肌荒れ・角質肥厚・ニキビ・シミ・くすみなどあらゆる肌トラブルを誘発します。スキンケアはベタベタと何種類も塗るのではなく、保湿に特化したものを1つ使うだけで十分なのです。

zigenchart

商品名 ZIGENオールインワンフェイスジェル
有効成分 セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、白金、金
内容量 100g(2~3ヶ月分)
形状 ゲル
販売元 ZIGEN株式会社
総合評価

ZIGENオールインワンを肌質別に評価!本音の口コミ&レビュー

ZIGENは「保湿」に特化した化粧品です。これは「油分」ではないため、自然な肌のモチモチ感を手に入れることができます。

メンズコスメは清涼感があるほうがオイリー肌などには適しているのではないか?「保湿」と聞くと乳液や女性化粧品のようにベタつきそうな印象がある、という声も聞かれます。

しかし、逆に問うと「清涼感」というのはスキンケアにおいて必要なのでしょうか。それならシーブリーズなど清涼剤を使用すればいいのではないでしょうか。また「ベタベタする」というのは「油分」が多いことが原因です。例えば赤ちゃんの肌はモチモチですが、ベタベタはしていません。これこそが「保湿」されている状態の肌。赤ちゃんの肌は人生の中で最も肌内部の保湿成分が多い時期です。あの自然な肌の感覚を得るために、「肌質別に化粧品を変える」という話にはならないのです。

「保湿成分」を重視した化粧品を男性全員に推奨しているのはそのため。むしろ、「男性用」「女性用」というくくりすらおかしなもので、女性がZIGENを使用してもなんら問題ありません。スキンケアにおいて本当に必要なものを理解するようにしましょう。

肌の悩み別 ZIGENの評価・口コミ

「保湿」というものがどういうものかわかったところで、実際にZIGENを使ってきた率直な口コミをまとめていきます。

なお「肌質別」の評価というのは本来不要なのですが、いざ自分に置き換えたとき(自分にも効果があるの?と思ったとき)に分かりやすいよう、肌質別の働きをまとめています。成分表示上だけでは分からない使用感や、公式HPでは書かれていないこと、私の経験や知識も織り交ぜて解説します。

乾燥肌対策としての効果 ★★★★★

メンズコスメの中で「乾燥対策」を目的に化粧品を選ぼうと思ったらZIGENが間違いなくNo.1と評価できます。全保湿成分の中で最も保湿効果が高いセラミドを3種類含んでおり、保湿効果については文句なし。朝に塗布したZIGENの保湿感を、会社から帰る18時までしっかりと感じることができます。ZIGENには油分が含まれていませんから「ベタつく」「テカる」こともなく、肌本来のモチモチ感を得られます。

保湿力が高ければ、一回あたりの使用量や使用頻度を抑えられるため結果的にコスパも高く、何より使用後のストレスも感じにくくなります。冬はもちろん、夏でも使いやすいと評判の化粧品です。

オイリー肌対策としての効果★★★★★

セラミドの働きをサポートし、肌の機能を活性化させる15種のアミノ酸9種の植物エキス、20の薬理作用があるプラセンタ、肌を清潔に維持するナノ白金(プラチナ)を配合。ZIGENはその場限りではない、肌トラブルを根本から改善へ導く働きが期待できます。10代・20代のオイリーとは異なり、30代~40代以降の肌のギトギトは、乾燥(保湿成分不足)が原因です。保湿に特化したZIGENを使用することでその回復が期待できます。

肌荒れ・ニキビ対策としての効果★★★★★

消炎効果を持ち、実際の医療現場でも用いられるハマメリス水を配合。敏感肌用化粧品によく使用される成分であるため安全性にも優れています。植物エキス、アミノ酸、プラセンタ、セラミドにも抗炎症作用があります。

ZIGENを使用して肌に刺激を感じたことは私も今まで1度もありません。ZIGENは透明なジェル加工がなされているため、皮膚の代謝活動も阻害しません。なお同じジェルでも白濁としたジェル(シャンプーのようなもの)は、界面活性効果がより強い成分が含まれている証拠であり極めて肌に悪いため注意して下さい。

安全性を検証★★★★☆

ZIGENはオールインワン化粧品である以上、合成界面活性剤が使用されており毒性はあります。ただ使用されているラウロイル乳酸Naはセラミドの効果を安定させるために利用されるもので、セラミド配合化粧品には必ず含まれます。

もう一つの合成界面活性剤、ラウリン酸ポリグリセリル-10は食品にも使用され、肌の組織を破壊せず非常に安定性・安全性が高い乳化安定剤として知られています。

ZIGENのデメリットとしては「完全無添加」ではないことですが、完全無添加を望めばセラミド配合化粧品を得ることはできません(ラウロイル乳酸Naは必ず必要です)。安全性についてはほとんど心配することなく、ラウロイル乳酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10の配合量も1%以下。

ジェルが透明であることも、無駄な成分(香料や危険性が強い合成界面活性剤)が含まれていない証拠です。

香り・ニオイ★★★☆☆

ZIGENの唯一の欠点とも言えるかもしれません。成分配合としては無香料ですが、元から持つ成分独自のニオイはどうしても抑えられません。それを無臭化させるための香料を配合することもできますが、無駄なものは含ませず自然な形で作り上げています。逆に言うと、メンズコスメでありがちなスースーするアルコールの清涼感は皆無なのでおすすめです。

「香りで化粧品を楽しみたい」という方は物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、香料やアルコールによる危険性を考えなくていいため安全性は高いと評価できます。ZIGENの香りを表現するのは難しく、私はほとんど気になりませんが、言うなれば無機質なゴムに似た香りでしょうか。ただその香りも1分足らずで揮発し無くなり、使い続けるうちにその匂いすらも分からなくなります。香水のようにそれが周囲に影響を与えるものではありません。

ZIGENの総合評価★★★★★

ZIGENはとにかく保湿力が抜群です。肌がベタつかないのにモチモチという、化粧品としては理想的です。隠れ女性ユーザーが多いということも頷けました。どんな化粧品を使用しても肌が乾燥する方、午後になると肌がギトギトしてしまうオイリー肌の方など、特に肌質に左右されず使える化粧品ですが、そうした方には使用価値が高い化粧品であると言えます。

また辛口批評でお馴染みの雑貨雑誌「MONOQLO」2017年5月号・男性用美容品オールインワンジェル比較にて“別格”1位としてその総合力の高さが評価。

こちらは男性ファッション雑誌「smart」2017年7月号にて今最も売れている男性化粧品として紹介。

確かに私の実感においても、他の化粧品と比較して「比較にならない」というのが正直のところ。何を選べばいいのかわからない・失敗したくなくという方にはおすすめできます。

ZIGENオールインワンの購入前に見るべき注意点

ZIGENを実際に購入したときの内容をレビューしておこうと思います。
2014年12月にこの記事を執筆し、以降修正・加筆を繰り返していますが、変更点がいくつかあるので確認しておきましょう。

縦18cm×横20cm×高さ8cmの小ぶりの箱で佐川急便から配送されます。注文から2日で届きました。なおお届け日を指定すると一週間先からになってしまうため、最短を希望する場合、何も指定せずに注文しましょう。

ただ、品名に「メンズ化粧品」とあるのは小恥ずかしい感じもします。
(追記)2015年12月22日発送分より、表記が「メンズ化粧品」から「スキンケア商品」へ変更になりました。

女性の注文者が非常に多く、「メンズ化粧品」という表記に関する指摘が多く寄せられたことが理由のようです。女性からの評価は品質の高さに関する証明とも言えますね。

ZIGEN-r

今回注文したのは、フェイスジェル(左)、フェイスウォッシュ(右)のセットです。
これら本品の他に、挨拶文・使用マニュアル・購入明細が入っています。売り込みチラシ等は入っていないのは非常に好感が持てますね。

ちなみに、ZIGENは2015年12月に商品をリニューアルしています。

ZIGEN リニューアル

左が新ZIGEN、右が旧ZIGENです。
成分的な内容は一切変更はありませんが、先ほどの商品名の記載のように、細かな変化が常に加えられる、ユーザーの声が届きやすいということは、メーカーとして非常に重要なことだと感じます。

今回のリニューアル情報については以下の記事でまとめていますので、興味のある方は併せてお読みください。
→オールインワンZIGENがリニューアル!前ZIGENとの相違点を比較

ZIGENの保湿力「セラミド」を実感!驚異的な潤い持続時間

ZIGENを実際に使った時の率直な感想をまとめておきます。

つけた瞬間感じるのはその保湿力です。

zige01(塗布前)

zige02(塗布中)

ジェルが非常によく伸び細部にわたって塗り込むことが可能なため、利便性がいいです。また加齢臭やニオイの起こりやすい耳の裏や首筋、おでこの付け根などあらゆるポイントに塗ることができジェルタイプは個人的に好んでよく使います。

ZIGENには白金(プラチナ)といった消臭成分が入っているので、実は香料や毒性成分たっぷりのデオドラントクリームなんかよりよっぽど体臭対策になるんですよ。

zige03(塗布後)

そして、ジェルなのにまるで化粧水のような塗布感も評価できます。実はこれこそが、油分のベタつきによる偽りの保湿ではなく、セラミドなどの実力がある保湿成分の力の証明なのです。ジェルやクリーム、乳液はベタつきが気になるところですがそれが感じられません。

またZIGENの「ジェル」は乳液やクリームといった乳化製品と違って肌の代謝を損ねません。乳液やクリームは油分なので確かに「実感力」という点においては長けていますが、油膜を張り肌そのものの代謝活動を損ねてしまうため、実は「スキンケア」という側面において害の方が多いのです。

それに対してZIGENのジェルは、無駄なものを一切含まず適正な肌代謝をコントロールするため、使用していても肌の代謝活動を損ねることがありません。これは意外と知られていませんが、本当に化粧品を選ぶ上で重要なポイントです。ジェルの中でも「透明なジェル」はこうした働きを期待できます。

従って、いくら成分が優秀な化粧品があったとしても、化粧水のような液体タイプ、乳液・クリームのような油分ベースのローション、ジェルはジェルでも白濁としたジェルは効果以前に肌に与える影響が大きいと言われています。単純な目に見える効果や実感だけでなく、そうした形状による効果の違いも覚えておきましょう。

ZIGENの実感力

私は会社へ出勤する前、大体朝7時前後にZIGENでスキンケアを行いますが、その潤い効果を退社する18時頃までしっかり持続していると実感できます。それは季節にかかわらず通年です。

新宿のビル風が吹き荒れる都庁前を毎日歩いていますが、ZIGENを使用する前は、会社に着くといわゆる粉吹き男子でした。今ではその心配が無いので、本当にこの保湿力の強さを感じています。これが最強保湿成分セラミドの効果です。

セラミドは季節や環境は関係なく、湿度0%の砂漠状態であっても乾燥せず、氷点下であっても凍りません。またセラミドは唯一「科学的実証」のある美容成分です。肌質を問わず、皮膚トラブル全般に働きかけるため、化粧品選びに際しては今後「必ず」確認するようにしましょう。

ZIGEN成分

その他にも、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、15種のアミノ酸、保湿に関しては全化粧品の中でも随一と言えます。それでいてオイルフリーで肌がベタつかないので、使い心地は最高。夏であってもべたつかずにサッパリと自然な肌のモチモチ感を持続できます。

乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因です。特に私のような敏感肌・乾燥肌の方にとってはZIGENの潤い持続力が本当に救いになります。

ZIGENをさらに安く手に入れる方法

セラミドやプラセンタなど三大美容成分を含み、これでも十分コスパが高いZIGENですが、さらに安く手に入れるにはセット購入がおすすめです。1本だけの購入だと送料がかかってしまうため非常に痛い。また継続使用が最も効果を体験でき、長期的に見たときの肌の質はまるで違います。

kakakuhyo

ジェル&洗顔の3本セットだと4000円近く安くなるわけですから、2ヶ月半分お得ということになります。ただ最初からここまで勇気ある買い方ができる人はそうそういないでしょう。

セットというのはこういった大人買いのことではなく、公式ホームページにもある洗顔(フェイスウォッシュ)との同時購入が最も安く手に入る方法となります。

あらゆる美容関係の書籍で洗顔と基礎化粧品のメーカーを統一することの重要性が説かれていますが、特に男性化粧品は刺激性・毒性を伴う洗顔料が多いため、「あえて」ZIGENとは違う洗顔を選んでしまうと基礎化粧品の力を思うように発揮できないこともあります。またZIGENフェイスウォッシュにもセラミドが3種含まれています。洗顔料にセラミドが含まれているものは女性用を探しても私が見る限りではありません。

ZIGEN-f

Amazonや楽天では販売していません

ZIGENは公式ホームページ・公式通販のみでの取扱です。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどでの取扱いはありません。

Amazon.co.jp
Amazon.co.jp

しかし実際にはAmazonで売られていますね。これは何かというと、どうやら転売品のようです。これはZIGENの販売担当者に確認しましたので間違いありません。値段も4,790円と、公式の通販より1,000円以上高いので買う人はいないと思いますが、ZIGENは人気商品のため当初は頻繁に在庫切れになり、最大2ヶ月以上の入荷待ちということもありました。そうした人を狙って(1000円高くても買いたいという人を狙って)転売業者が売っているようです。

またメルカリなどでも定価以上で販売されていることがあります。確かにメルカリのポイントなどを利用すれば、多少高くても購入する方はいるかもしれませんが、化粧品というのは扱いとしては「ナマモノ」ですので、公式サイトあるいは公式の委託先以外で購入するというのは極めて危険です。

今現在は在庫切れが改善され、公式サイト以外の販売店は無いようなので絶対にここから購入しないようにしましょう。在庫切れ中にAmazonで買う場合は返品や交換、肌トラブルを起こしたときの問い合わせができないので、自己責任になります。

【参考】ZIGENをAmazonや楽天で買ってはいけません

ZIGENの売り切れ注意・・・

zaizige

繰り返しになりますが、男性化粧品としては珍しく、その品質の高さが多くのところで評価され、急激に人気を集めている商品であるため欠品が頻繁に起こります。

2017年現在、在庫は十分に回復し、今後も売り切れの心配は「ほぼ」無いようです。しかし雑誌やテレビなどで紹介され、また急激に人気が集まると、以前のように入荷後即売り切れになることは過去の販売実績から容易に判断できます。購入を考えている方は早めに注文することを推奨します。一度在庫切れになると10日~最大2ヶ月もの間予約期間になってしまうこともあるため注意してください。

>>ZIGENの購入・予約購入はこちら

総合評価~ZIGENはどんな人におすすめの男性化粧品?

最後に、ZIGENがどのような人に向いていて、どのような人は使うべきではないか、最終的な判断基準を解説します。

☆以下に当てはまる人は買ってはいけない
乾燥による湿疹・炎症を発症している
アトピー体質である
肌荒れ・ニキビが深刻である
完全無添加、オールインワン化粧品が好きではない

非常に多く質問を頂くのですが、ZIGENは「医薬品」ではありません。「保湿」に特化した化粧品を使うことはスキンケアにおいてとても重要なことではありますが、それによって「ニキビが治る」「シミが消える」「凸凹肌が改善する」ということはありません。多くのレビューサイトで「ZIGENを使ってニキビやシミが治りました!」と評価されていますが、まずあり得ません。これは他の化粧品でも言えることですから覚えておくとよいでしょう。基礎化粧品とは肌を清潔に・維持する・整えるものです。それ以上もそれ以下もありません。その点の誤解をされないようにして下さい。

☆以下に当てはまる人は「ZIGEN肌」
乾燥肌で何を使っても肌がカサカサしてしまう
朝はしっとりしていても午後になると肌がギトギト
油分ばかり、刺激性ばかりの男性化粧品にあきあきしている
大人になっても肌荒れやニキビがおさまらない
化粧水・乳液と何本も使うのは面倒、何を買えばいいか分からない

肌トラブルは乾燥や・保湿成分の減少によって引き起こされるものがほとんどで、年を重ねるほど症状が深刻化します。ZIGENのような保湿重視のスキンケアに切り替えることでそのトラブルは改善され、また目に見えて効果が現れます。

実際に私も繰り返される大人ニキビ・肌荒れの原因が分からずにいましたが、スキンケアを保湿重視のZIGENに切り替えたことで改善が早まりました。

もちろん先ほどもお話したように化粧品だけで肌が綺麗になることはありませんが、「アクネ用・ニキビ用」といった化粧品を使うより、「保湿」というシンプルなものに特化したZIGENはより肌トラブルの根本を捉えていると評価できました。個人差はありますが、数々のメンズコスメを見てきた経験からも費用対効果が高く非常に満足することができました。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。