【オモテオ】UVカットのオールインワンって意味無い気が…

今回レビューしたメンズコスメは【OMOTEO(オモテオ)プレミアムシンプルケアエッセンスUV】です。

簡単に解説すると日焼け止め機能を備えたオールインワン化粧品。つまり、化粧水+乳液+美容液+クリーム+日焼け止めの5機能を持つってことのようです。「日焼け止めオールインワン」はこれまでも色々と試してきましたが、期待する効果を感じられたものは多くありませんでした。ただ、百聞は一見にしかず、実際に取り寄せて・使って検証してみました。

omoteo007

オモテオってどんな化粧品?基本情報と効果

まず「コレだけ見れば」というオモテオの代表的な特徴を3つにまとめてみます。

 紫外線対策ができるオールインワン化粧品
オモテオ最大の特徴は「UV対策ができるオールインワン」ということです。つまり、日焼け対策とスキンケアを同時に行えるという点で利便性に富んでいます。といってもSPF12なので、日焼け止めとしての働きはそこまで強くありません。基礎化粧品と日焼け止めによるUVケアは分けるべきでしょう。ここをオールインにする必要はありません。

 医薬部外品で安全性に優れている
「医薬部外品=安全」というわけではありませんが、オールインワン+日焼け止めとあってどうしても毒性が高くなりがちな組み合わせです。そこをクリアしての医薬部外品指定化粧品なので、市販のドラッグストアで陳列されている化粧品に比べれば安全性が高いと評価できます。使っていて「痛い・沁みる」といった感覚もありませんでした。

 ハッキリ言ってどっち付かずの化粧品
「オールインワン」としても「日焼け止め」としてもイマイチパッとしないメンズコスメ。例えばこのオモテオには、オールインワン化粧品として必至である保湿成分が少ない。日焼け止めとしてもSPF12というUVカット指数で、使い道としては微妙。外出前・出勤前はいいですが、お風呂あがりで「後は寝るだけ」という時には日焼け止めを塗る人はいません。利便性が良いのか悪いのかハッキリしない化粧品で、自宅用は別に用意しなければいけません。

このOMOTEOを買って更に自宅用の化粧品を別に用意するんだったら、オールインワン化粧品+SPF20~30のしっかり守れる日焼け止めを買って対策をした方が楽だし経済的ではないかと感じます。

おまけに結構値段も高いですしね。

商品名 OMOTEO:プレミアムシンプルケアエッセンスUV
内容量 60ml(2ヶ月分)
医薬部外品
価格(税抜) 単品:4200円
定期:3780円(初回のみ:2100円)
※初回から解約できるため、実質半値でお試しできる
タイプ オールインワン+日焼け止め
総合評価

オモテオを購入した時のまとめ

omoteo001

一応、購入を考えている人のためにオモテオを注文した時のレポートをまとめておきます。
公式サイトから申し込みすると、初回半額2100円で購入することができます。

「定期コース」となっていますが、初回から解約が可能(「◯回以上継続」といったものがない)なので、Amazonなどで定価で買うよりこちらの方がお得だと思います。

omoteo002

注文から2日で届きました。品名がしっかり書かれ、ご丁寧に「初回半額」まで刻印していただきました。個人的にはいらないですかね。

omoteo003

omoteo005

omoteo007

男性用の化粧品としてはパッケージもカッコいいですし、60mlと軽量なので胸ポケットに入れられるくらいスマートです。

omoteo009

フタを外して手にした感じでもこれくらい。ちょっとした香水のようなサイズ感です。

omoteo010

そして手の平に出してみましたがびっくり…。サラサラの白い液体で、ガッツリ日焼け止めです。ニオイも女性用の日焼け止めのような感じで、結構残ります。これは自宅用としては使えないですね。「日焼け止め」はおまけ程度で、もっとオールインワン寄りのジェルっぽいのが出てくるのかと思ったんですが、日焼け止め寄りのオールインワンでした。

omoteo011

すごくミルキーです。実際の肌の馴染み方としては、浸透具合や実感力は良いと思います。SPF12と日焼け止めとしての効果が低い設定なので、白く粉浮きしたりすることが無く、適度な肌の潤いを感じます。紫外線吸収剤を使用しているため、安全性は欠けますが馴染みは良いです。

成分の毒性解析と実感力のギャップ

omoteo006

これがオモテオプレミアムシンプルケアエッセンスUVの全成分です。やはり、いくら医薬部外品の指定を受けているとは言っても、日焼け止め成分や合成ポリマーの配合が多く、日常用として積極的に使用するものという印象ではありません。利便性を求めた設計のため毒性成分の多さが目立ちました。しょうがないと言えばしょうがないですが。

http://bihada-mania.jp/
http://bihada-mania.jp/

色が付いているものが毒性判定がある成分です。冒頭のポイント3でも解説しましたが、オールインワン化粧品として必至の保湿成分が少なく、というか、ほぼ日焼け止めです。最近では「オールインワン」という定義があって無いようなものですからね。

塗布した感じでも、「基礎化粧品を肌に塗っている」という実感ではなく、「日焼け止めを塗っている」という感覚の方が強いです。ニオイがそれを凄く印象付けてくるので。

また実際に肌の保湿感というのはほとんど感じず、オモテオ自体の浸透度は高く白浮きもしませんが、「乾燥を防いでいる」「保湿している」という感覚は少ないです。

オモテオはどんな人におすすめの化粧品なのだろうか

http://omoteo.com
http://omoteo.com

「95.2%の方が満足!」とありますが、あくまで個人的な乾燥として、そこまで満足度が高くはありませんでした。ここまでじっくり読んでいただいた方ならオモテオがどういった化粧品なのか理解できたと思います。当サイトの結論として、このオモテオを一言で表現するなら

SPF12の日焼け止めです。

素直にそう感じました。まず基礎化粧品と日焼け止めってそもそもジャンルが違うものです。それを一緒にしちゃう、「スキンケア」として統合しちゃうって、正しいのでしょうか。寝る前に日焼け止めを付けて寝る人はいませんから、「就寝前は使用しないで下さい」など注意文が必要だと思います。ただでさえ男性のスキンケア知識が薄いのに、それに拍車をかけるように間違ったスキンケアをする人が増えてしまうと感じました。

この化粧品を手に取ろうかと考えている人は、「オールインワン化粧品」を前提に考えるのではなく、「日焼け止め」であることを前提に考え、それにおまけ程度の保湿の実感力があると理解すると良いと思います。ですから、そもそも「家ではスキンケアをしない!」「体外的なエチケット・マナーとして使う」というのならこの化粧品は最適です。

このオモテオを使ったところで肌が改善に導かれたり、ニキビや肌荒れを予防してくれたりということはまずありませんが、使用用途・使い道をはっきりさせ、「なぜこれを使うのか」考えてから購入を決断した方がいいですね。

メンズコスメ・男性化粧品のオールインワンのおすすめラインナップ

男性用日焼け止めのおすすめラインナップ