乾燥肌に効く飲み物を教えて!水分補給はやっぱり重要?

乾燥肌対策として、内側のケアもできることならやっていきたいですよね。最も手軽で最も重要な乾燥対策として「水分補給」があります。

多くの方が水分補給を軽視しがちですが、肌の水分量を上げるためには「水分補給」しかありません。

「化粧品」ではないのです。

人間の体は60~70%以上が水分で構成されており、内側から湧き上がる水分を糧に、肌の水分量・モチモチ感が感じられるように構成されています。化粧水のたった2~3滴で及ぶ量ではなく、基本的には経口摂取した水分で肌の乾燥を防ぐことを考えていきましょう。

乾燥肌対策におすすめの飲み物と飲んではいけない飲み物

水分補給は乾燥肌対策として非常に重要です。しかし、なんでもかんでも飲めばいいというわけではありません。

乾燥肌対策として毎日飲むべき飲み物

乾燥肌対策として毎日飲むべき飲み物は水(ミネラルウォーター)です。

普通の水でOKです。水素水などこだわる必要もありません。普通のミネラルウォーターを毎日飲みましょう。

人間の代謝活動上、成人男性は一日に3L以上の水分摂取が必要とされています。

水を飲む際の注意点

水を飲むポイントは「ゆっくり・こまめに飲むこと」です。一気にゴクゴクと口に運んでしまうと、腎臓で処理しきれず尿として排泄されてしまいます。体の浄化も兼ねた水分摂取ではありますが、「体に吸収させる」という気持ちを込めて飲んでいきましょう。3Lという水分を毎日意識的に摂取するのはとても大変です。従って、1日の中で計画的に飲み進めていくことが重要となります。

どうして化粧水では水分補給ができないの?

肌の水分量というのは、外部ではなく内部(経口摂取した飲み物)でしか補給することはできません。内から押し上げてくる水分と、皮膚の代謝活動の神秘でセラミドなどの角質層がつくり上げられるため、外部から水分を押し込んでも、それが皮膚の水分量を上げるものとはならないのです。

もともと化粧水というのは「水分補給」を目的にしたものではなく、「水溶性成分を補給」させる目的で使用するものです。水に溶けやすいビタミンC誘導体などを補給するために水分量が多い化粧水に多く配合されます。使用目的の誤解をしている人が多いため改めるようにしましょう。

乾燥肌を悪化させる飲み物

ここに挙げる飲み物は、飲んではいけないわけではありませんが「水分補給」を目的にして飲まないようにして下さい。

コーヒー

コーヒーを飲むと口の中が乾き、水が飲みたくなりますよね。更に利尿作用もあって、コーヒーというのは体の中の水分を奪う働きがあります。もちろん、それ以上の美容的な効果もあるため、「飲んではいけない」ということではありませんし、私も実際毎日2~3杯飲んでいます。

ただ、コーヒーの特性を知り、それに併せた水分補給を怠らないように気を付けてほしいということです。

ジュース

炭酸飲料や味の濃いジュースは、腎臓の濾過に非常に手間がかかるため、飲んだ水分がそのまま体に吸収されるわけではありません。添加物や糖分も多いため体には負荷がかかり、ニキビや肌荒れの原因にもなります。

水分補給としてジュースを選択するのは控えるようにしましょう。

酒・アルコール類

酒類・アルコール類も体の水分を奪う働きがあります。また胃腸を麻痺させる働きがあるため、暴飲暴食が止まらなくなります。「酒は百薬の長」と言われますが、それは適度な量による飲酒に限った話です。物事を都合の良いように解釈するのは止めましょう。

飲んでも構いませんが、水分補給としては適しません。