メンズコスメZIGENオールインワンを30代・40代男性が使っても大丈夫?

男性向けオールインワン化粧品ZIGENは、保湿力に特化したメンズコスメです。「保湿」と聞くと、30代・40代の男性は肌のベタつきを気にされてしまいますが、その点は心配しなくて大丈夫です。

肌のベタつきの正体は皮脂やタバコ、化粧品類の油分であり、油分と保湿力は全く別物です。また、乾燥肌が原因で肌がベタついているインナードライの症状かもしれません。そうした場合、必要なのは爽やかな化粧水でも、乳液の油分でもなく、「保湿力」なのです。

肌トラブルの多くは保湿成分、特にセラミド不足によって起こっています。30代・40代の肌の特徴と合わせて、ZIGENがどのように効果を発揮してくれるか解説していきます。

→乾燥肌30代管理人がZIGENオールインワンの詳細はこちら

30代・40代の男性の肌の特徴とZIGENの効果

ZIGEN-r

30代・40代は、活性酸素という体内の腐敗・酸化を進行させる成分の分泌量が増えてくる時期です。これまで問題なかったことが急に体に異常を与え始め、肌トラブルで言うと、シミ・シワ・乾燥・オイリー・大人ニキビ・肌荒れ・ほうれい線などが起こり始めます。

これを防ぐためには、活性酸素を生み出す食事・タバコ・酒などを制限したり、抗酸化作用のある食事やスキンケアを行うことが重要です。巷では「酵素ドリンク」などが異常なまでに流行していますが、活性酸素を除去する働きがある成分が酵素だからです。

従って、30代・40代というのはこれまでスキンケアをしてこなかった方や、食事やお酒との付き合い方を変えるいいタイミングなのです。

乾燥肌を防ぐ

活性酸素が増え始め、体や皮膚の酸化が進行すると乾燥肌を発症しやすくなります。

乾燥肌は、肌表面にある保湿膜が壊れてしまうことが原因で起こるのですが、この保湿膜が活性酸素や紫外線、過剰な洗顔など物理的な刺激によって壊されてしまうのです。

この保湿膜を補修しない限り乾燥によって起こる肌トラブル(オイリー・シミ・シワ・肌荒れ・ニキビ)を治すことができません。そしてこの保湿膜は、セラミドアミノ酸という保湿成分によって構成されています。従って、化粧品を選ぶ際、「乾燥対策」「オイリー対策」と書かれたパッケージや広告で選ぶのではなく、成分からそれを確認して化粧品を買うべきなのです。

ZIGENの効果

ZIGEN

ZIGENが優れていると言われている所以は、その成分です。先ほど説明した、乾燥やオイリー対策に必要なセラミドは3種類、アミノ酸は15種類配合しています。

その他、肌のベタつきの元となる油分は極力排除しているため、ジェルタイプのオールインワンでありながら化粧水のような浸透力を持っています。

ZIGEN成分

30~40代に働きかける豊富な有効成分の多さは非常に魅力的です。

アンチエイジング対策にもなる?

ZIGENにはアンチエイジング成分であるプラセンタも配合しています。ただ、アンチエイジングというのは症状が起こる前に、その予防として行うものであるため、その成分が配合されているからといって大きな期待はしないことです。

それよりも、保湿成分がしっかり配合されているものの方がアンチエイジング対策になります。肌のハリを構成しているのはヒアルロン酸やコラーゲン。ツヤを構成しているのはキメ細かい肌の繊維ですのでセラミドやアミノ酸などが配合されたZIGENはまさにダイレクトに効果を感じられるでしょう。

30代・40代でもZIGENは使いやすい

肌トラブルのほとんどが「保湿成分不足」によって起こります。ではなぜ保湿成分が不足してしまうかというと、保湿膜を私たちが壊してしまっているからです。

繰り返しになりますが、壊れる原因は、食事・酒・タバコ・紫外線・洗顔などの物理的刺激です。そしてこれは30代・40代から始まる活性酸素の増加の影響にもよります。

生活改善はもとより、スキンケアについても重要であり、その「不足分の補給」という面ではZIGENは特に30代・40代のニーズにマッチした成分が配合されていると評価できるのです。

→ZIGENオールインワンの詳細はこちら

→ZIGENオールインワンの体験レビューはこちら

2015年9月30日 メンズコスメZIGENオールインワンを30代・40代男性が使っても大丈夫? はコメントを受け付けていません。 ZIGEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。