ZIGENフェイスウォッシュの効果・口コミを検証!洗顔料の評価は?

隠れた名洗顔料「ZIGENフェイスウォッシュ」についてレビューしていこうと思います。

ZIGENフェイスウォッシュは基礎化粧品「ZIGENオールインワンフェイスジェル」と一緒に販売されている洗顔料です。

→ZIGENオールインワンフェイスジェルのまとめレポートはこちら

ZIGENフェイスウォッシュの特徴

ZIGEN-r

洗顔料を使う目的を再確認

当サイトでも何度も紹介していますが、洗顔の目的は「過酸化脂質を落とすこと」です。

過酸化脂質とは、顔面から分泌される皮脂が酸化してしまったもの。この過酸化脂質を放置すると肌荒れやニキビ、紫外線を浴びると色素沈着によるシミになります。

そしてこの過酸化脂質とは、実は洗顔料を使わなくても落とすことができ、水溶性汚れであることがわかっています。従って、「理論上は」洗顔料など不要なのです。しかし、私たちの肌に付着している汚れは、すべてが水溶性というわけではなく、ホコリや大気汚れ、土汚れなど、雑多な不溶性の汚れが付着し、水だけでは落とせないのが現実です。

だから洗顔料が必要になるのですが、その中でZIGENフェイスウォッシュは安全面・効果など、総合的に判断して品質が高いと言われているのです。

①安全性が高い洗顔料

ZIGENフェイスウォッシュは洗顔料の中でも、安全性が高い界面活性剤を使用し、毛穴の汚れをかき出す「スクラブ」にはこんにゃくマンナンを使用しています。

「スクラブ」と聞くと「肌を傷つけてしまうのではないか?」と不安に思われるかもしれませんが、それを予防するためにこんにゃくマンナンの粒子を使用し、同時に安全性の高い界面活性剤の洗浄効果で汚れを浮き出させているのです。

②セラミド配合の洗顔料

ZIGEN-f

洗顔料には必ず界面活性剤が使用されます。これは洗浄効果がある成分なので、食器洗い洗剤やボディソープなどにほぼ100%配合されています。

ただ界面活性剤には、汚れを落とす効果が強すぎて、肌表面の保湿膜まで破壊してしまう弊害があるのです。だから洗顔後は化粧水などを使って、肌の膜を形成するようなスキンケアを行うと思いますが、この保湿膜を構成しているのがセラミドアミノ酸なのです。

従って、セラミドを配合したZIGENフェイスウォッシュであれば、洗顔によって肌の保湿効果も実現でき、ZIGENオールインワンフェイスジェルを使用すれば、3種のセラミドと15種のアミノ酸を配合しているため、総合的なケアが可能になるのです。

ZIGENフェイスウォッシュの使い方

洗顔料は、正しい洗剤の量・正しい空気量・正しい水分量によって初めて効果が発揮されます。ZIGENフェイスウォッシュの場合は、小豆大程度の量を湿らせた洗顔ネットにくぐらせて、空気を含ませながらモミモミしてください。

洗顔ネットは、100円ショップで簡単に手に入るのでできれば購入したほうが良いです。空気量が足りないと洗顔料の濃度が濃くなってしまい、肌に負担がかかってしまいます。

小豆大の量でも泡は十分大きくなり、弾力が生まれます。
泡がきめ細かく、優しく肌に乗せるだけで汚れが浮き出て、さっぱりします。

ただ、フェイスウォッシュにいくらセラミドが配合されていると言っても、洗顔後の肌は少なからず保湿膜が傷ついた状況になるため、ZIGENオールインワンフェイスジェルなどセラミドが配合された基礎化粧品によるスキンケアが必須になることは覚えておきましょう。

>>ZIGENオールインワンフェイスジェルのレポートはこちら

>>ZIGENフェイスウォッシュのセット割引情報はこちら

2015年10月7日 ZIGENフェイスウォッシュの効果・口コミを検証!洗顔料の評価は? はコメントを受け付けていません。 ZIGEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。