ZIGENは保湿に欠かせない貴重成分セラミドを含んだ優秀なオールインワン化粧品

オールインワンメンズコスメZIGENには、最も保湿効果が高いと言われている貴重成分「セラミド」が含まれています。

専門家によっては「保湿成分=セラミド」と言い切っている方もいらっしゃるほど効果が高い成分です。

セラミドは非常に効力が高く、値段も張ります。一般的にオールインワンなどの化粧品にこういった貴重な成分が含まれていることは少ないのです。
みんながやっている、意外と知らない「間違った保湿」と、ZIGENに含まれる貴重保湿成分「セラミド」について解説します。

 ZIGENの総合レビュー記事を見る

「保湿」の誤解

「保湿」といって一般の方が思い浮かべるのが「乳液」です。
乳液の役目は?と聞くと、大体の方が

「化粧水や美容液の成分を油分でフタをする」

というように返答します。ここでの誤解は、「フタをする」という点と、“理解そのもの”です。

まず、乳液には保湿効果はありません。
乳液の役割は「油分の補給」です。保湿成分を含んでいることもありますが、そのほとんどが肌に浸透せず、油膜となって残るだけになります。

そして、「フタをする」という点については、乳液もその大半が水分ですのでフタをすることはできず、間をすり抜けて水分は蒸発してしまいます。

では乳液は何のために存在するのか?
実はほとんどの世代において乳液は不必要なものなのです。「油分の補給」とは謳っているものの、油分の恩恵自体がそれほど高くないというのが実情なのです。

全年代共通して必要なのは乳液による油分ではなく、美容液による「保湿成分」で、最も高い効果を実現するのがセラミドなのです。

正確にはセラミド以外にも、この効果を持った成分があるのですが、セラミドが郡を抜いてその力が絶大なのです。よって、保湿力の高い化粧品を選ぼうと思うのであれば、成分表示から「セラミド」を探してみるべきでしょう。しかし、セラミドはとても貴重な成分で、高価な化粧品にしか用いられていないのが実情です。ドラッグストアなどで仮に見つけたとしても、成分表示の最後の方に書かれているだけかもしれません(成分表示は含有量が多い順に記載されています)。

セラミドが使用されている化粧品はZIGENだけ

ZIGEN成分

セラミドは、肌の水分を外に逃がさないようにする効果があります、湿度0%でも乾燥せず、氷点下になっても凍りません。つまり、肌にセラミドが存在する限り、どんな状況下においても肌に潤いを与え続ける効果があるのです。乾燥肌の方にとってこれほど心強い成分はありません。

上記の画像中にマーカーを引いてあるのは、セラミドには劣るものの保湿成分としての効力を持った成分たちです。

これはZIGENの成分表です。

よく耳にするヒアルロン酸Naやコラーゲンも保湿成分の仲間です。しかし、これらが作用するのは真皮と言われる皮膚の部分ですが、粒子が大きく真皮にまで到達できないのです。実は保湿効果としては十分に感じることができないため、ヒアルロン酸やコラーゲンだけを含んで保湿効果を謳っているような化粧品には注意が必要です。

ZIGENを実際に使用して、まず驚くのがその保湿の持続時間でした。

ZIGEN

朝洗顔後にZIGENでケアをして、よる会社から帰っても、なお肌の潤いは継続していました。
あまりに潤いが続くので、テカリも気になるところですが、見た目上にテカリが残ることはまずありません。しっかり浸透し、表面はスッキリと乾き、内面で潤いを持続する感覚です。これこそがセラミドの効果なのです。

セラミドには抗炎症作用があると言われ、また肌機能を活性化させる15種ものアミノ酸類、美容成分で最も注目を浴びているプラセンタエキスなどを含み、乾燥肌のみならずオイリー肌、敏感肌、肌荒れの方なども使用することができます。

一般的にセラミドを含んだ化粧品を購入しようとすると、10,000円を超えるような化粧品ばかりです。ZIGENの場合は1本3990円。しかもオールインワンですから、逆に「大丈夫??」って思うかもしれません。

セラミドの保湿や化粧品の選び方についての解説でした。ZIGENのもっと詳しい体験レビューはこちらからどうぞ。

>>オールインワン・メンズコスメZIGENの口コミを検証

2015年3月12日 ZIGENは保湿に欠かせない貴重成分セラミドを含んだ優秀なオールインワン化粧品 はコメントを受け付けていません。 ZIGEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。