ZIGENで肌荒れ・ニキビが悪化?オールインワン化粧品の注意点

男性化粧品としても、オールインワン化粧品としても人気が高いZIGENは基礎化粧品としての安全性に優れているため肌が弱い方や、慢性的に肌荒れが起こる方にとって非常に使い易いものとなっています。

ただ、化粧品の本来の姿や、毒性に対する正しい理解を備えておかなければどんな化粧品でも肌が荒れたり、思わぬ肌トラブルを誘発することとなります。

また、ニキビ・肌荒れを治す方法でも解説していますが、化粧品は「医薬品」ではないためニキビや肌荒れを治すことはできません。このあたりのユーザーの誤解も存在するため、化粧品に対する考え方を整理する必要があります。

ZIGENの安全性と肌荒れ・ニキビに対する効果

ZIGEN-r

ZIGENを実際に使用した詳細なレポートについてはこちらをご覧ください。

まず、ZIGENであろうと、他のメンズコスメであろうと、ノンコメドジェニックであろうと、この世に「ニキビ・肌荒れを治す化粧品」というのは存在しません。

「治す」という表現を使用していいのは医薬品だけだからです。従って医薬部外品の化粧品も同様にニキビや肌荒れを治すことはできません。化粧品の広告をよく見ると「効果がある」とか「根元に届く」など、それを臭わす文句を謳っているだけであくまで予防を目的としたものなのです。

しかし、ZIGENや、他のアクネ用・ニキビ用を謳った化粧品は、効果がある有効成分や、ニキビ・肌荒れの症状を緩和する成分が含まれているため、初期のものであれば治る可能性があります。ただ、個人差やトラブルを無くすことも関係し、薬事法上「治る」という表現が禁止されているのです。

このように、いくら「安全」と言われている化粧品であっても、アレルギーのように人によって反応してしまう成分も存在することから、「絶対安全の化粧品など存在しない」という理解は必ず備えておいてください。

また、ニキビや肌荒れは嫌気性菌であるため空気・酸素から遮断されることを嫌います。従って“肌に何かを塗る”という行為そのものが症状を悪化させてしまうこともあります。

以下に、ZIGENのニキビ・肌荒れに対する有効成分と、化粧品としての毒性成分をまとめました。
なお、ZIGENの全配合成分を詳しく解説した記事はこちらになります。

 ZIGENに含まれているニキビ・肌荒れに対する有効成分

ハマメリス水、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸レチノール、アラントイン、アスコルビン酸、セージエキス、レモンエキス、オトギリソウエキス、ホップエキス、トウキンセンカエキス、フィトスフィンゴシン、プラセンタエキス、ピリドキシンHCL、セイヨウキズタエキス、トコフェロール

 ZIGENに含まれている毒性成分

ラウロイル乳酸Na、カルボマー、ラウリン酸ポリグリセリル-10、メントール、シメン-5-オール、セルロースガム

ZIGENzenseibun

オールインワン化粧品は肌に悪いのか

今ではあまりそのようなことが言われなくなりましたが、少し化粧品やスキンケアに対する知識がついてくると、急にオールインワン化粧品に対して毛嫌いされる方が増えてきます。

結論から言うと、オールインワン化粧品だから肌に悪いということはありません。

所々で触れてはいますが、肌に良い・悪いというのは個人によって反応する成分が異なるため一概にオールインワンが肌に悪いということはありません。オールインワン化粧品でも毒性成分を含まない安全性に秀でたものもたくさん販売されています。

また、大きな誤解としてあるのが、
オールインワン化粧品は化粧水・美容液・乳液・クリームすべてを配合しているというもの。

これの何が誤解なのかというと、「すべて配合している」という点です。
オールインワン化粧品は、化粧水・美容液・乳液・クリームという工程を踏まずに、1本でスキンケアができるという意味であって、すべてを配合しているわけではありません。

「オールインワン化粧品」という5つ目の基礎化粧品だと理解しておくといいでしょう。

また肌トラブルの多くは保湿成分の不足に伴って起こるものであるため、ZIGENのように保湿成分をたくさん配合したオールインワンが主流となっています。

肌に良いか悪いかという二択になれば、化粧品全てが「悪い」と言えます。むしろ化粧水・美容液・乳液・クリームと毎日せっせとスキンケアに励んでいる人ほど肌を傷付けている可能性もあります。肌に何かを塗るということは、そういうことを意味し、逆にオールインワンだけを1本シンプルに使っていく方が肌にとっては負担も少なく、不足成分を補うことが可能になります。

「オールインワンだから」といって選択肢から外してしまうのは非常にもったいないと言わざるを得ません。

結局、ZIGENは安全なの?

詳しくはZIGENの総合レビュー記事にどのような毒性成分が配合されているのか、使用経過などをまとめています。

結論から言うと、安全である可能性が高いです。

化粧品である以上断言することは難しいのですが、ニキビや肌荒れに対する有効成分や、使用されている界面活性剤も敏感肌用化粧品や食材に用いられるほど安全性に富んだものです。

ただ繰り返しになりますが、化粧品はあくまで「予防用」であって、それを治したりするものではありません。その点の理解や基準を自分の中で確立していれば間違った化粧品を選んだり、思わぬ肌トラブルを未然に予防することができるはずです。

 オールインワン男性化粧品のランキングを見る

2015年8月12日 ZIGENで肌荒れ・ニキビが悪化?オールインワン化粧品の注意点 はコメントを受け付けていません。 ZIGEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。