ZIGENの使い方とタイミングをマスターすれば効果抜群?

ZIGENに限らず、化粧品全般について言えることですが、正しく使われてこそ製品の効果がよく現れます。特にオールインワンの商品などは「季節や肌質によって使用量の調整ができない」というデメリットがあります。効果を最大限に発揮させ、忙しい毎日の中で一歩リードするZIGENの使用方法を解説します。

ZIGENはジェル状化粧品で摩擦にも強く保湿に最も効果があるセラミドを含んだオールインワン商品です。女性の3倍あるといわれる皮脂分泌量に合わせて開発された商品ですが、乾燥肌や敏感肌の方でも安全に使用できる成分が使用されています

ZIGENはいつ使用すると最も効果が高いのか

ZIGENを使用するタイミングは、「起床後」と「お風呂上がり」の2回です。必ずこれを守らないといけないわけではありませんし、たくさん使っていただいても構いません。しかし寝る前のケアは必ず行うようにしましょう。

 なぜ起床後のケアは重要なのか
よる寝ているときは非常に多くのホルモンが分泌されています。この間に肌の修復と再生が行われており、皮脂が分泌されています。また室内のホコリや枕に付いた汚れが寝返り等で付着し、意外にも肌は汚れているのです。また朝は肌がクリアになっているため、夜の疲れきった肌よりも負荷がかかりにくいというメリットがあります。

ZIGEN-r

 なぜお風呂上がりのケアが必要なのか
肌の水分は私たちが思っている以上に急速に乾燥します。お風呂上がりはしっとりスベスベに感じますが、それは洗顔料やボディウォッシュに油分がにわかに含まれているからです。本来、洗顔料は「保湿」を目的に作られたものではなく、「洗浄」が主目的の商品です。「洗顔料=保湿」という理解は一旦無くしましょう。

保湿を行うには「保湿成分」を含んだものから化粧品を選ばないと全く効果がありません。“保湿”を謳った商品でも保湿成分が含まれていないものが意外と多いため注意が必要です。その保湿成分は、「セラミド以外にない」という専門家もいらっしゃいます。ただセラミドは非常に高価なため、ヒアルロン酸もしくはコラーゲン、どれかが含まれているものであれば保湿効果は期待できると言えます。

ZIGENに含まれる保湿成分はその全てが配合されています。
セラミド1、セラミド3、セラミド6、ヒアルロン酸Na、必須アミノ酸(リシン・ロイシン・パリン・アルギニン・ヒスチジン)、加水分解コラーゲン、さらに今話題のプラセンタエキスも配合。保湿に関しては問題なく、乾燥対策としては非常に優れていると言えます。

 ZIGENの評価レビューはこちら

2015年3月21日 ZIGENの使い方とタイミングをマスターすれば効果抜群? はコメントを受け付けていません。 ZIGEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。