ビタミンCを摂ってもニキビや肌荒れが治らない理由

「抗酸化作用のあるビタミンCを摂ればニキビに効く!」

そんなことを聞いたことがある方は非常に多いと思います。しかし、ビタミンCを摂ればニキビが治るということではなく、総合的に私たちの体内でビタミンが欠乏しているためニキビや肌荒れが起きていると考えた方がいいでしょう。

洋食文化が急速に広まり、野菜を皮付きで食べたり、玄米や果物、顎を使う機会が減少しました。その代替として、脂っこい洋食やお菓子、肉、軟らかいものばかりを摂るようになりました。

単純にビタミンが欠乏していることもそうですが、食物繊維や発酵食品から得られる乳酸菌類なども欠乏しているというデータがあります。便秘に伴うニキビも最近ではよく聞かれます。一つの影響によってニキビが起こるということはなく、その対処法としても総合的な対策を取る必要があるのです。

ビタミンは「毎日摂取」が基本

ビタミンCなどの水溶性ビタミンは体の中で摂り溜めすることができず、毎日排出されてしまうため、基本的に毎日摂取する必要があります。

ビタミンCは体を酸化(腐敗)させる活性酸素を除去する力があります。活性酸素はニキビや肌荒れの元となる過酸化脂質を生成してしまうため、ニキビ用化粧品などには抗酸化作用の成分を配合している場合がほとんどです。

しかしビタミンCの特性上「今・この瞬間」体内で不足していなければそれが取り込まれることはありません。つまり、1日単位で基準量を摂取していても、それを摂取している時間帯がビタミンCが満ち足りている頃であれば意味が無いのです。ビタミンCは1日の中でもこまめに摂取することが重要です。

そして、ビタミンCが身体に十分に備わっていても、その他のビタミンBやビタミンEなどが不足していれば論外。肌荒れやニキビ対策のために「ビタミンCのみ」摂取すれば良いという単純なことではないのです。

ビタミンと皮膚

ここでは皮膚に働きかける主なビタミンを紹介します。

ビタミン 主成分
脂溶性ビタミン A レチノール
D エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
E トコフェロール
水溶性ビタミン B ナイアシン、リボフラビン(B2)、ピリドキシン(B6)
C アスコルビン酸

これらを総合的にバランス良く摂取していくことが重要です。

ビタミンC

ビタミンCはとても強い抗酸化力を持った代表的な抗酸化成分です。特徴としては、食事や錠剤として体に摂り入れなくても、化粧品のように体の外側から塗布することでも傷ついた細胞を再生させることができます。

また化粧品でなくとも、レモン汁を漬けたタオルで体や顔の皮膚をマッサージするだけでもビタミンCの抗酸化力が直接皮脂腺に作用し、殺菌・抗菌・肌の再生を行ってくれます。活性酸素や紫外線によって傷つけられた肌を修復し、また加齢臭なども予防することができます。もちろんこれはビタミンC誘導体が配合された化粧品においても同様です。

ビタミンE

食べ盛りの男性や肥満傾向にある男性の場合、皮脂の量が過剰であったり、汗が脂っぽいという方が多いと思いますが、このベタついた分泌物は放置していると肌の上で酸化してしまい、肌荒れやニキビを発症させてしまいます。

これを防ぐ働きがあるのがビタミンEです。ビタミンEは「若返りビタミン」と言われており、脂の酸化を防ぐ、強い抗酸化力があります。この力を高めるのがビタミンCであり、相互に摂取することでビタミンEの抗酸化力がさらに強くなります。ビタミンEは熱に弱いためできるだけ生の状態で摂取することがポイントです。

ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で生成できる

ビタミンの中でもビタミンDについては、食べ物や化粧品による摂取が難しいものだとされています。しかしそれを特別に摂取しようと思わなくても、身近なもので自然に身体に取り入れることができます。それが「紫外線」です。

むしろ、この紫外線に対して最近特に悪者扱いされているため、男女ともに「ビタミンD欠乏症」が起こっています。ビタミンDが欠乏すると骨が弱くなり骨粗しょう症リスクが急上昇します。UVケアは、しっかり浴びてしっかり守ることが基本であり、完全に太陽を遮断する生活をしていると、肌を守る以前に健康面で被害が出てしまいます。

【参考】日焼け止め/UVケア化粧品の選び方/日本人は紫外線を怖がりすぎ

ビタミンE、ビタミンCを多く含んだ食品

最近の研究では、皮膚毛細血管の酸化によって真皮に影響を与えていることが分かりました。皮膚毛細血管の酸化を予防・改善するためには、真皮に届かない化粧品を肌の上にベタベタ塗ってもあまり効果がありません。従って、化粧品よりも経口摂取による食べ物によるビタミン補給が肌には有効だと言われています。

ビタミンEを含む主な食品
  • 野菜類
    アスパラガス、アボカド、かぼちゃ、さつまいも、大根の葉、たけのこ、ニラ、ほうれん草、春菊
  • 魚介類
    うなぎ、カレイ、鮭、サバ、ししゃも、いくら、ブリ、ホタテ、マグロ
  • 果物
    キウイ、ブルーベリー、プルーン
  • その他
    玄米、胚芽米、アーモンド、ピーナッツ、コーン油、菜種油、ヒマワリ油
ビタミンCを含む主な食品
  • 野菜類
    パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草、シソ葉、サヤエンドウ、アサツキ、チンゲン菜、わけぎ、葉ネギ、ニラ、春菊、トマト
  • 果物
    アセロラ、イチゴ、キウイ、甘柿、ネーブル、レモン、オレンジ、夏みかん、グレープフルーツ、はっさく、みかん

以上のように、皮膚を美しく保つためには化粧品が得意とする領域と、食品が得意とする領域が存在します。ニキビや肌荒れについてもその特性や、肌の上・中で実際に起こっている状況を把握し、どれが最適なのか考えて実践するようにしましょう。

闇雲にビタミンを摂取してもそれが本当にビタミン不足で起こっているかもまた疑問。スキンケアそのものに問題があることもありますし、その他の食生活に問題があることも考えられます。

【参考】喫煙とビタミンCの関係~タバコを吸いながら肌荒れを改善する方法

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。