Tゾーンのテカリを抑える化粧品や洗顔方法を教えて

皮脂は必ず毛穴から分泌され、毛穴の大きさは人によって決まっています。そしてTゾーン(額と鼻を結んだ線)については特に毛穴が多く、逆に頰や目元は毛穴が少なくまた小さくなっています。

Tゾーンの毛穴対策として中心となってくるのは「洗顔」です。洗顔に”メリハリ”を持たせることで皮脂汚れを抑え、またニキビや肌荒れの予防となります。

洗顔後は肌の保湿をしっかり行い、肌が潤っていることを皮膚に知らせ、皮脂の過剰分泌を予防しましょう。「保湿」とは油分を与えることではないため、勘違いされることが多いのですが、肌の保湿はどんな肌質の方にも必要な共通のケアです。この2つを守ることでテカリを防止することができます

オイリー肌、混合肌向けの洗顔方法

洗顔の目的は「過酸化脂質を落とすこと」です。いくら肌がギトギトの方でも、過酸化脂質以外の必要な皮脂まで落とすと肌にとっては負担になってしまうため、この考えは忘れないようにしてください。

また過酸化脂質は水溶性の汚れであるため、特に優れた洗顔料を用いて洗顔しなければいけないわけではなく、水でも十分に汚れを落とすことができます。肌のテカリ・ヌメリで悩まれている方の多くは、強くこすり付けるように肌を洗ってしまうのですが、これが肌荒れやオイリーを促進させている原因なのです。

ただ、顔に付着しているのは過酸化脂質以外の大気の汚れ、土・砂汚れ、汗など様々なものがあります。全てが水で落ちるわけではないため「補助的に」洗顔料を用います。

その際も、洗顔料はしっかりと泡立て、Tゾーンに泡を「乗せて」いきます。その後、フェイスライン、頰、という順番で「乗せて」いきます。

ポイントは「乗せる」だけでいいということです。今の洗顔料は非常に強力です。食器洗い洗剤で、食器に泡を乗せた状態で滑らせるだけで油汚れが落ちるようなシーンが流れますが、あのイメージです。こすりつけると皮脂を奪いすぎてしまうため、却って肌が乾燥し、それに伴う皮脂の過剰分泌が起こります。

そして頰(ほっぺ)については、冒頭申し上げましたが、毛穴も小さくて皮脂汚れが少ないので、洗顔料は少量で構いません。頬にニキビが多い方のほとんどが「洗いすぎ」によるものです。

洗顔料を選ぶ際の注意点

しっかりと水ですすぎ、気になる汚れに対して洗顔料を用いて洗顔した場合でも肌のぬめりや、不快感を覚える場合、それは洗顔料に余分な油分となる成分が配合されていることが考えられます。

今は様々なタイプの洗顔料が出ていますが、今も昔も洗顔料の目的は「汚れを落とす」ことのみです。「保湿成分配合」「美容液配合」「シミ・くすみの美白効果あり」といったものは全て油分を含んだ洗顔料ですので、オイリーの方は選ぶ際に注意してください。

洗顔料はあまりこだわらず、ただあまりに安価であると成分の毒性も気になるため安全性を重視して、よりスタンダードのものから選ぶようにしましょう。

洗顔後の保湿対策

洗顔後に必ずやって欲しいことは「肌の保湿」です。

ここで勘違いして欲しくないことは、保湿とは乳液のようなべたついた油分を与えることではないということです。

保湿の目的は、肌内部の水分を離さないようにすることであり、それができるのは保湿成分です。この保湿成分を補給することが保湿ケアであって、上から油を塗るだけの乳液やクリームのケアは保湿とは言いません。

この保湿成分は年齢を重ねるごとに減少していき、あらゆる肌トラブルの原因になります。特に乾燥が原因で肌がギトギトしているインナードライ肌の方には、保湿成分が足りていない代表的な例であるため、保湿成分をしっかり含んだ化粧品を利用することが大切です、

まとめ

Tゾーンの皮脂分泌が多いというのは「普通」のことです。従って、特に変わったスキンケアを実践する必要はありません。

ここで紹介している洗顔方法や保湿対策についても、実はオイリーの方だけでなく、乾燥肌、混合肌、普通肌の方共通の方法です。

ただ、人より皮脂量が多いオイリーの方は、日中のこまめな皮脂の拭き取りを心がけてみてください。皮脂は分泌後数時間で過酸化脂質に変化し肌細胞を傷つけるため、あぶらとり紙やフェイスペーパーなどの簡単なケアも立派なスキンケアの一つです。

2015年6月13日 Tゾーンのテカリを抑える化粧品や洗顔方法を教えて はコメントを受け付けていません。 脂性肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。