基本の「き」!化粧品の全成分表示の見方・ルール

当時の薬事法(現・薬機法)の改正によって、化粧品には「全成分表示」が義務付けられるようになり、その化粧品に一体何が含まれているのか一覧で把握できるようになりました。

ここではその全成分表示の基本的な見方と規則性、化粧品メーカーがどうやって成分の記載の羅列を決定しているのか解説していきます。

成分表示3つのルール

ここで言う「化粧品」とは、基礎化粧品を始め、メイクアップ化粧品・日焼け止め・歯磨き粉・育毛剤・シャンプー・制汗剤など、薬機法に定める分類のものを指します。

ルール①:成分は配合量が多い順番に記載される

成分表示を見る上で大原則とも言えるもので、多くの方がご存知だと思います。

成分表示は配合量が多いものから記載され、徐々に少なくなっていく方式です。なお化粧品はその半分以上が水分で構成されているため、一番最初の成分表記は「水」となっているはずです。

※医薬部外品における「水」の表記は、これ以外に「精製水」「常水」とされることもあります。

ルール②:配合量が1%未満のものは順不同

配合量が1%以下の成分は、順不同で記載されます。成分表示はその化粧品のイメージを消費者に印象付けるものでもあるため、化粧品会社によって何を推していきたいのかこの1%以下の記載方法で見えてくるものもあります。というのも、ほとんどの成分が「1%以下」の配合なので実は成分表示というのは水以外の成分はバラバラに書かれていると思ってもらっても差し支えない面もあります。

特に植物エキスなどのエキス類、ヒアルロン酸・コラーゲンなどの水溶性保湿成分、品質維持剤(キレート材)、防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)は、1%以下の配合で十分にその効果が期待できるものとなっています。しかし、防腐剤などはイメージが悪いため多くの場合末尾近辺に記載し、目立たないように書かれていることが多いですよね。実際は植物エキスやヒアルロン酸などと同じ配合量なのです。

しかしそれが良い・悪いということではありません。それについて以下で解説しています。

その成分の配合量が多ければ効果が高いとは限らない

例えば、セラミドは化粧品の中で唯一科学的にその根拠が認められた保湿成分ですが、セラミドがたくさん入っていれば保湿効果がすごく高いかと言われれば、実はそうでもありません。

セラミドに関わらず、その成分が力を発揮するためには「適量」というものが存在し、安易に濃度にこだわった化粧品の選び方をしてしまうと、思った効果が得られないということもよくあります。例えば、私は調味料の中で山椒がとても好きなのですが、山椒をうなぎに山盛りにかけてしまったらどうなるでしょうか。むせてしまって食べることもできないでしょう。もちろん、濃度が薄ければ効果も期待できませんが、あくまで「適量」が化粧品には存在するということを覚えておいてください。またその適量の判断は「基材」がとても重要になります。

基材とは

基材とは、その成分を支えるための材料、つまりセラミドが1%の配合であれば、残り99%が基材です。99%の配合バランスがセラミドの効果を引き出す鍵となります。先程の山椒の例で言うと、基材は白米・うなぎ・タレなどをいいます。山椒だけではなく基材らがそれぞれ適量を守らないと全体のバランスが悪くなるのは理解できるでしょう。

成分の配合目的を分析する

例えば、エタノールやメントールなど、特に男性化粧品の場合は10%近く配合する化粧品が多く見受けられます。しかし、エタノールやメントールは、ただ単にスースーさせる・清涼感を持たせる、そんな清涼材目的で配合されるものだけではなく、成分同士を混ぜ合わせるための溶剤として含まれたり、植物エキスの抽出溶媒として使われるケースも多くあります。

ですから、エタノールなどの感触が嫌いな方で、成分表示を見たときにそれを見つけてすぐ敬遠するのではなく、それが何の目的で配合されているのか把握するようにすると視野が広がります。エタノールが1%以下の配合であれば、強い清涼感などは全くわかりません。またエタノールやメントールが1%以下の配合の際は、明らかに末尾近辺に記載し、それが清涼剤目的の配合ではないことが分かるようにしています。

はっきり言って濃度はわからない

セラミドが1%だ、基材があーだこーだと述べましたが、実際のところ化粧品の成分濃度を自分で知る・測るということは不可能です。というのも、化粧品は「全成分表示」の義務はあるものの、「成分濃度」の記載は義務付けられていないからです。これは化粧品が「医薬品」ではないことも理由の一つです。

ここは化粧品会社を信用するしかなく、自分の経験則によるパッチテストの判断や、当サイトのようなレビューサイトによって、肌に合う・合わないを考えるしかありません。

ルール③:香料・着色剤は末尾に記載

香料というのは、1種類のそれを配合しているのではなく、いくつもの成分を混ぜ合わせて作り上げたものが「香料」なのです。男性向けの化粧品で言うとPOLA社が発売しているマージェンスなどは、香料に全勢力をかけて製作にあたっています。配合としては全体の1%以下ではありますが、他の成分のようにそれ単体で安全危険効果があるないを判断できるものではないため末尾に記載しています。

【参考】香料入り化粧品は本当に危険なのか?

着色料(赤201・青1など)については、その配合量に関わらず末尾に記載することとなっています。色素は安全性のあるものしか配合できないもの(法定色素)となっていますが、あまりにもイメージが悪いため今ではほとんどの化粧品で使われることがなくなりました。私も安全だと分かっていても、色素が入っている化粧品というだけで使う気が失せてしまいます。

色素としての目的で配合されている成分の見極め方

着色料として知られているのは「赤201」「黄203」「青1」などといった、その成分の名前からもはっきりわかる色素成分だけではありません。

例えば酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、タルク、オウレンエキス、リボフラビン(ビタミンB2)、シアノコバラミン(ビタミンB12)など、美容成分としての働き以外に併せて着色剤としての効果を持つような成分で、明らかに「色素目的」の配合である場合には全成分表示の末尾に記載しなければいけません。

つまり、一見して着色剤が配合されていないような化粧品においても、以上のような着色効果も持っている成分が入っている場合はその目的が異なるということです。

成分表示が分かるようになると化粧品選びが楽しくなる

このように、化粧品の成分表示は意味があって記載・並列されており、その分析ができるようになると化粧品の本質も見えてきます。

しかし、記事中でも解説しましたが、化粧品は医薬品ではないため厳密な濃度というのは知り得ません。「1%以下」といっても、例えば今お手持ちの化粧品の100分の1はその成分で占められていると考えると、それが20も30も積み重なって・・・と考えると、なんだか1%も結構な配合量だと感じてきませんか?

ただ、無意味に・雑多に成分を配合するということはありませんし、少なくとも日本で売られている化粧品であれば一定の安全基準は得られますが、肌というのは何に反応し、皮膚トラブルに発展するのかわかりません。そういったときにもこうした最低限の知識を押さえておくというのは重要であると思います。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。