アクティブエイジバーム乳液の評価・口コミを実際に使ってレビュー

男性用化粧品ブランド「ニベアメン/NIVEA MEN」から発売されているアクティブエイジバーム(乳液)についてレビューしていきます。

ニベアが推奨しているのは、エイジングケアをお考えの方に向けられています。

ニベアメンアクティブエイジバーム

→アクティブエイジバームの全成分・毒性判定結果はこちら

アクティブエイジバームの効果

アクティブエイジバームに記載されている効果は、

シミ・そばかす予防
ハリを与え、小じわを目立たなくする

以上の2つになりますが、その効果を実際に使った結果からレビューしていきます。

シミ・そばかすへの効果

シミへの効果がある酸化防止成分L-アスコルビン酸2-グルコシド酢酸DL-α-トコフェロールが含まれています。

ニベアアクティブエイジバーム全成分

ただ、実際に使用した感覚から言うと、シミへの効果というのはよく分かりません。

というのも、シミへの効果を謳った化粧品というのは、実際にシミを消す効果を言っているのではなく、シミが出る前に使用すると予防効果があることを言っているからです。

ただ、初期のシミであれば化粧品でも消すことができますが、アクティブエイジバームでは難しいでしょう。またそばかすについてはかなり難しい、というかほぼ無理です。そばかすはシミの一種ではあるものの、その人個人の肌色となっているので、それを消すということはかなり強い薬品か、あるいはレーザー治療が必要になります。

アクティブエイジバームによってシミやそばかすが消えるのか??と期待を持っていた方は購入に際して注意が必要です。本当に予防として使いたい場合も、シミ対策の化粧品類と比べると品質は劣る印象があります。

→今のメンズ美白化粧品ランキングはこちら

ハリ・小じわへの効果

これも先ほどのシミと同じことが言えますが、シワというのは出来上がってしまってから化粧品で改善することはほぼ無理なんです。

ただ、初期のシワであればその見込みがあります。それがここで言う「小じわ」に該当するのではと思いますが、「初期」というのは目で確認できるようになるの状態のシワを指していますので、基本的にこちらも「予防用」としてお考えいただくと購入後のギャップが少なくなるのではと思います。

ユビデカレノン(コエンザイムQ10)やヒアルロン酸がそういったものに効果があると、商品には記載がありますが、正直言うと苦しいです。これらがハリを取り戻す効果があるというのはかなり間接的な話で、それならばもっとセラミドやアミノ酸類を豊富に含んだ保湿特化型の化粧品を選んだ方が効果は間違いなくあります。

アクティブエイジバームに限った話ではありませんが、アンチエイジング化粧品というのは選ぶのが本当に難しく、ほとんどが予防用であることは覚えて老おいてください。

使用上の注意

ニベアメンアクティブエイジバーム

散々と商品のマイナス面ばかりお話してしまいましたが、乳液としての使用感は特別悪くありません。

乳液なのにべたつかず爽快感すら感じられます。見た目では真っ白で非常に粘性がありそうに思えますが、肌に塗布して数秒馴染ませればほとんどそのベタつきが無くなりますので安心して下さい。

ただこの使用感の高さは薬品の力によるところもあり、化粧品全体の毒性は高めの印象です(全成分・毒性はこちら)。私も肌が弱い方ですが、一応これは大丈夫でした。敏感肌の方は注意が必要ですが、医薬部外品の指定があり、乳液として品質は悪くないので参考にしてみてください。

総合評価

最後に、どういった方がこのアクティブエイジバームの使用に向いているかまとめて終わります。

 シミ予防が可能なべた付かない乳液をお探しの方
何度も繰り返しになりますが、アクティブエイジバームを使ってもシワ・シミ・そばかすが消える可能性は限りなく低いです。ただ、乳液としてはべた付きが少なく使用感は悪くないので、単純にそういった商品を探していた方には使う価値がありそうです。そのおまけとして、シミの予防になっていると考えて気楽に使うのが良いかもしれません。

2015年10月9日 アクティブエイジバーム乳液の評価・口コミを実際に使ってレビュー はコメントを受け付けていません。 ニベアフォーメン/NIVEA FOR MEN

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。