男性のニキビ跡を治す・消すための方法とおすすめの化粧水

ニキビ跡はどうやったら治るんですか?
ニキビ跡が消えるおすすめの男性化粧品を教えてください。

そんな質問を頂くことが多いです。しかし残念ながら化粧品でニキビ跡は消えません。「ニキビ跡が治る・消える」と断言している化粧品や医師も確かにいますが、どの段階のものを「ニキビ跡」と言っているのか不明であり、表現をうやむやにしているようにも見えます。

ここではあなたのニキビ跡、特に男性の固くなって皮膚に同化してしまったようなニキビ跡に関して、具体的な治療方法と手段をまとめていきます。

誤解が多い!男性のニキビ跡の正体

nikibiato

「ニキビ跡」とは、ニキビをむりやり潰したり、処置方法を誤ってしまいできる症状です。ニキビは皮膚の硬化によって皮脂がうまく排出されず、毛穴の中で膨張することで起こります。

ニキビはバイ菌の塊なので、皮膚内に滞っている時間が長ければ長いほど、皮膚に異常を与えます。女性であればファンデーションで隠してしまったり、化粧品をベタベタ塗り込むことによって「無かったこと」にし、見て見ぬフリをします。そのツケが「ニキビ跡」となってあなたの皮膚で残り続けます。

皮膚の硬化はそのままなので、皮膚の代謝がうまく行われず見た目がボコボコしたり、赤みを帯びているように見えるのです。

ニキビ跡=クレーターではない

nikibiato2

冒頭で「どの段階のものをニキビ跡と言っているのか~」という話をしましたが、ニキビ跡には段階があります。結論を言うと、「地力で治せるニキビ跡」は上の画像における左から1枚目と2枚目のニキビ跡です。

3枚目のニキビ跡=クレーターは、どんな化粧品を使っても治りません。これはニキビを潰したり、化粧品の毒性を持った成分や皮脂が酸化して皮膚を溶かしたことによるものです。もしクレーターの段階で化粧品を使ってニキビ跡が治ったという場合、それは勘違いです。クレーター、皮膚に凹凸ができてしまった肌というのは、火傷のように再生機能を失った肌になります。

従って、余程強い細胞分裂・成長期における再生能力を持っていないとできません。クレーター状態のニキビ跡は何をしても無駄なので、どうしても治したい場合、美容外科に行くためのお金を貯めましょう。ニキビケア・ニキビ跡対策の化粧品がたくさんありますが、それに脇目も振らずにお金を貯めるのが最も有効な策です。

ニキビ跡を安全・簡単に治す・消すための方法

nikibiato3

「ニキビ跡」というのは症状です。つまり既成事実。ですから、「予防」を目的とする化粧品でそれを治すということはできないのです。

治ったとすればそれは、かなり初期段階における症状だったというだけです。一応化粧品も「薬」の分類なので、多少なりとも薬用効果はありますが、薬事法により一部を除き「効果」を全面に押し出して売ることはできません。化粧品や市販薬でニキビ跡を治そうと思っている方は、かえってそのニキビ跡を悪化させてしまうことになるので注意して下さい。

美容外科や皮膚科での治療

美容外科や美容皮膚科による専門治療でニキビ跡を治すことができます。むしろ「治療・完治」を目的にした場合は、ここでしか治せません。

しかし美容外科や美容皮膚科でもってしても、瞬時に肌をきれいにするということは無理です。結局ここで行うことは、皮膚の代謝を促進し肌を生まれ変わらせることです。皮膚を剥ぎ取って新しい皮膚を取り付ける整形外科手術ではないので、時間がかかります。

保険治療は可能?

保険治療はできるところとできないところがあります。またニキビ跡については最新医学をもってしてもその主たる原因や、「コレ」といった治療法が存在しないと言われています。患者によっても症状が千差万別で、時間の経過とともに形状も変化するためカウンセリングは必須。料金についても個人によって異なるそうです。

ニキビ跡で有名な芸能人と言ったらブラックマヨネーズの吉田さんですが、あの方も治療できるならとっくのとうにやってるはずです。それをしないのは個人のキャラクターもあるようですが、やはり症状がかなり進んでいるため治療そのものが難しいということも言えます。

美容エステによるビタミンCイオン導入

ieon2

ieon0

メンズTBCやダンディハウスなど、男性用の美容エステでもニキビ跡のフェイシャルエステが可能です。

個人的な体験談やエステの内容は別でまとめています。
→メンズエステで得られる効果(ニキビ・シワ)の比較と化粧品のケアとの違い

このフェイシャルエステによるビタミンCイオン導入で、肌のハリを取り戻させ、赤ちゃんのようなタマゴ肌を実現させることも可能です。しかし、美容外科や美容皮膚科よりも時間がかかり、保険適用もありません。お金もこちらの方が高く付くでしょう。

ただ、ビタミンCのイオン導入は特別な機械が無ければ行えず、美容外科で導入しているクリニックは非常に少ないのが現状です。今の皮膚科学としては、「ビタミンCイオン導入だけは効果を否定できない」と、あらゆる医師が明言しています。逆の言い方をすると、化粧品については否定できるということですが、これは毒性であったり、肌の弱い人に関する話です。今あるニキビ跡の治療目的というより、治療後のステップアップとしてビタミンCイオン導入のフェイシャルエステはおすすめです。

ビタミンCは経口摂取だけでなく、単純にレモンを絞って肌に塗るだけでも美容効果があると言われるほど、実感度が高い成分です。それを専用の機械で肌の真皮にまで届け、内側から肌の弾力を取り戻させる仕組みになっています。

初期のニキビ跡や赤みであれば市販薬で治せる場合も

oronain

例えばオロナイン軟膏は、外傷であるニキビ跡に多少なりとも効果があります。凸凹のクレーター状態になってしまうと難しいですが、初期の「赤み」「色素沈着」の段階、固くシコリのようになって間もないものであれば治る見込みがあります。

nikibiato4

「軟膏」というのは、簡単に言うと「皮膚を溶かす」薬です。炎症を伴う皮膚の内部に薬を届けるためには、「ドア」となっている外側の皮膚をこじ開けなければいけません。その力があるのが軟膏です。同様の効果を持つ成分に界面活性剤などがあります。従って、肌には悪いのですが、それ以上に内部の炎症を沈める必要がある場合に使用します。

薬は「必ず」副作用を伴う成分ですから、効果と代償を必ず理解しましょう。またオロナイン軟膏であっても、化粧品以上に効果の高い「第二類医薬品」ですから本来は医師や薬剤師に処方してもらい使うべきです。

ニキビ跡を放っておいたらどうなる?自然に消える?

「ニキビ」を治す方法は、皮膚科に行くか、そのまま放置するかしかありません。従って、ニキビ跡についても、皮膚科に行くか、そのまま放置する・・・というわけではないのです

ニキビ跡については放置したところで何のメリットもありません。むしろ、クレーターの状態になる前に最善を尽くし、症状を少しでも緩和させましょう。一番は皮膚科に行ってさっさと治してもらうことです。

また、シミや色素沈着の状態で止まってしまうニキビ跡もあります。

nikibiato5

赤いほくろのようなものがそのニキビ跡です。痛くも痒くもありませんが、何も対策をしなければ未来永劫そのままです。ちなみにこれは私です。中学1年生~大学あたりまでずっとこの赤いニキビ跡がありました。友達や彼女からは「そのニキビずっと治らないね」と言われていましたが、ニキビではないんです。触っても痛くありませんし、潰れませんし。

皮膚そのものに害はありませんが、やはり見た目が悪く「大の大人がニキビできてるよ」と勘違いされるのも嫌だったのでレーザーで除去しました。

待っていれば消えると思ったら大間違いですし、年単位で時間が立ってしまったものはいくら薬を塗り込んでも消えません。

ニキビ跡を「隠す」方法はたくさん!お金もかからない

ここからはニキビ跡を「隠す」方法についてまとめます。まず大切なことをお話すると、「隠す」ということはニキビ跡を深刻にさせる可能性も秘めているということです。

隠すことによる弊害をしっかり理解して下さい。その場限りの対策ははっきり言って簡単ですし、お金も対してかかりません。しかし、1年後、2年後と、一生消えないニキビ跡が出来上がってしまいます。

隠す手段は化粧品を用いていくわけですが、これらは基本的に「塗料」つまり「絵の具」です。顔に絵の具を塗って、ニキビ跡による色素沈着や凹凸を目立たなくしていきます。大量の毒性成分や、塗料なので油分が含まれ、それを調合するために必ず界面活性剤が使用されます。

最近では界面活性剤を使用して横浜大口病院で殺人事件がありましたね。

ANN NEWS

ANN NEWS

これは点滴液に界面活性剤を含ませ、体内に混入させた事件です。化粧品に含まれるような界面活性剤は口に入れても死に至るような問題はありませんが、ニキビ跡を隠すために用いられるメイクアップ化粧品の界面活性剤は基礎化粧品のそれより毒性や濃度も濃いです。肌に塗ることによる害も大きく、メイクを落とせばニキビ跡がより深刻になったり、塗布部周囲の肌荒れに見舞われる機会も多くなります。

コンシーラー、BBクリーム、ファンデーション

コンシーラーで隠す

amazon.co.jp

amazon.co.jp

メンズアクネバリア薬用コンシーラー

コンシーラーは色々なタイプがありますが、男性の場合はこうしたスティックタイプのコンシーラーが使いやすいと思います。ニキビ跡だけでなく、ニキビそのものをピンポイントで肌の色と馴染ませることができます。

BBクリーム、CCクリームで隠す

amazon.co.jp/

amazon.co.jp

ベジボーイBBクリーム 使ってみた①

男性向けのBBクリームは「ベジボーイ」が有名です。BBクリームは肌と同じ色のクリームで、肌に馴染ませて色を均一化させるために使います。近年、CCクリームというのが韓国から流れてきましたがこちらも基本的に同じです。CCクリームの方がもっと肌の明るみに近く、馴染みやすい特徴があります。マット感が強く茶系に近いのがBBクリームです。

ファンデーションで隠す

amazon.co.jp

amazon.co.jp

fande2

ファンデーションは写真のようなパウダータイプのものからリキッドタイプ(液体)まで色々とあります。パウダーの方が自然な仕上がりになり、最後の仕上げ感覚で使うことが多いです。BBクリームのみになると、「何かを塗っている」という違和感が強くなるため、色ムラを整えるためにファンデーションを使います。

しつこいようですが、ここにまとめた「隠す」ためのアイテムは全て肌に悪いものです。しかしそれ以上に社会的なマナー、人に顔を合わせる上で致し方ないと感じている方は使って下さい。女性はそのあたりに敏感ですが、男性は「化粧品」と「基礎化粧品」を同等のものと勘違いしているケースが多いので、最後にまとめさせていただきました。

ニキビ跡ができないよう予防するための方法

ここまでは「ニキビ跡ができてしまった人」に対する具体的対策と原因でした。ここからは、ニキビ跡を治療できた人や、しつこくニキビ跡を繰り返してしまう人への今後の対策をまとめていこうと思います。

nikibi

これは高須クリニックの院長・高須克弥氏のツイートです。高須先生がおっしゃっているように、ニキビは男性ホルモンが大きく影響しています。もし今、中学生~20歳前後の年齢であれば、より正しいニキビケアが求められます。ニキビができてしまうのはしょうがないこと、大事なのはその後のケアです。ケアをマスターすればニキビ跡にも悩むことがなくなります。

男性ホルモンが活発な時期は皮脂腺も活発なので当然ニキビができやすくなります。また、「ストレス」を溜め込むと、男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂腺への働きも強くなると科学的に証明されています。

思春期ニキビは生理的・成長過程における男性ホルモンの増大大人ニキビは生活環境や仕事環境における社会的な男性ホルモンの増大が原因です。どちらにしても「男性ホルモン」というのは大きなキーワードになることを覚えておきましょう。

市販薬、漢方薬

ニキビ「予防」のため市販薬は基礎化粧品になります。先程紹介したオロナインなどは第二類医薬品なので、あまり予防を目的として使うことはありません。繰り返しになりますが、オロナインなどの軟膏は皮膚を溶かし、溶かした先に薬品を届ける働きがあります。つまり、健康状態の肌を溶かし、健康な皮膚に予防として薬品を届けるというのは、まったくもって無意味。

漢方薬なども理解としては同様。本来薬剤師などから処方されるものを予防として自己判断で購入するのは控えた方がいいです。

化粧水、美容液、乳液、クリーム

ニキビ予防のために基礎化粧品を使うことは極めて重要です。しかし、選び方や目的を間違えるとかえってニキビができやすくなったり、肌のキメが荒くなることもあります。ニキビケアにおいては以下の基準で化粧品を選んでみましょう。

・保湿成分重視(セラミドなど)
・最低1000円以上の化粧品
・アルコール系の化粧品はNG
・「ニキビ用」である必要はない
・イメージ(CMや芸能人)で購入しない
・乳液、クリームは使わない
・皮脂吸収剤が配合されたものは使わない

この基準で選んだ化粧品は別の記事でまとめています。本章とは少し論点がズレ長くなるのでそちらを御覧ください。
→【保存版】これが本当の男ニキビケア化粧品ランキング

おさらいになりますが、ニキビは毛穴周りの皮膚が硬くなってしまうことで皮脂詰まりを起こし、発症します。つまり、ニキビは毛穴にしかできません。そして、ニキビを予防するために必要なのは、異常な量のアルコールや殺菌剤、爽快感ではなく、皮膚を正常な状態にして毛穴詰まり=角質肥厚を防ぐ保湿成分や、より自然なスキンケアを重視することにあるのです。

ここを誤って、500円以下の使っても使わなくても変わらない水のような化粧品や、油分ばかりで保湿成分が皆無の化粧品を使い続けてしまうと、化粧品が原因でニキビができやすくなってしまうこともあるのです。

洗顔、洗顔料

ニキビ予防として洗顔は大事です。しかし「洗顔料が大事」とは誰も言っていません。はっきり言って洗顔料はニキビ予防において全く不要です。それを証拠に私は洗顔料を使わない生活になって、ニキビの量が明らかに減りました。

これはつまり洗顔料や洗顔料の誤った使い方によってニキビができやすくなっているということになります。実際、洗顔に力を入れたところで、顔から分泌される皮脂や汗、その他の老廃物は水溶性です。これは他の記事でも何度も解説していますが、水溶性(水に溶ける)の成分をわざわざ薬品である洗顔料を顔に塗布して洗う必要は無いということです。

洗顔料は非常に強力な「洗剤」。洗浄剤となる界面活性剤や泡立ち剤が含まれ、分類としては食器洗い洗剤と何も変わらないわけです。それを、水で落ちる汚れを落とすために顔に塗布するのですから、当然「必要以上の」皮脂や皮膚そのものが剥がれ落ち、極度に乾燥したりヒリヒリ赤みがかったように見えることもあると思います。

詳しいことや、それでも洗顔料を使ってケアしたいという方は次の記事を参考にして下さい。
→間違いだらけの男の洗顔!洗顔料に「洗浄力」は不要

パック

pack2

パックはニキビ予防に効果的です。化粧品には中々配合できない成分や、ビタミンC誘導体などを豊富に含んでいます。実際にフェイシャルエステでもビタミンCを含んだパックを貼って、イオン導入などを行っていきます。専門の機械を使ったものと比べるとどうしても効果は低いですが、基礎化粧品よりも効果の実感度は高いです。

写真の「歌舞伎パック」も一時期とても流行りましたよね。ですがこれは意外と成分に気が使われていて、デザイン以上に品質が評価されているんです。これだったら男性でも使ってみようかと思うきっかけになりますね。

ビタミンCの補給

ニキビ予防においてビタミンCの補給(内外含め)は本当に重要です。この記事でも何度も「ビタミンC」というワードが登場したと思います。

ビタミンCはニキビの元となっている皮脂の酸化や、体全体の腐敗を防ぐ抗酸化作用を持った数少ない成分です。また肌の内部に存在するコラーゲンの生成をサポートし、内側から肌のハリ・弾力を整えます。

ビタミンCの良いところは、食べてよし・塗ってよし、という内外からのアプローチができる点です。そして塗ってすぐに効果が現れ、肌の酸化を止めてくれます。極端なことを言えば、レモンを絞ったタオルで顔を拭くだけでもニキビ予防になります。

ニキビ予防を考える上で「ビタミンC」「抗酸化作用」というワードは忘れないようにしましょう。また化粧品の成分には「ビタミンC誘導体」という表記になります。これは「ビタミンC」という状態のまま化粧品に配合すると成分として壊れてしまうため、誘導体化させ、安定的に成分を届けるためにした成分です。従って、ビタミンC誘導体だからといって効果が低い・感じられないということはありません。

タバコはやめた方がいい

ニキビを予防するためにはタバコをやめた方がいいです。私も吸っているのでなんとも言えないのですが、タバコが肌に悪いと言われている理由は、タバコの有害物質の分解にビタミンCが使用されるからなんです。

言い換えれば、タバコを吸う代わりにビタミンCを過剰に摂取すれば問題ないという話にもなります。加えてビタミンCは過剰摂取による健康被害はほぼないと厚生労働省が発表しているので、私みたいに辞められずに肌もきれいになりたいという人はビタミンCをじゃんじゃん摂取すればいいわけです。

3.耐用上限量
健常人がビタミンCを過剰摂取しても消化管からの吸収率が低下し、尿中排泄量が増加することから、ビタミンCは広い摂取範囲で安全と考えられている。(中略)

4.喫煙者への注意事項
喫煙者は非喫煙者よりもビタミンCの必要性が高く(中略)、該当者は禁煙が基本的な対応であることを認識したうえで、同年代の推奨量以上にビタミンCを摂取することが推奨される。

厚生労働省「ビタミンC」

私自身が吸っているので「やめるべきです」とは言えません。また「タバコ」という、肌が汚い・ニキビができやすいという結果は、数百ある原因のうちの一つに過ぎません。タバコをやめれば肌が綺麗になる・ニキビができなくなる、といった単純なことではありません。

【まとめ】ニキビ跡を早く治すための方法は一つだけ

hihuka

ニキビ跡は治ります。しかし市販の化粧品では治りません。市販の「ニキビ用」「ニキビ跡用」というのは全て「予防」を目的としたもので、まさに消費者の「勘違い」を狙ったマーケティングになっています。

おさらいになりますが、ニキビ跡には段階があり、その段階を自己判断してはいけません。「初期症状っぽいから市販の薬で治るかな?」「とりあえずこの化粧品試してみよう」…今までこういった感じで間違ったケアをしてきたかと思いますが、少しでもおかしいと思った時点で病院に行くべきなんです。

むしろ「ニキビ」ができた瞬間に皮膚科に行って正しく潰すなり、薬をもらって治すべきです。そうすれば「ニキビ跡で悩む」という生活から逃れられます。クレーター状態まで放置してしまったニキビ跡はどうあがいても治りませんし、時間が解決してくれる問題でもありません。美容外科手術、レーザー治療、あるいは整形した方が安く済む場合もあります。

色々な情報が錯綜し、サイトごと、医師ごとに言っていることが違うかもしれませんが、それはニキビが最新医学でもってしても真の原因について分かっていないからなのです。ただ、一つだけ「真実」なのは、ニキビ跡を治す方法は「皮膚科に行くこと」ということです。ネットの情報や化粧品に頼らず、さっさと病院に行って下さい。

治ったら、「予防として」化粧品を使いましょう。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。