【無印良品】敏感肌用乳液・さっぱりタイプの口コミ・評価・成分

無印化粧品 敏感肌用乳液・さっぱり

肌質別診断

【普通肌】
【乾燥肌】
【脂性肌】
【混合肌】
【敏感肌】

実際に使用した評価

敏感肌用乳液・さっぱり

見た目はドロッとしていますが、乳液の中でもかなりあっさりした印象を持ちます。べたつかず、肌もテカりにくいと思います。無印の「敏感肌用」シリーズからは、このさっぱりタイプと、薬用美白・しっとり・高保湿と計4種類がありますが、質感や使用感はほとんど同じ。

ただ配合成分がまったく違うのでよく見ておくようにしてください。
特にこのさっぱりタイプは、毒性がかなり強め。なぜ「敏感肌用」というネーミングなのかわからないくらい合成化学成分が含まれています。

管理人コスメボーイは刺激を感じませんでしたが、毒性判定を行った結果、4種類もの界面活性剤が検出。肌が弱い人は安易に使用しない方がいいかもしれません。

全成分と毒性判定

成分の表記は、配合量の多いものから順に記載されます。ただし1%以下のものについては順不同。毒性の表記は「毒性判定辞典」を参考に、赤>橙>黄の順番で毒性が強くなります。

【全成分】
水:溶剤
DPG:香料、溶剤、粘度低下剤
ミリスチン酸オクチルドデシル:油剤、閉塞剤
ペンチレングリコール:溶剤、殺菌剤、感触改良剤
シクロメチコン:合成ポリマー、溶剤、滑剤
ミツロウ:油剤、乳化安定剤、結合剤
PEG-32:合成ポリマー、結合剤
スクワラン:油剤、エモリエント剤
グリコシルトレハロース:保湿・肌あれ防止
加水分解水添デンプン:保湿・肌あれ防止
ベヘニルアルコール:油剤、乳化安定剤
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン:紫外線吸収剤
ステアリン酸グリセリル:合成界面活性剤、乳化剤
ステアリン酸PEG-75:合成界面活性剤、洗浄剤
ポリソルベート80:合成界面活性剤、変性剤
キサンタンガム:天然ポリマー、乳化安定剤
カルボマー:合成ポリマー、乳化安定剤
アラントイン:消炎性、保湿剤
アルギニン:アミノ酸類、アルカリ剤
グリセリン:保湿剤、変性剤
スベリヒユエキス:保湿剤
ポリクオタニウム-51:陽イオン界面活性剤
グレープフルーツ種子エキス:防腐剤、香料成分
BG:保湿剤、溶剤、粘度低下剤
フェノキシエタノール:防腐剤、溶剤、高沸点溶剤
香料:単一香料又は調合香料

比較

→無印良品 全商品との比較はこちら

→メンズコスメとの比較はこちら

2015年11月27日 【無印良品】敏感肌用乳液・さっぱりタイプの口コミ・評価・成分 はコメントを受け付けていません。 無印良品

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。