【メンズブラ】年々愛用する男性が急増中!使用効果や目的とは?

バラエティ番組などでおネエやゲイ、バイセクシャルであることをカミングアウトする芸能人が増えつつあり、メディアでは「ジェンダーレス男子」や「女装男子・クロスドレッサー」というワードを聞くことも増えてきました。

以前なら化粧は女性がするものというのが世論でしたが、今では男性も日常的にスキンケアやメイクを楽しんでいますよね。最近ですと「男性の日傘」に関しても話題になりました。

同様に今特に注目されているのが、「メンズブラジャー」です。

密かに着用している人が増えているメンズブラ

2000年頃から注目されている「メンズブラ」。男性の性的対象は女性ですが、日常的に女性用あるいは男性用ブラジャーを着用している人をブラ男ブラリーマンと呼ぶ造語まであります。

ブラジャーといえば一般的には女性がバストの型崩れを防ぐ目的で使用するものなので、男性には必要のないもののように感じますよね。「衝撃的」「考えられない」という男性も多いと思います。では一体なぜ愛用者が増え、需要が高まっているかなどを調査してみました。

メンズブラをつける目的は?

メンズブラを着用する目的として、大きく分けて

  • 女性化乳房症または性同一性障害のため
  • 女装趣味・リラックス効果など精神が安定する

という理由で着用している方が多いことが分かりました。真性女性化乳房症とは、主に思春期に起こりやすく一時的に男性ホルモンより女性ホルモンが上回ってしまうことで乳腺が腫大化してしまう病気です。

これに対し、肥満で胸に皮下脂肪がたまり乳房のようになってしまうことを偽性女性化乳房といいます。幼いころから剣道など締め付けが強い防具を着用していると胸板が厚くなり、物理的な理由で垂れてしまうこともあります。どちらも胸が揺れることで衣服と擦れてしまい痛くなることがあるため、メンズブラを使用していることがあります。

この場合は性的な理由ではないため、いわゆる「ブラジャー」としての形ではなく、スポーツブラさらしタイプのメンズブラを利用している方が多い傾向です。ブラジャーの跡が残らないなど利便主義の方におすすめです。

そして、最近ではトランスジェンダーとも言われる出生時に割り当てられた性とは異なる自己意識を持つ性同一性障害である場合。身体は男性でも心は女性のため、性適合手術を行う前から使用しているケースです。

一般的な理解であると、男性の女性化・中性化が進んだ故、興味本位で着用をされる方が多いのかと考えられているのですが、その実態はこうした着用せざるを得ない理由もあるのです。

メンズブラでリラックス!精神安定効果を求める男性が急増中

先ほど少し触れましたが病気や障害ではなく、純粋に趣味としてリラックス効果を得るために女装やメンズブラを楽しんでいる20〜50代の男性がここ数年で急増しています。「ブラをつけることで背筋が伸びる」「安心できる」「会社につけていくことで身が引きしまる」といった理由が挙げられます。

特に男性が乳房(おっぱい)を好む理由として、「母性を感じるから」だと言われていますが女性の象徴であるものを身につけることで安心感が生まれリラックス効果を得られるようです。

近年はブラック企業と言われる会社も多く日々忙しくストレスを溜めがちな男性も増えているので、現実逃避の趣味としてメンズブラが精神安定剤の役割を果たしています。

メンズブラ着用のリスク

女性の間でメンズファッションを取り入れることは当たり前になりつつありますが、男性の女装趣味などはまだまだ寛容的ではないのが現状です。

以前、取引先とのプレゼン中にメンズブラの着用がバレてしまい、会社を解雇されてしまった男性が不当解雇だと裁判を起こしたものの、仕事中にふさわしい着衣ではなく会社に損害を及ぼしたとされて請求が棄却された例がありました。

メンズブラ愛用者の中には既婚者も多く、奥さんには内緒で楽しんでいる方も多いのですがブラの跡で着用がバレて離婚に至ってしまう、子供がからかわれてイジメの原因になってしまうこともあります。

中性的な理解に関して許容範囲の狭い日本では、単に「変態」として扱われてしまったり非常に難しい問題ですが、迷惑をかけずに秘め事として楽しむ男性はこれからもまだ増えていきそうです。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。