香料入り化粧品は肌に悪くシミを作るって本当?無香料とどっちがいい?

ドラッグストアに足を運ぶと様々な化粧品が並んでおり、洗顔料でも「ローズ」「シトラス」「クールミント」「フルーツ」などなど…もちろん「無香料」もあります。

この香料の安全性については、当然、無い方が良いとされています。しかし、あってもさほど問題にはなりません。

昔は香料が原因で肌にシミを作ってしまうようなアレルギー反応を起こす報告もありましたが、昨今の目覚しい化粧品技術の進化によってかなりの低アレルギー化が進んでいます。むしろ「香料の持つスキンケアとしての効果」に注目が集まり、「無香料化粧品こそ正義」とは言えなくなってきています。

香料入り化粧品は肌にどのような影響を与えるの?

「香粧品」という言葉があるように、化粧品と香料は昔から密接な関係があります。

特に西洋に伝わるアロマテラピー(芳香療法)としての薬理効果は昨今最も注目を浴びている分野とも言え、精油の研究も進んでいます。しかし精油は数が特に多いため、危険性を持つものも確認されています。ただ少なくとも化粧品に配合されている香料については、その「危険性」を心配するよりも、通常の美容成分のように「安全性」あるいはスキンケアとしての「効果」に注目し、もっと楽しみながら・気楽に選ぶことをおすすめします。

具体的には化粧品に含まれる香料に対し次のような効果が期待されます。

  • 鎮静効果(リラックス効果)
  • 高揚効果(リフレッシュ効果)

香料を含んだ化粧品を使用し続けると、自律神経や内分泌系に影響を与え、心理的な要因から現れる肌トラブル(肌荒れ・ニキビ・乾燥・脂性)が減少したという科学的データも確認されました。

特に女性用でも男性用でも「バラ」の香料を含んだ化粧品が多く市販されていますが、バラの持つ香気成分には心理的ストレスに伴う皮膚バリア機能の低下を特に抑えるという研究報告があります。

香料の危険性

香料が懸念されている原因はアレルギーの問題でしょう。

香料とは、たったひとつの「香料」という成分があるわけではなく、雑多な香り成分・精油を組み合わせ、化粧品としての商品イメージに合わせた香りに仕上げています。

「香料は危険」または「香料は安全」と一概に言うことができないのは、開発者ですらその反応を確固たる自信で公表できないほど成分の配合が複雑であるためだからです。またある基材の嫌な香りをマスクする(隠す)ためにわざと配合し、使用感を高めるためなど目的・意図があって含まれます。

ただ、今の化粧品技術は、香料としての「香り」を残しながらアレルギーの低分子化にも成功しており、アレルギーを持っている人でも肌トラブルの発生リスクが非常に少ないものとなっています。かつてはアレルギー反応のリスクを勘案していなかったためにシミや肌荒れ、皮膚炎の原因となったといいます。しかし今の技術においてもそれは100%ではないため、どうしてもアレルギー反応が怖い、過去そうした経験があるという方は医師の診断後に使用されるといいでしょう。

無香料の効果

無香料とは、「香料を含んでいない」ことを意味します。従って、成分独自のニオイというのは存在しますので、「無臭」とは異なります。

肌にとってトラブルの原因になることはなく、香料入りとどちらが安全か?という問に対しては「無香料」の化粧品が該当します。理由は、香料のアレルギー反応による肌トラブルのリスクが0であること、余分な成分が含まれておらず肌にかかる負担が少なくなること、などが挙げられます。

同じ美容液・同じ内容量で、無香料と香料入りのものを比べれば、無香料の方が安全性は高く、敏感肌などの方には好まれます。しかし、香料が持つここまで解説した効果については当然ながら期待できません。

香料は無意味に含まれているわけではない

香料に伴う危険性が取沙汰されると、どうしても無香料の化粧品ばかりに目がいってしまいますが、それなら全てのメーカーが香料などという「オプション」としての成分を含むはずがありません。危険性が広まってもなお含ませる理由があるということです。

肌は精神の状態によって非常に左右されます。またニオイの効果は、脳に非常に響きやすく自己暗示効果もあるため化粧品に含まれることで使用者の美意識が高まり、肌質も改善するといいます。

もちろん、再三申し上げていますように、香料には非常に微弱ながらアレルギーによる肌トラブルの懸念があります。そこまで神経質になるところではありませんが、香料にこだわりがなく、香水を別に使用している方であれば、わざわざ香料入りの化粧品を購入する必要はないと言えます。

無香料であれば香料によるこのような恩恵を受けられないため、一概に香料入が肌に悪いということはありません。合成ではない、精油を主体とした天然成分の香料化粧品も発売され、その位置付けは変化しています。どちらが良い・悪い、優れている・劣っている、という話ではなく、自分が気に入ったもの、使っていて心地よいと感じるものが、日常的に使うスキンケア化粧品として最良のものだと私は思います。

【参考】基本の「き」!化粧品の全成分表示の見方・ルール

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。