髭脱毛にかかる値段・料金相場は?

髭脱毛にかかる値段の相場は、その「脱毛方法」によって大きく左右します。髭脱毛には、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛と、3つの脱毛方法があり今の主流です。どの脱毛方法を選ぶかによってかかる金額は大きく変わりますが、その詳細については省略し、本題に入ります。

最も安いのは「光」、最も高いのは「ニードル」

まず結論から申し上げると、最も安いのは光脱毛、対して最も高いのはニードル脱毛です。鼻下・口下・顎・顎下を脱毛した場合(濃さは人並み以上)の簡単な施術比較表は以下。

レーザー ニードル
値段 5~10万 10~20万 20~50万
回数 10~20回
期間 1.5年~3年
周期 2週間~1ヶ月に一度

多くの方が誤解されていますが、選択する脱毛方法によって施術回数・施術期間・通院周期に変化はありません。

なぜなら、現在主流の脱毛方法は全て「毛周期」に沿って、成長期・成長初期の毛に対して施術を行うため、それに逆らって脱毛をすることはできないからです。

髭脱毛をすると、初期の段階では以下のように髭がまばらに生えてくることがあります。

なぜなら、今目の前に生えている毛が私たちの目からするとどの周期にある毛なのかが理解できないためです。

例えば退行期・休止期にある毛に対して、いくら光の出力を上げたり、照射の回数を増やしても意味がありません。どの脱毛方法を選んだとしても、脱毛完了のゴールは同じ。違うのは、価格と、その脱毛方法のみなのです。

光脱毛は脱毛効果が低いと聞きました

「光脱毛では脱毛できません」「光脱毛やニードル脱毛はクリニック(病院)による施術ではないため永久脱毛ではありません」などと言われますが、「永久脱毛」というのは単なる用語上の問題であって(また明確に定義すらされていない)、どんな脱毛の手法を取ったとしても、実態面における永久脱毛は可能です。

実際に私は光脱毛で髭脱毛を「完了」させているため、なぜそういった噂が立っているのか疑問です。

確かにレーザー脱毛は医師による医療脱毛であるため安心・安全という点においては信頼がおけますが、光脱毛もニードル脱毛も一流企業が会社をあげて行っているものであり、その歴史も長いため、あまりそこに固執しすぎるとお金ばかりがかかってしまいます。

また「光の出力」に関しても、脱毛ではほとんど問題ではありません。家庭用脱毛器で脱毛できてしまっている方も多い現実に対し、それを認めたくない方が一生懸命に批判しているに過ぎません。ただ私も家庭用脱毛器については少し安全面で疑問に感じたためそれを選びませんでしたが、どうしても通院が難しかったり、もっと安く抑えたい場合は選択肢に入れても良いでしょう。ただその場合、以下の記事は必ず読んでから行って下さい。

【参考】家庭用脱毛器で脱毛できない・効果がない理由

値段を安く抑えたい場合のおすすめ髭脱毛エステ・クリニック

おすすめ髭脱毛エステ 脱毛方法 特徴
RINX
リンクス
・私が髭脱毛を「完了」したエステ
・圧倒的に安い
・全国にエステがある
・予約が取りやすい
・エステだが医師監修
・スタッフ全員男性
・施術スタッフが髭脱毛済み
・治療費目安(5~10万円)
オトコの根こそぎレーザー脱毛
湘南美容外科
レーザー ・医師による医療脱毛
・実績が高い、安心
・回数無制限
・治療費目安(8~15万円)

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。