メンズオードムーゲを使用した口コミ・評価

小林製薬から発売されている男性化粧品「メンズオードムーゲ」を使用した口コミをまとめます。今回は薬用ローションと薬用スキンミルク、同時に検証します。

ちなみに、「メンズ」と記載されていますが、女性用のオードムーゲと成分は全く一緒です。さすがにそれは無いだろう、微妙に配合量などが異なるのだろうと思って小林製薬のカスタマーサービスに問い合わせてみたところ、「商品名の違いのみで、内容は全く同じです」という回答をもらいました^^;

私としては男性用・女性用という分け方に昔から疑問があったので、商品が良ければそれでいいのですが、あまりにもやり方が「大手っぽい」というか、印象は良くないですよね。なので仮に今、普通の(女性用の)オードムーゲを持っている方、あるいはドラッグストアで女性用しか見つけられなかったという方は、それを使ってもらって何も問題ありません。

ここでは一応「メンズオードムーゲ」について解説していきますが、通常のものと置き換えて読んでもらっても差し支えありません。

メンズオードムーゲ薬用ローション・薬用スキンミルクの口コミ・評価

小林製薬から発売されているメンズオードムーゲ。まずは基本情報から。

【メンズオードムーゲの基本情報】

商品 ローション スキンミルク
価格 1000~1200円(店頭価格)
内容量 160ml 100g
使用目安 約2ヶ月
おすすめ度 ★★★☆☆

使用したファーストインプレッションとしては、「使いやすく心地いい」というシンプルに評価できるものでした。化粧品メーカーからではなく、製薬会社から発売されている化粧品とあって、また医薬部外品であることから、肌に直接塗布する化粧品への信頼感・安心感を感じます。

配合成分は非常にシンプルで、男性化粧品特有のアルコール感やヒリヒリ感もありません。むしろ無刺激・無臭で万人受けしやすい化粧品だと思います。しかし保湿成分の配合が少ないため、冬場の乾燥対策としては効果がイマイチである印象を受けました。

メンズオードムーゲ薬用ローション

小林製薬の公式の使用方法としては「拭き取り化粧水」として紹介されていますが、個人的にはそれをおすすめしません。詳しいことは別の記事で解説しています。

【参考】男性に拭き取り化粧水は不要です!

簡単に理由を説明すると、「拭き取り化粧水」というのは、化粧品そのものの効果というより、コットンという“紙やすり”を使用した物理的なスキンケアであり、かえって肌を傷付けてしまうことの方が多いのです。また、拭き取り化粧品はもともと日常的に水を使って洗顔ができないヨーロッパで広まった方法であって、日本人がわざわざそうしたスキンケアをする必要もないのです。

コットンを使用しなくても、写真のように手の平に乗せて肌に染み込ませれば十分スキンケア可能です。臭いも無く、使い勝手もよく、化粧品としての品質も高いと思います。コットンを使ったスキンケアが悪いとは言いませんが、これはピーリングや鼻パックと同じで、日常的に行う方法ではないため注意して下さい。

メンズオードムーゲ薬用スキンミルク

スキンミルクに関しては、ニキビ・肌荒れに対する薬用成分を含み、かつベタつきや滞留感を感じない作りの乳液であるため、その点では品質が高いと思います。男性の場合、無理して乳液を使うとかえって油分過多でテカリやニキビを誘発してしまうものですが、このオードムーゲのスキンミルクであればむしろサッパリした爽快感を得ながらスキンケアできると思います。

ただ保湿成分の配合が少ないため、夏~秋口までのニキビ・肌荒れ対策として使うまでに留め、本格的な乾燥対策としては満足いく働きを実感できない可能性が高いです。

メンズオードムーゲとオードムーゲの違い

冒頭も少し解説しましたが、メンズオードムーゲと通常の(女性向け)オードムーゲは、商品名だけの違いであって、中身は全く同じです。

販売者としての道徳的な面で色々思うところはありますが、少なくとも商品そのものは悪いものではないということはお伝えしておきたいと思います。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。