乾燥肌男性のアフターシェーブローションの選び方

乾燥肌男性にとって、毎日のスキンケアで一番の難関が「髭剃り・シェービング」ですよね。

しっかり剃って綺麗にしたいという反面、剃ってしまったらカサカサに粉が吹いてしまう皮膚の姿も想像できる。そのためのシェービングローションとして何がいいのか…というところだと思いますが、市販のシェービングローションって正直品質の低いものが多いため使いたくないのが本音。

というか、シェービングローション自体の存在価値・意義が最近よくわかりません。

保湿化粧水じゃだめなの?乳液やクリームでは代用できないの?アフターシェーブローションって本当に効果があるの?あなたもこのことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回はシェービングローションの意義・効果・選び方について解説していこうと思います。

アフターシェーブローションって何?そもそもこれ必要?

アフターシェーブローションというのは、カミソリあるいは電動シェーバーで髭を剃った後の保湿ケアとしての化粧品になります。

結論から言うと「必要ありません」。

どうして髭を剃った後ヒリヒリしてしまうのか

髭を剃った後、特にカミソリで剃りあげたときは、皮膚表面の角質層がひどく傷付いています。この角質層はサランラップ1枚分の薄さで皮膚表面の全体の保湿を担っている、非常に重要な細胞郡であり、これを丸々剃りあげてしまっているため、肌がスースーしたり、ヒリヒリと炎症・痛みを感じてしまうのです。

カミソリをやめて電動シェーバーにする

化粧品に頼らず、すぐにできる対策としては、カミソリではなく「電動シェーバーに変える」というのがヒリヒリ対策として有効です。カミソリのような深剃りができないデメリットも確かにありますが、皮膚の安全面や乾燥肌という肌質を考えると、カミソリ(特にT字カミソリ)による処理はあまりおすすめできません。

電動シェーバーであれば基本的に逆剃りもOKですし、角質層も傷付きにくく、カサカサと粉が吹くこともカミソリに比べて防ぐことができます。

T字カミソリは扱いが上手ければシェーバーの何倍も肌に優しいのですが、扱いを誤ると一変、肌をただただ傷つける凶器になってしまいます。

「アフターシェーブローション」を買ってはいけない

ここまでのポイントとなるのは「角質層」です。

髭を剃ると皮膚はどうなるかというと、髭が剃れるだけではなく、その代償として角質層も剃り落とされます。角質層は皮膚の乾燥を防いでいる非常に重要な保湿膜であるため、それが無くなるというのは謂わば皮膚がむき出しの状態

写真で言うと、「顆粒層」がむき出しになっている状況。これでは雑菌の影響を強く受け、紫外線によってもダメージを直に受けてしまいます。内部の水分も蒸発し放題です。従って、アフターシェーブローションに求められるのは、この角質層を防ぐような「保湿力」なのですが、最近のアフターシェーブローションはまるで保湿力が備わっておらず、むしろ「殺菌」「抗炎症」といった、肌のヒリヒリを招くようなものばかり並んでいます。

つまり髭剃り後のケアとしては、「アフターシェーブローション」から「アフターシェーブローション」を選ぶのではなく、「保湿系化粧品」の中から「アフターシェーブローション」を選ぶことが衛生安全上有効だと言えます。

見るべき成分とポイント

保湿系の化粧品であれば何でもいいというわけではありません。

角質層が傷付いているということは、紫外線や雑菌などの外的要因以外に、化粧品本体に含まれる毒性成分の影響も受けやすいということです。従って、化粧品の安全性・毒性成分の配合の少なさはよく確認してから使用して下さい。

また角質層は「セラミド」を主成分として、アミノ酸類がそれをサポートしています。従って化粧品にその配合があることを確認すると、炎症の治りが早かったり、保湿の実感をより一層感じやすくなるはずです。

アフターシェーブローションは必要ない

最後になりますが、アフターシェーブローションは買わなくても全く問題ありません。
というか、こういった用語自体が不要です。

スキンケアとは、不足している成分を補給することを言います。つまり「髭を剃る」という行為のあと、今何が自分の肌に不足しているのか?という視点で考えれば、無駄な買い物はしなくて済みます。今は化粧品がたくさんありすぎて、「化粧品による肌トラブル」という本末転倒の事態が多発していると言います。

私達消費者自身が、スキンケアに関する正しい知識を付けて、ケアを行っていくことが求められているように感じます。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。