男がコンシーラー使うのってどう?ニキビ跡や青髭は隠せるの?

コンシーラーを使う男性が非常に増えています。しかし「流行っている」「みんな使っている」という事実だけを見て、間違った使い方をしている方がたくさんいます。

コンシーラーの目的は大きく2つあります。

ニキビ跡、青ひげ、シミ、そばかすを隠す
化粧の下地・ベースメイク

この2つです。そして、男性に最も多い誤解が「基礎化粧品」との区別です。基礎化粧品と化粧品(コンシーラー含む)は違います。「①」で「隠す」を強調したのは、そのニキビ跡が治ったり・改善に導かれたりする道具ではないということを言いたかったからです。

女性としては当たり前すぎてあくびが出るお話ですが、男性にとっては目から鱗という方も多いと思います。

「肌を綺麗にしたい(スキンケア)」のか、「肌を綺麗に見せたい(お化粧)」のかで使うものは全く違います。コンシーラーは後者に当たりますので、当てはまる人だけ続きを読んで下さい。

参考:青ひげを消す・薄くする方法と対策~脱毛するしかないの?

コンシーラーを使うと何ができるの?

shimikeshi

コンシーラーを使うことで、シミ・そばかす・毛穴の黒ずみ・青ひげ・くま・ニキビ跡などを「隠す」ことができます。イメージは「塗料」。顔全体がキャンパスで、その上に絵の具を塗りたくるイメージ。従って、肌に良いか悪いかで言ったら、悪いです。

しかしその見返りとして、肌を綺麗に見せることができます。

menmake

コンシーラーの使い方や、参考になる商品は女性向けのサイトを参考にして下さい。

当サイトで男性にお伝えしたいことは、コンシーラーに対する「理解」です。

コンシーラーを使えば肌の老化が早まります

コンシーラーはいわゆる「スキンケア」のアイテムではありません。肌を綺麗に見せるための塗料です。顔の皮膚は人間の皮膚の中で粘膜の次に弱く・薄い特性を持っており、外的な影響を受けやすくなっています。だからこそ乾燥・脂性・ニキビ・シワなどの悩みが出てきて、基礎化粧品やスキンケアに関する商品が数多く発売されているんです。

ですからコンシーラー自体は肌に良いものではなく、絵の具なので普通の洗顔では落ちず、肌の代謝活動を阻害し、トラブルを招くものでもあります。

ではなぜ女性はコンシーラーを使うのか?

これは男性にはわからないポイントですが、「常に」綺麗でいたいからです。

男性の場合は、今、このニキビを隠したい、青ひげを隠したい、というピンポイントの悩みに対する解決策としてコンシーラーを使いますので、そもそもの目的が違います。

コンシーラーに限らず「お化粧」の道具は使い続ければ確実に肌は老化の一途ですが、女性にとってそれは最早関係ありません。女性にとっての「自分の顔」はすっぴんの顔ではなく、コンシーラーなどを駆使して作り上げた顔が自分の顔なので、肌が老化している実感もないし、老化したらまた強力な化粧品を買って対策をするので別にいいんです。

男性はコンシーラーを使うべきではない

menmeke

男性のあなたがコンシーラーを使用する場合は、必ず「目的」を持って使うようにして下さい。

青ひげを隠したい
ニキビ跡を隠したい
ニキビを隠したい
シミを隠したい
くまを隠したい
女装するため

など色々あると思いますが、その悩みを解決できる道具ではあります。しかし毎日毎日惰性で使うものではないということを覚えておいて下さい。目的を見失い、何となく付けるような毎日になってしまうと、そのニキビ跡やシミがより濃く・深くなったり、コンシーラーに含まれる合成成分の影響で肌が溶けたりします。

個人的な意見としては、男性は日頃の「スキンケア」を充実させ、肌としての基礎を高めていくことの方が、長期的な目線で見た時に必ずプラスになると思っています。コンシーラーは「その場限り」の諸刃の剣です。

2016年7月14日 男がコンシーラー使うのってどう?ニキビ跡や青髭は隠せるの? はコメントを受け付けていません。 青ひげ対策

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。