男性化粧品コモエースメン クリームの評価・クチコミをレビュー

コモエースメン / クリーム 50g

comoacemen-c 価格:5,400円
 タイプ:クリーム
 形状:クリーム
 総合評価

コモエースメンシリーズのクリームです。油分は十分で伸びもよくベタつきも少ない作りです。ただそれは使用感を高める合成界面活性剤・合成ポリマーの使用量が多いため当然です。毒性の成分も多く敏感肌の方は要注意。コモエースメンローションは特徴があり使い心地が良かっただけに少し残念な製品です。

 

 乾燥肌対策としての効果
油分の配合量は十分です。ただ、保湿成分と言えるもの(セラミド・ヒアルロン酸Na・コラーゲン等)は一切配合されていないため、本当にただ油を塗っているだけです。クリームにも水分は含まれているので、肌は乾燥していきます。同ブランドからは保湿美容液や乳液等は発売されていないためそれらを準備する必要があります。保湿・乾燥対策化粧品のランキングはこちらを参照してください。

 使用感・ベタつきを検証
油剤として含まれているイソステアリン酸ヘキシルデシルは安全性が非常に高く、油っぽさを与えにくい素材として高い評価を受けています。また肌触りもいいため乳液やクリームによく使われる成分です。クリーム独特のベタつき、テカリは見た目上守ることができます。クリームの伸びもよく使用感は非常にいいです。

 敏感肌対策・安全性・副作用を検証
合成界面活性剤ステアリン酸グリセリルステアリン酸スクロースステアロイルグルタミン酸Na、合成ポリマーシクロメチコンPEG-45Mカルボマー、溶剤エタノール、保湿性ドクダミエキス、精油ティーツリー油、天然色素甘草エキス、キレート剤ペンテト酸5Na、防腐剤メチルパラベン、以上12種の毒性判定のある成分を含んでいます。合成界面活性剤・合成ポリマーの使用量が非常に多いため、敏感肌の方や化粧品による肌荒れ経験のある方は使用を控えたほうがいいでしょう。

 値段
非常に高いです。それでいて安全性が高いわけでも、有効成分を多く含んでいるわけでもありません。クリームの使用目安は1.5~2ヶ月程度。コモエースメンローションと併用した場合の1ヶ月にかかるスキンケアのコストは4,320円~5,760円です。例えばクリームを使わなければいけないほど乾燥肌にある人が、乾燥・保湿ランキング1位のZIGENを使用した場合、1ヶ月あたりのコストは1,800円で収まります。

 クリームとしての総合評価
クリームそのもの目的である「油分の補給」ということだけにスポットを当てれば、十分にその役割を果たすことができます。ただ、そこに求める付加価値としての「安全性」「使用感」「価格」「効能」等を総合的に比較・評価すると、非常に費用対効果が低い化粧品であると感じました。コモエースメンローションは高評価だっただけに、もったいないという印象です。

全成分表示

水、シクロメチコン、エタノール、イソステアリン酸ヘキシルデシル、BG、グリセリン、セリシン、ドクダミエキス、ティーツリー油、甘草エキス、グリチルリチン酸2K、ベヘニルアルコール、ホホバエステル、ステアリン酸グリセリル、アルギニン、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸Na、パルミチン酸、ペンテト酸5Na、PEG-45M、カルボマー、メチルパラベン

出典:コモエースメン

どんな人が使用するべきか?

  • 使用感の高いクリームをお探しの方

 迷ったらこちら メンズ化粧品比較検証ページ
hikaku00

2015年5月13日 男性化粧品コモエースメン クリームの評価・クチコミをレビュー はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。