コーラはニキビ・肌荒れの原因!砂糖・糖分は基準を大幅に超える

コーラを飲みすぎると「体に悪い」と言われる理由は、その糖分の量

コーラには100mlあたり11.3gの糖分が含まれ、350ml缶に換算すると39.55gの糖分を摂取することになります。そして、WHOが定めた1日の糖分摂取目安は25g

たった1本のコーラを飲むだけで1日の糖分量を大幅に超え、また野菜や米と違ってコーラの糖分はそのほとんどが体内に吸収されることから、肌荒れやニキビの発生リスクは高まります。

コーラの糖分はニキビや肌荒れの原因になりやすい

cola

コーラに使用されている糖分は、野菜や米に含まれている糖分とは違った、いわゆる白砂糖が原料になっています。

この白砂糖は、体内に取り込まれると一瞬で吸収され、すい臓で処理が追いつかず、内臓器官に異常に負担をかける成分と言われています。

白砂糖が100%体内に吸収されるとしたら、野菜や米で摂取した糖分は20%程度しか体内に吸収されず、内臓にも負担をかけないまま適正に処理されます。吸収されるスピード・量・内臓への負担など、同じ糖分を摂るのでも全く異なるわけです。

胃とすい臓が皮脂腺に栄養を送る

そしてこのすい臓は皮脂腺に栄養を送る働きがあり、肌の状態を整えるバロメーターとなっています。つまり、胃やすい臓に負担をかける甘いものばかりを摂取していると、皮脂腺が適性に機能しなくなり、皮脂の過剰分泌や極度の乾燥肌など、肌トラブルを誘発する大きな原因となるのです。

これが肌荒れやニキビが起きやすくなる原因です。

将来的にはすい臓機能が低下して起こる糖尿病などのリスクにもつながるため、肌荒れやニキビといった話にとどまらず、コーラは好まれた飲み物ではありません。

ダイエットコーラではどうか?

ダイエットコーラ(ゼロコーラ)は、砂糖ではなく人工甘味料を使ってコーラに甘味を出しています。

性質的には糖分ではなくタンパク質なので、「ゼロ」「糖質OFF」などと表記できるのですが、すい臓機能を低下させ糖尿病の原因となるインスリンを分泌させたり、味覚を鈍化させたりする副作用があり、実際に体の中で起こっていることはコーラと全く一緒。

むしろコーラに含まれる糖分より、この人工甘味料の方が依存性が高いと言われています。

「ゼロだから大丈夫」と、がぶがぶ飲んでいる方って結構いますよね。
あれは依存性によるとこおもあるんです。

くれぐれも「甘い言葉」に騙されないように気を付けてください…。

2015年12月5日 コーラはニキビ・肌荒れの原因!砂糖・糖分は基準を大幅に超える はコメントを受け付けていません。 食と美容

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。