洗顔ブラシは肌に悪い?使い方を誤ると極度の乾燥肌に

洗顔ブラシは肌に悪い

電動・手動と洗顔ブラシにも今は種類がたくさんありますが、基本的に肌に与える影響は同じです。

洗顔ブラシの構造は、毛穴よりも細かいブラシの毛で、溜まった汚れを掻き取ることができるという仕組みです。私もそうでしたが、使い始めはかなり驚きました。汚れはかなり取れますし、こんなに溜まっていたんだと思いました。

しかし、ここまできれいにする必要があるのか?というところは不明です。今の洗顔料でも洗浄力の強さが問題視され「洗い過ぎ」による肌荒れや極度の乾燥肌が起こっています。

洗顔ブラシの危険性

洗顔ブラシの危険性

理容室なんかに行くと洗顔ブラシを使って顔剃りの仕上げとしてやってくれるところもあります。洗顔ブラシは全てが危険というより、これもピーリングやクレイマスクなどと同じでたまにやるから良いというものだと思います。

1日しっかり動いていれば、毛穴の中の汚れは皮脂と一緒に体内の熱で押し出されます。それを1日1回適正な洗顔方法で洗い落としていれば、そこまで肌が劣化することは考えられません。

イメージは歯の歯石除去

自分では磨ききれない、蓄積してしまった汚れを歯医者さんに取ってもらう歯石の除去ですが、これも毎日やっていれば歯茎が傷んで雑菌や炎症の原因になります。

そして、歯石除去を今まで一度もやったことが無いという人もいるでしょうが、それをしなかったが故に歯に何か異常があったという人は極まれです。

洗顔ブラシもこれと全く同じで、たぶん最初はすごく驚くと思います。

こんなにすべすべになるのか!
今までどんだけ汚れが溜まっていたんだろう!

と。しかし、自分では取れない毛穴の奥底の汚れによって起こる肌トラブルはほとんどありません。むしろ、毛穴がぽっかり空いた状態になってしまうため、皮脂の分泌は加速し、雑菌にさらされる機会が多くなります。

実際に洗顔ブラシを使った口コミには、
ひりひりするようになった
肌が乾燥するようになった

という意見が多くみられました。
ただ、しっかり保湿して、1ヶ月に1回程度の頻度におさめれば問題にはならず、心地よく使えると思いますが、このように使用方法を誤ると後に肌トラブルが引き起こされてしまうかもしれません。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。