メンズ用汗拭きシートは絶対に使ってはいけない!肌荒れ進行の原因に

p005

日本の夏は世界でも1.2を争うほど厳しいと言われています。

その理由が「湿気」

雨でもないのに湿度は80~90%を推移するほどの異常気象です。大体5月下旬くらいから気温がぐんぐん上昇し、9月下旬頃まで続きます。それぞれの汗対策・紫外線対策を実践されていることと思いますが、この記事では、あなたが実践しているその対策方法について警鐘を一つ鳴らしたいと思います。

汗ふきシートはその場しのぎにしかならない

face

汗ふきシート、あなたも使ったことがあるでしょう。

ですが、その汗ふきシートで受けられる恩恵ってどれくらいですか?

もって30分。
短ければ数分で汗が吹きこぼれて来ますよね。

その場しのぎにしかならない汗ふきシートで、一体何を味わっているのでしょうか。汗ふきシートに含まれている成分は、揮発性のあるアルコール成分が主で、一瞬の気持ちよさをだけを体感できるものです。つまりオナニーと一緒です。

あなたは一瞬の気持ちよさを得るためだけに汗ふきシートを使い、そして肌を傷付けてしまっているのです。

汗ふきシートを使うことで肌の保湿成分が根こそぎ奪われる

sun-mens

顔の皮膚は、他の部位と異なり非常に精巧で弱い(薄い)皮膚で成り立っています。

従って、汗ふきシートのような繊維が粗い素材でゴシゴシと拭き取ると、それがフックのように表皮を掻き取り、皮膚がむき出しの状態になってしまうのです。表皮に存在する貴重な保湿成分が汗ふきシートによって奪われてしまうため、外気や紫外線によってダメージを受け放題となります。

だから、こまめに汗を拭いて、清潔に保っているつもりでも、オフィスや室内の冷房が効いた部屋では肌が乾燥したり、ニキビが異常にできやすかったり、日焼けによるシミができやすかったりするのです。

この汗の対処を間違えることで、一瞬の快楽によって、今後一生消えないニキビ跡や、あせもによる肌荒れを引き起こすことになるのです。

ポイントは保湿成分と制汗成分の両立

具体的な汗対策としては、汗をしっかり抑えながら、先程から何度か登場している保湿成分を肌に「残す」ということです。

理想は「保湿成分」と「制汗成分」を両方含んだ化粧品あるいは制汗剤を肌に塗布すればいいのですが、現状そういった化粧品はありません。

サラフェなど顔用制汗剤は、当サイトでも以前レビューさせていただき、その効果を確認しましたが、残念ながら保湿成分がほとんど含まれていません。

これはこれで制汗剤として優れているのでいいのですが、それと併せてセラミドなど科学的実証のある保湿成分を配合した化粧品を使っていくことが現状一番良い対策ではと考えております。

汗ふきシートはさっさと捨てましょう

最後におさらいです。
夏のスキンケアは次のことを意識して取り組んで見て下さい。

制汗シートは絶対NG、さっさと捨てる
汗はタオルで押し拭き、こすらない
制汗剤はローション又はクリーム系のものを使う
制汗剤には保湿成分が含まれていない、保湿成分重視の化粧品をスキンケアに取り入れる

夏のスキンケアにおいて守らなければいけないのは紫外線だけではなく、汗対策も必須です。この汗対策を十分に行うことで、汗疹やニキビ、ニキビ跡の未然の防止につながることを覚えておいてください。

2016年4月3日 メンズ用汗拭きシートは絶対に使ってはいけない!肌荒れ進行の原因に はコメントを受け付けていません。 ニキビ・肌荒れの方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。