青ひげを消す・薄くする方法と対策~脱毛するしかないの?

青ひげの対策を解説する前に、まず結論をお話します。

脱毛以外の方法で「青ひげ」を薄くする・消すことはできません。

「毛」というのは人体を守るための鎧です。それを剥ぎ取る作業なので、整形外科のような強制的な対応(脱毛)しか対策はありません。

気になっている方も多いと思いますが、抑毛ローション(パイナップルなんとか、ハーブなんとか)は完全に無意味です。私は10年ほど化粧品に関わる仕事を経験し、かつ独自で化粧品についても勉強、また実際に髭の脱毛もしていますが、「塗るだけ」で毛が自然に薄くなるという化粧品は存在しません。

「毛が生えてこなくなる化粧品」の開発が不可能というわけではありませんが、この方法や商品が主流になった場合、もっと皮膚トラブルが増えているはずです。実際に抑毛ローションを使って毛が薄くなった・青ひげに悩まなくなったという人を、私は誰一人として知りません。

おすすめ髭脱毛エステ 脱毛方法 特徴
RINX
リンクス
・私が髭脱毛を「完了」したエステ
・圧倒的に安い
・全国にエステがある
・エステだが医師監修
・スタッフ全員男性
・施術スタッフが髭脱毛済み
オトコの根こそぎレーザー脱毛
湘南美容外科
レーザー ・医師による医療脱毛
・実績が高い、安心

【抑毛ローションは無意味】これだけ!青ひげの対策法

yokumoul

個人的な話になりますが、私は髭そのものは顔全体に侵食していないものの、色白で口周りに毛が密集していたため、どんなに剃ってもポツポツと毛穴が目立ち、処理不足な青ひげのように見えてしまうことがコンプレックスでした。

そこで自分で化粧品や脱毛に関する知識を蓄え、結果的に「髭脱毛」という選択をし今は脱毛を完了させました。恐らく多くの方は「できれば脱毛まではしたくない」と感じている方が多いと思います。

しかし、髭の悩みは抑毛ローションや小手先の化粧品、サプリメントなどでは解決できません。青ひげを消す・薄くするためには脱毛しかないという真実をまず押さえて欲しいと思います。ただ、脱毛は「ツルツルにする」という方法以外にも、「薄くする」「間引きする」など方法がいくつかあります。脱毛を選択してしまったらもう後戻りできないということはありません。

抑毛ローションには、パパインやパイナップルエキスなどが含まれていますが、どれも毛の根本に作用する成分ではありません。中でも力を入れて売り込んでいるのが大豆イソフラボン。これは簡単に言うと、女性ホルモンに似た作用を持っている成分。これを塗って男性ホルモンの働きを弱くしましょう、というもの。

髭は男性ホルモンの影響を受けて太く・長くなる「性毛」であるため、理屈としては正しいです。しかし、オネエタレント(KABAちゃん、IKKOさん)を見ていると、体内のホルモンバランスを変えるにはホルモン注射や内服薬を飲みながら、その副作用と毎日戦うほどの厳しい生活を送り、かつお金がたくさんかかることがわかります。

それをたった数千円の市販の化粧品、しかも大豆イソフラボンのたった一作用で、間接的にその効果を狙ったもので、髭が薄くなる・細くなるということはまず考えられないということです。夢を買うのは結構ですが、科学的に見ると理想論に過ぎません。

「効果がありました!」「ヒゲに悩んでいるならコレ!」と紹介しているサイトがあれば、それは勘違いステマです。

【参考】抑毛ローションに青ひげを改善する効果はありません

青ひげの対策はたった2つ

青ひげの対策は2つあります(2つしかありません)。

  1. 隠す
    コンシーラー、ファンデーション等で青ひげそのものを「隠す」方法です。メリットは髭が残る、デメリットは手間がかかる・お金がかかる・肌に悪い・髭はそのままということです。
  2. 脱毛する
    青ひげの毛の根元から抹消する方法です。メリットは一生青ひげに悩まなくなる、デメリットはお金がかかる・時間がかかる・脱毛したら元に戻らないということです。

非常に大事なことなので繰り返しますが、青ひげは治りません(治る・治らない・消える・消えないの概念ではありません)。どんな化粧品を使っても、どんなに毛をピンセットで抜き続けても、毛は無くなりません。特に顔に埋まっている毛は、体毛と比べて非常に量が多く、抜いても抜いても眠っている毛が生えてきます。

一生髭を抜き続けても、それをコンプレックスと感じている間は毛が生えてきます。おじいちゃんになったらもしかしたら毛が生えてこなくなるかもしれませんが、それは抜き続けた効果ではなく、「性毛」の特徴によるものです。加齢による男性ホルモンの低下が原因です。

確かに毛を抜くことでその周辺の皮膚細胞が破壊され毛が生えてこなくなりますが、同時に皮膚としての機能も失われることでしょう。すると、肌の弾力が失われ、たるみやシミ・色素沈着・シワになり、それこそ何をしても治らなくなります。従って「毛を抜く」という処置は絶対にやめるべきであり、それなら毎回髭剃りで綺麗にしたほうが肌には優しいと言えます。

またどちらの方法もお金がかかります。コンシーラーも安くはありません。またそれを落とすためのクレンジングや、肌荒れ・ニキビを予防するためのスキンケア、実際にかかるお金とそれにかかる時間を考えると、どちらが安い・高いという判断もできません。

青ひげを「隠す」

脱毛するお金がない、脱毛できる年齢ではない、という方はまずコンシーラーを使って青ひげを隠しましょう。

髭はホルモンの影響を多分に受ける性質を持ちます。10代の男性ホルモン真っ盛りの時期に脱毛をしても中々効果を実感できません。脱毛を決断するには早くても22~23歳。大学生の間まではホルモンバランスが安定しないためできれば脱毛せずに我慢したほうが良いと思います(気分も変わるかもしれませんし)。脱毛を決意するのであれば、ホルモンバランスが安定し、あとは下降するのみとなった20代後半あたりからが最もおすすめです。

使用するコンシーラーについては女性用でも何でもいいです。まずは一つ買って使ってみると、その効果の実態がわかるので、何が足りないもっとマットな感じがいい自然な仕上がりになるものが欲しい明るい(又は暗い)ものが良い、と分かるようになります。

コンシーラーの選び方は調べれば調べるほど分からなくなるので、まず一つ買ってみるという「一歩目」が重要です。とは言いつつも中々自分では選べないと思うので私が昔使っていた一般的なものだけ紹介しておきます。

ベジボーイBBクリーム本体

ベジボーイBBクリーム 使ってみた①

私が昔使っていたのはこのベジボーイです。Amazonで1700円ほど。普段BBクリームやCCクリームなどのコンシーラーアイテムを使わない男性からすると安くはありませんが、女性用に比べると格段に安価です。ちなみに女性からの評価が高いことで知られているので品質は問題ありません。

脱毛期間中や脱毛までにお金を貯める目的で使っていたことがあります。ちなみに「BBクリーム」「CCクリーム」についてはどっちも同じです。両方とも何かを「隠す」目的で使用されるものです。両方買う必要はなく、どちらか一方で構いません。

くどいようですが、コンシーラーは「隠す」目的のアイテムです。使い続けても髭そのものが薄くなるわけではありません。またコンシーラーやBBクリームは、「絵の具」のイメージなので、それを顔に塗ると当然肌に悪く、洗い落とすために「クレンジング」という強力な洗剤を使わないと落とすことができません。

クレンジングやBBクリームはかなり皮膚に負担がかかり、肌が荒れやすくなります。毎日使わなければならないほど深刻な場合、早期の脱毛処理を推奨します。

髭脱毛する

髭脱毛する場合は以下3社から選ぶようにしてください(光・レーザー・ニードル、1社ずつ)。

最近特に男性向けの脱毛サロン脱毛クリニックが増えており、同様にトラブルも増えています。数が増えれば増えるほど、「老舗」と言われる昔からある脱毛サロンやクリニックの評価が高まります。ここではそうした理由から、確かな実績と歴史がある男性脱毛サロン・脱毛クリニックのみを紹介します。

また、「光脱毛だと脱毛できない」と信憑性の無いネットの情報が蔓延していますが、光脱毛でも脱毛は可能です。

むしろ、脱毛についてあまりよく分からないという方は光脱毛を選ぶべきです。

「脱毛」とはあなたが思っている以上に難しい技術を要するものではありません。レーザーのようなアホみたいに強力な光量も必要ありません。ただ、人によって髭の濃さや、求める脱毛の範囲、あるいはデザインなどもあると思うので、脱毛の方法別に最適な選択ができるよう3つの脱毛エステ・クリニックを紹介します。

【光脱毛】リンクス【RINX】

RINX

リンクスは「光脱毛」を採用している脱毛サロンになります。実際に私が「脱毛を完了」させたエステになりますので余程こだわりがなければリンクスを選ぶべきです。営業がない施術スタッフが脱毛している格段に安いという3つの点で高く評価しています。また繰り返しになりますが、光脱毛であっても「脱毛」は可能です。実際にリンクスの施術担当の方たちは「光脱毛によって髭脱毛済み」の方なので、なぜそんな信憑性のないことが言われるようになったのかが疑問です。加えてリンクスはエステでありながら医師が監修している唯一の脱毛サロン。安全性・確かな効果・そして料金、全てが揃っています。

脱毛方法 光脱毛
価格 脱毛完了まで5~10万
※髭の濃さ、希望する部位のプランによって異なります。
※私は86,000円で完了。
※早ければ5回ほど(3ヶ月ほど)の施術できれいになり、メンテナンス期間を含めて平均2年で完了します。
メリット ・スタッフが全員男性(かつイケメン)
・明瞭会計・営業がない
・段違いに金額が安い(レーザー、ニードルの半額以下)
・1回の脱毛時間が10~20分程度
・ツルツルではなく、全体を薄くしたり自由度が高い
・唯一ドクターが監修する信頼度が高い脱毛サロン
デメリット ・細かい脱毛(間引き)ができない
・料金設定部位がかなり細かい
※ある部位だけピンポイントに脱毛したい場合は逆にお得
おすすめ度
管理人コスメボーイ

金額がハッキリしており、サービス面や料金・実感からも口コミ上で最も評判が高いサロンです。またTBCなどの大手サロンは確実に営業があるため、そうした押しに弱い方や、できるだけ安く確かな脱毛をしたいという方にはリンクスを選ぶべきでしょう。ちなみに私が脱毛をしたエステはリンクス。髭脱毛に関してどこを選べばいいか悩んでいる方はリンクスがおすすめです。

【レーザー脱毛】湘南美容外科クリニック

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

【湘南美容外科の特徴】
湘南美容外科は、「医療行為」による医療脱毛を考えている方に最もおすすめのクリニック。医療行為なので医師が施術してくれますし、医師しか扱うことができない専用のレーザーを使って確実な「永久脱毛」を可能とします。

特に湘南美容外科は実績は周知の通り、それでいて金額が69,800円と固定で無制限なので「いつ終わるか」が分かります。脱毛で一番心配なのは「最終的にどれくらいかかるの?」という点ですが、金額・期間が明瞭でありかつ実績も伴っているため言うことがありません。

脱毛方法 レーザー脱毛
価格 69,800円(税込)
※上口髭・アゴ・アゴ下の3部位。4年間無制限。
※ホホ・もみあげ・首を含めた顔全体の脱毛は181,580円定額・無制限。
※髭は大体1~3年で脱毛完了します。
メリット ・医師による医療行為・医療脱毛
・金額・期間が明瞭
・全国どこでもクリニックがある
・湘南美容外科というネームバリューと実績、安心感
・分割払いができる
デメリット ・レーザーなので「面」による脱毛となり、間引きや細かい箇所の脱毛ができない
・ツルツルになってしまう
・痛い
※メディオスターを利用すると痛くない。しかし金額がUPし割高。
おすすめ度

【ニードル脱毛】メンズTBC

ヒゲ&カラダ脱毛

【メンズTBCの特徴】
メンズTBCは、脱毛方法としてニードル脱毛を採用しています。ニードル脱毛とは、毛の1本1本に針を刺して電気を流し、確実に処理していく方法です。安全性が高く(肌が弱い人ほどおすすめ)、「点」による脱毛なので毛の間引きが行えたり、レーザー脱毛のようにその範囲から全く毛が無くなるという心配がありません。特に青ひげで悩まれている方は、「ツルツルになりたい」というより、「人並みになりたい」という願望が強いと思います。毛のデザインができたり脱毛の自由度が高い、まさにエステサロン特有の強みを持ちます。なおニードル脱毛は医療機関で行っていません。

脱毛方法 ニードル脱毛(電気脱毛)
価格 脱毛完了まで20~50万
※髭の濃さ、希望するデザインによって異なります。
※初回1000円(150本+カウンセリング込の価格)
メリット ・「永久脱毛」である
・レーザーによる「面」の脱毛ではなく、「点」の脱毛なので好きな箇所を脱毛できる
・毛穴に向けて脱毛するので皮膚が弱い方やアトピーの方も脱毛できる
・脱毛完了まで最も早く確実な脱毛方法
・全脱毛方法の中で仕上がりは最も美しい
・部分的な脱毛を希望する場合ニードルの方が安いケースもある
デメリット ・光、レーザーと比較して値段が高い
・1~2mm毛を伸ばしてからでないと施術できない
・脱毛士に高い技術力が求められる
おすすめ度
管理人コスメボーイ

実績・歴史があり、髭の悩みを「確実に」解消したいならTBCがおすすめです。ただし値段は他の脱毛方法に比べて桁違いに高額であり、猛烈な営業もあります。髭の完璧な永久脱毛を望む場合や、アトピー・肌が弱いなど特別な事情がある場合はニードル脱毛を採用しているTBCしかありません。またニードル脱毛は「サロン」でしか行えない方法なので、クリニックから選ぶこともできません。

どの脱毛方法を選べばいいのか?

脱毛方法としては光脱毛レーザー脱毛ニードル(電気)脱毛と3種類があります。どれがいいのか?と聞かれればそれは「どのような脱毛を希望しているのか」によります。簡単に目安をまとめます。

希望 脱毛方法
ツルツルにしたい(早く・確実に) 光・レーザー・ニードル
※どの脱毛方法であってもツルツルになります。毛周期に沿って行うため経過の差もありません。
ツルツルにしたい(綺麗に・肌が弱い) ニードル脱毛
毛を残したい(人並みになりたい) 光脱毛
毛を残したい(薄くしたい) 光脱毛・ニードル脱毛
毛を残したい(デザインしたい) ニードル脱毛
安く脱毛したい(範囲が広い) 光脱毛
安く脱毛したい(範囲が狭い) 光脱毛・ニードル脱毛

私はあまり前知識がない状態で光脱毛のリンクスを選択してしまいましたが、脱毛前はちゃんと目的・希望を明確にしてから正しいところを選んだ方がいいと思います。ただ結果的に満足のいく脱毛ができたので、リンクスだけは自信を持ってお伝えできます。

よく「エステで脱毛してはいけない」「光脱毛は脱毛できない」と言われることがありますが、そんなことはありません。光脱毛でも十分脱毛できますし、実際に私はエステで脱毛をしました。脱毛はあなた自身の髭の濃さ、緊急度、金銭事情などに対応できるよう様々な施術方法が用意されています。

医療脱毛によるレーザー脱毛は確かに安全で出力が高く実感度も評価できますが、光脱毛と比較して大きな差があるかと言えばそんなこともないのです。脱毛において「光の出力」というのは全く重要ではありません。毛根を焼き切るのにレーザーのような度を超えた光の出力など不要。重要なのは、光を正しく毛乳頭に届けることであり、それがエステにおける差が付くポイントです。

引用:リンクスの脱毛マシン(青髭脱毛110番)

「エステは危険!」「光脱毛はお金の無駄!」と極端に批判している方がちらほらいらっしゃいますが、実際に施術を受けた私からすると「?」が消えません。じゃあなぜ女性はあんなにツルツルな方が多いのでしょうか??

ニードル脱毛に関して覚えておきたい知識

また「ニードル脱毛」についてもあまり知られていないため補足しておきます。

 ニードル脱毛は最も安全な脱毛方法

ニードル脱毛はめちゃくちゃ痛いです。1年以上通うことになるので慣れればそうでもありませんが、最初は苦労します。毛穴に専用の針を刺し、そこに電気を流し毛根を殺します。しかし、この手法は皮膚にレーザーを当てたりするわけではないので肌が弱い人やアトピーの人などでも脱毛が可能です。光脱毛、レーザー脱毛であれば、肌が弱かったりすると腫れ上がってその腫れが何日か引かないことがあります。

しかしニードル脱毛であれば、炎症を起こしているのは毛穴の内部で、温度を逃して適切にアイシングすれば1日で痛みも赤みもなくなります。脱毛初日は、虫に刺されたようにボコボコになりビックリするかもしれませんが、2回目以降から皮膚もそれに順応し最初のように腫れあがることはありません(もちろん個人差があります)。とにかく安全な手法で脱毛したい場合は間違いなくニードル脱毛を選ぶべきです。

 ニードル脱毛は最も高額な脱毛方法

ニードル脱毛は非常に高額です。肌に異常がなければ(日焼けしている、肌が弱い、アトピーなど)、選択すべきではない脱毛方法です。また施術時間も30分~1時間以上かかります(30分以上やると痛さに絶えられなくなります)。TBCやダンディハウスなど大手の脱毛エステサロンが採用している脱毛方法であり安全なものの、対象は非常に限定的なことを忘れないようにして下さい。

なおニードルとレーザーを比較してしまうと「レーザーが安い」と勘違いされることがありますが、レーザー脱毛も十分高いです。光脱毛が圧倒的に安いのです。

レーザー ニードル
値段 安い 高い 超高い
痛み 少し痛い 痛い 超痛い
通院期間 0.5~3年 1~3年 1~3年

 ニードル脱毛はどこでも脱毛できる

光脱毛及びレーザー脱毛は、脱毛できる範囲が限られています。例えば眉毛など目の近くは脱毛できません。また肌が荒れていたり、日焼けしていると脱毛できません。これは光やレーザーが、黒い色(毛、メラニン)に反応するレーザーを照射しその根源を凝固させる脱毛方法だからです。

hani

なお眉毛は、脱毛できないわけではありませんが高い技術・経験を要し、脱毛エステ側もリスクを負うだけなのでやりたがらないのです。しかしニードル脱毛であれば、毛が生えている場所全ての部位を脱毛することができます。当然、眉毛や目のすぐ上の粘膜近辺も可能です。

しかし残念なことにニードル脱毛のTBCや大手チェーン店では眉毛の脱毛を行っていません。理由は「割に合わないから」なのですが、しばらく通った人に裏メニューとして用意している場合もあります。ただ「眉毛のみ」だと門前払いなので、その場合は個人運営の脱毛サロンから探してみて下さい。

 ニードル脱毛はエステサロンでしかできない

脱毛は「エステでやらない方がいい」「医療機関(病院やクリニック)でやった方がいい」と聞いたことがあるかもしれません。それはやはり信頼性の問題でしょう。しかし、医療機関ではニードル脱毛ができません。つまり、永久脱毛を医療機関で行うことができません。

これってあまり知られていませんよね。医療機関でも「小林式絶縁針脱毛」というニードル脱毛の効果と同等の手法を取り入れている場所もありますが、行っているところは非常に少ないのが現状です。ではなぜ女性を含めて日本に永久脱毛を行っている人が多いかというと、先程もお話したようにレーザー脱毛でも永久脱毛ができる場合があるからです。

どの部位だとしても電気脱毛、小林式絶縁針脱毛の原理は「毛穴にパーツを挿入して電流を流し、直接毛の発生源を凝固、処理する方法」。そして、レーザーや光などの光線を使用した脱毛は「黒い色(毛)に反応するレーザーを照射して熱を発生させ、その熱で間接的に毛の発生源 を凝固、処理する方法」。この直接か間接かで効果が永久かそうでないかに分かれるのです。レーザー脱毛でもその間接的な熱の発生量やターゲットの位置によってうまくいけば永久になりますし、色素の薄い毛や熱量が足りなくて完全にターゲットが凝固しきれない場合はまた生えてきます。

ニードル脱毛専門サロン・シンシアリー

ニードル脱毛をしたわけでもないのに「毛が生えなくなった」という人(私です)は、この理屈を当てはまると理解できるでしょう。確かに理屈だけを見ると「ギャンブル」、「個人差」のようにも思え、ニードルに比べて光やレーザーが終りの見えない(見えにくい)脱毛方法であることは間違いありません。

しかし光脱毛でもレーザー脱毛でも「確実」に近いレベルで永久脱毛を可能にしているところもあります。それは先程のリンクス湘南美容外科です。なぜそれを可能にできるのかというと、施術者のレベルが高いからです。それにリンクスの場合は、施術者の方が実際に光脱毛によって脱毛を完了させているので否定のしようがありません。

光やレーザー脱毛は単にそれを当てるだけではなく、しっかり毛の発生源を狙って当てることができるかにかかっています。ニードルであればそれが容易にできますが、光やレーザーの場合は施術者の技術によって異なるため、実績やネームバリューがあるところから選ぶべきなのです。脱毛に関して悪い噂が広まるのも、施術レベルの良し悪しが大きく差になって現れるからでしょう。「どこで脱毛しても同じ」だと思わず、当サイトなどを利用してじっくり吟味して下さい。

おすすめエステ 脱毛方法 特徴
RINX
リンクス
・私が髭脱毛を「完了」したエステ
・圧倒的に安い
・全国にエステがある
・エステだが医師監修
・スタッフ全員男性
・施術スタッフが髭脱毛済み
オトコの根こそぎレーザー脱毛
湘南美容外科クリニック
レーザー ・医師による医療脱毛
・実績が高い、安心

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。