アンフィーノ フォーメンを使用した口コミ・評価

P&G製品をはじめとした海外ブランドを取り扱っている岡インターナショナルから発売されている男性化粧品「アンフィーノ フォーメン」を使用した口コミをまとめます。

アンフィーノにはホワイトニングを目的とした「エイジングケアローション ホワイトニング」、保湿を目的とした「エイジングケアローション モイスチャライザー」の2種類が発売されています。見た目もパッケージも使い勝手も使用感も、ほとんど一緒なので「どちらを使っても問題ありません」と言いたいところですが、配合成分が全く違うため、2つを比較しながらその効果をまとめたいと思います。

両者を使ったファーストインプレッションとしては、とにかく大容量!500mlと気兼ねなく使い込める点、肌に優しく使い心地が良い(アルコール類のそれではない清涼感)、医薬部外品で安全性についても考慮されている、値段を考えてもコストパフォーマンスは高いなと素直に感じました。

アンフィーノ フォーメンを実際に使ってレビュー

岡インターナショナルから発売されているアンフィーノ フォーメン。ちなみに岡インターナショナルは卸売会社であり、製造元は化粧品のOEM会社であるコスモビューティー。この製造過程の背景を見る限り、そんなに力を入れて作っている化粧品ではないんだなーというのはわかります。あまり大きな声では言えませんが…^^;

【アンフィーノ フォーメンの基本情報】

商品 ホワイトニング モイスチャライザー
価格 500~1000円(店頭価格)
内容量 500ml
使用目安 約2ヶ月~半年
医薬部外品
有効成分 アラントイン
プラセンタエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
おすすめ度 ★★★☆☆

アンフィーノ フォーメン ホワイトニング

アラントイン、プラセンタエキスを有効成分として含むホワイトニング化粧品。

アラントインとは、組織修復賦活作用・抗刺激剤作用・消炎鎮静作用などの効果を持ち、スキンケアにおいて肌荒れ予防等に役立ちます。「美白」というよりは、目薬や軟膏など刺激や炎症に対する治療薬に用いられることが多く、公的にも美白効果が認められている成分ではありません。

かつ、この大容量のボトルに、安価で販売されている謂わば大衆向けの化粧品であるため、美白効果を期待することは難しいと言えます。

プラセンタエキスについても、約20以上の薬理効果があると言われている美白成分・美容成分ですが、その効果については最近疑問視されることが多くなっています。

それ以外の成分においては、POE硬化ヒマシ油など合成界面活性剤が含まれていますが、使用した実感や成分判定上からとりわけ危険性・毒性が高いとは言えないため、価格のことを考えても、予防目的で使うのが良いと思います。高い効果や改善を期待することは無理ですが、普通肌の方が安全に毎日のケアとして使用する上では全く問題はありません。

アンフィーノ フォーメン モイスチャライザー

グリチルリチン酸ジカリウムを有効成分として含み、植物エキスを中心に配合した保湿化粧品。

結論から言うと、保湿効果は皆無。グリチルリチン酸ジカリウムは保湿を目的とした成分ではありませんし、植物エキスの保湿効果は微々たるもの。「保湿」を目的としている方は、当たり前ですが保湿成分が含まれた化粧品を使用してください。

モイスチャライザーについてはむしろ、肌荒れ・ニキビ予防目的として使うべきでしょう。グリチルリチン酸ジカリウムもそれが目的の成分です。使い心地や香りについても、エタノールなどのツンとくるものではなく、清涼感があって心地よくさっぱりしています。ただホワイトニングと比べても毒性を持つ成分が多く、こちらも何かを期待して使用するというのは避けるべきだと思います。


大容量で普通肌向け、シミ・肌荒れなどを安全に・安く、値段を気にせず予防していきたい。そんな方にアンフィーノはおすすめです。

言い方はおかしいかもしれませんが「普通に安全」な化粧品。皮膚科学的には、使っても使わなくても肌の状態をその後左右する問題にはなりません。個人的には精神安定的に使うものという認識です。

また、シミも肌荒れもニキビも、アンフィーノを使っていてもなるときはなります。なってしまったときに浴びるように塗りたくっても、化粧品は医薬品ではないので治りません。その点は誤解のないように。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ・男性化粧品ランキング」には大変ありがたいことに、毎日多くの読者様にお越しいただいております。その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為は真に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。