10代で肌がテカる肌質でも日焼け止めクリームは塗った方がいい?

紫外線対策は肌質を選ばずに必要です。仮に皮脂分泌が活発であっても、オイルコントロール成分が含まれたテカらない成分が配合された日焼け止めも多くあります。

しかし、10代・20代前半のうちは、紫外線に伴って受ける活性酸素を除去する酵素が体内で必要量生成されるため、仮に浴びすぎてもあまり神経質になる必要はありません。

紫外線対策を本格的に始めるのは20代後半あたりから考えればいいでしょう。この頃になると酵素が体内で作られる量が減少していくため、30代から徐々に肌の老化現象が現れ始め、シミやシワ、肌荒れなどに悩まされることでしょう。その予防として20代後半からのUVケアがベストなタイミングと言えます。

 オイリー10代必見!最新メンズコスメランキングを見る

10代・20代が選ぶ日焼け止め

とにかく安全性が高い日焼け止め(ワセリンベースのものなど)がいいと思います。若さは武器です。今は、光を浴びたら死んでしまうのか?と思うほどフル装備の若者もいらっしゃいますが、そんなに人間は弱くありません。

抗体も備わり、活性酸素を除去する酵素の分泌も十分なため、必要最低限の日焼け止め対策でOKです。「全くしない」ということは無くても、SPF10~30、PA+~++程度の日焼け止めを、紫外線に浴びる時間が1時間以上にのぼるときのみ使いましょう。

SPF50、PA++++など、濃度が高ければ紫外線による影響は防げてますが、薬剤が肌に与える影響も大きくなります。守ればいいということでも無く、守り方についてもきちんと知る必要があります。紫外線によるシミが守れても、日焼け止めの薬剤による肌荒れが起こってしまっては全く意味がありません。

 男性用にわかりやすく解説〜紫外線と日焼け止めの基礎知識

肌のベタつきで日焼け止めが落ちることはない?

あります。それを防ぐための日焼け止めもあります。ベタつくことで日焼け止めが白浮きしたりすることを防止する日焼け止めもあります。

いい意味で怖がりで単純な日本には日焼け止めの種類だけは豊富にありますから、その中から選んでみるといいでしょう。

また塗り直す際は、外出先で顔が洗えないでしょうから、あぶらとり紙で浮き出た油を取ってから塗り直すときれいに塗ることができます。

まとめ

紫外線は確かに脅威ですが、では太陽を一切浴びずに暮らすことが肌にとって最も安全と言えることでしょうか。

もちろんそれは違います。実際に、外出時に肌の露出が許されていないサウジアラビアの女性は、太陽をまったく浴びることができないので、骨粗鬆症の患者が急増し国民病となっています。

骨の密度・強度はカルシウムとビタミンDが必要であり、ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で生成される成分だからです。

慢性的なビタミンD不足がサウジアラビアの女性の間で起こっており、また赤道直下でもない日本でも同じような現象が起きているのです。

「危険だ!」と言われれば即座に反応するのが日本人なので、あまり過度に紫外線を怖がるのもよくないですね。

 脂性肌におすすめ〜失敗しないメンズコスメランキング

2015年6月11日 10代で肌がテカる肌質でも日焼け止めクリームは塗った方がいい? はコメントを受け付けていません。 脂性肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。