鼻の乾燥・カサカサをどうにかしたい!毛穴汚れを目立ちにくくする方法

顔の中でもというのは熱が伝わりにくい部位だと言われており、特に外気の影響を受けやすい秋冬や、花粉の季節にかけては乾燥・毛穴汚れ・黒ずみ・粉吹きなどが目立ちやすくなってしまうのです。

対処法としては、体を動かし鼻に熱を伝えることです。
逆に一番やってはいけないのが、ゴシゴシ洗ってしまうことです。

鼻に触れず、鼻をキレイにすることがポイントで、できるだけ刺激を加えないようにして下さい。

→花粉症の季節~鼻をかみすぎて小鼻がカサカサに乾燥・粉が吹いてしまうときの対策

鼻はなぜ乾燥する??

鼻は顔の部位の中でも熱が伝わりにくく、また癖として触れてしまったり、鼻炎花粉症の季節にかけて鼻をかむ機会が多くなると、乾燥を誘発してしましまいます。また肌の潤いは薄い保湿膜によって行われていて、その膜が壊されることで肌は乾燥してしまうのです。

鼻をかむ・触れる・鼻パック・ゴシゴシ洗顔など、刺激を与えれば与えるほど保湿膜が壊れ、乾燥してしまうのです。

鼻が皮脂でギトギトしている人も乾燥している

オイリー肌と乾燥肌を全く別物と捉えている方も多いと思いますが、皮脂は肌が乾燥しているときほど分泌されやすく、また皮脂自体に保湿効果がないため、実は対処法としては両者とも同じになります。

鼻の脂が気になるからといって鼻パックやピーリングで刺激を与えてしまうとかえって乾燥を強くしてしまうこともあるのです。

鼻の乾燥を防ぐ方法

①刺激を与えない

何度も言っていますが、刺激を与えてしまうと保湿膜が壊れ乾燥してしまいます。どうしても鼻をかみたいときは防げませんが、鼻が通るような工夫をしたり(今は色んなグッズやガムがあると思います。)、触る癖を直しましょう。

②洗顔方法に十分注意

洗顔料を使った洗顔方法は、一歩誤ると肌を極度に乾燥させてしまう恐ろしいものです。洗顔の目的は「汚れを落とすこと」のみなので、他の保湿・美白・ニキビケアなどといった広告に踊らされないように気を付けてください。詳しくは冬場の洗顔で注意したいポイントで解説していますので参照してみてください。

③体を動かす

鼻は温度が伝わりにくいため、気温が低くなり乾燥すると、皮脂が固まり大根のような角栓となってしまうこともあると思います。こうしたとき、鼻パックや洗顔、ピーリングではなく、運動によって体を動かすようにしてください。

元々、皮脂というのは36~37度程度の体温で溶け出したものですので、特別な薬剤や物理的な刺激を与えなくても、温度で溶け出してくれます。これは固まってしまった角栓についても同じです。私はよく登山をするのですが、登山から帰ると毎回鼻がツルツルになっています。またスポーツ選手はあんなに紫外線を浴びているにも関わらず肌がみんな綺麗ですよね。

④保湿化粧品を使用

乾燥の原因となっている保湿膜の損傷を補うため、保湿化粧品を使用します。具体的には、保湿膜を構成しているのはセラミドアミノ酸なのでこの両者(特にセラミド)を含んだ化粧品を使用し乾燥を守るようにしてください。また基礎化粧品によるスキンケアで、触りたい気持ちを防止する心理的なストッパーになります。

2015年9月26日 鼻の乾燥・カサカサをどうにかしたい!毛穴汚れを目立ちにくくする方法 はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。