鼻の黒ずみはなぜできる?男性の肌質や体質は関係あるのか?

face5

鼻やその周辺にできる黒ずみは、角質・角栓が詰まっていることや、単純に毛穴が大きい(鼻の穴が黒く見えるように)、凹凸であるため影ができてそのように見えている、など様々な要因が考えられます。

特徴としては脂性肌の方運動不足の方が最もその傾向が現れやすいと言われていますが、インナードライ肌の方も同じような現象が現れます。夏・冬など、室内との温度差が激しい季節にもできやすいと言われています。

 オイリー肌の方必見!メンズコスメランキングはこちら

肌質別 黒ずみができる原因

脂性肌

脂性肌の方は物理的に皮脂の分泌量が多いため人よりこまめな皮脂のオフが必要です。特に10代・20代は皮脂の分泌が活発で、加えてホルモンバランスも安定しないため男女問わず男性ホルモンが活発になりがちです。

男性ホルモンは皮脂線へ働きかけ、皮脂の分泌に貢献するため、思春期の頃に肌がテカったり、オイリー傾向になるのは当然のことなのです。

しかし、この頃は肌も健康な状態であることが多いので、あまり化粧品に頼るスキンケアは行わないことが大切です。

あぶらとり紙をこまめに使い、浮いてきた皮脂を取るくらいのケアで構いません。現在症状が現れている黒ずみについては、色素沈着に繋がることはないので肌を清潔に保つことだけを考え、「肌を信じてターンオーバーを待つこと」が正しいケアです。

魅力溢れる鼻パックや、マスク、洗顔料に釣られないように気をつけて下さい。黒ずみが洗顔で取れることはありません。

インナードライ肌(乾燥肌)

インナードライ肌とは、簡単な話乾燥肌のことを言います。乾燥状態にある肌が、肌の潤いを保とうと皮脂を余剰に分泌してしまうことで起きる症状です。

洗顔後は乾燥肌なのに、午後になると肌がギトギトしてしまうサラリーマンの方などに非常に多いパターンです。

これによっても皮脂や角栓は溜まりやすく、また硬化して角質肥厚が起こることもあります。かかとがガサガサになってしまう現象と同じで、こうなってしまった場合は角質を柔軟にするピーリングを用いた後、鼻パックなどを併用して黒ずみを掃除します。

ピーリングや鼻パックは確かに危険ではあるものの、即効性という面や、このように固まってしまった黒ずみについては効果的です。アフターケアをしっかり行い、頻繁に行うことをしなければ大きな問題はありません。

運動の重要性

皮脂は温度20度前後で固まり、体温より少し高い37~40度程度で溶け出します。運動によって体温を上げることで皮脂の詰まりを抑制することができます。

スポーツ選手など皮脂詰まり・黒ずみが目立つ方が少ないのは肌代謝が適切に行われていることも理由の一つです。

まとめ

鼻の黒ずみを落とす最も早い方法はピーリング+鼻パックです。

これは間違いありません。ただ、危険性を伴うことは忘れないでください。

 明日大事な発表会がある
 好きな人に告白する
 絶対に失敗することができない商談事を控えている
 一世一代の大勝負に出る

大げさではありますが、これくらい緊急度が高くなければ本来行うべきものではありません。そして、これを実行した際は必ず保湿のアフターケアを行ってください。

鼻周りの黒ずみはターンオーバーに任せておけば本来「自然に」治るものです。化粧品や洗顔料にできるだけ頼らないようにする事が正しいスキンケアと言えます。

 おすすめメンズコスメランキングBEST5はこちら

2015年6月11日 鼻の黒ずみはなぜできる?男性の肌質や体質は関係あるのか? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。